人材育成の現場で見聞きしたあれやこれやを徒然なるままに。

昭和シリーズ♪:「傘がおちょこになる」は死語らしい(涙

»

周囲から(特に、オルタナティブブログのブロガーの皆様から)、あまりにも「昭和!昭和!」と褒められるものですから、そんなにみなさん、「昭和」が好きなら、「昭和シリーズ♪」というシリーズを作ってみるか、というわけで第一弾。

昨日は、房総半島の突端のほうでお仕事でしたが、朝は横殴りの大雨で傘をさすのも難儀なほどでした。

仕事先の方と「すごい雨でしたねー」「そうですよ、傘がおちょこになっちゃって」・・という会話を交わしていると、そばにいらした30代の方が、

「むむ? なんですか? それは。何、おちょこ、って・・・」
「え? 傘がおちょこになる、といえば、おちょこでしょう。ほら、こういう風になることだよ(とジェスチャー付きで解説)」
「うわ、初めて聞いた」

えっ!? そうなんですか? マジですか? 傘のおちょこ、って通じないのですか?

・・と調査してみたら、ほぼ30代以下は「知らない」という反応でした。

うむぅぅぅぅ。 いつの間にやら、「傘がおちょこ」は死語の世界に追いやられておりました。

で、考えてみたんですが、以下の可能性はないだろうか?

●「傘の品質が著しく向上し、その結果、ちょっとやそっとでは傘が裏返しになるようなことはなくなった」

だから、それを表現するための言い回し「傘がおちょこ」も徐々に聞かれなくなり、若い世代には伝承されていない。

きっとそうです、たぶんそう。

「でも、大嵐の日に、やはり、今でも傘がおちょこになること、ありますよね。そんな時はどう表現するのですか?」と尋ねてみると、「うーん、壊れた、かな。」などと言うお答え。

おちょこは、必ずしも「壊れた」わけではないので、ちょっと違うのかも。

そういえば、「とっくりのセーター」というのは、とっくに死語の世界に行っていると思いますが、「傘がおちょこ」も同じように死語なのですね。

「とっくり」と「おちょこ」・・・。

さみしい・・・・。

ところで、「子供のころ、傘をこうやってばさーっと(勢いつけて空気抵抗を受けるように振り)、わざとおちょこにするという遊びしませんでした?」と質問され、「ああ、あった、あった、やった、やった!」ととても懐かしい思いがいたしました。

やったことある人、たくさんいると思うなあ。

Comment(4)

コメント

kitakaze

久々に聞きました、その言葉(笑)
おちょこそのものも最近見なくなったというのもあるかもしれません。

それに最近の若い人は透明ビニール傘使っている人多いと思いませんか?(気のせいかな?)
あれはおちょこになる前に壊れてしまうので、逆に強度のある傘を使う人が減ってるという要素もあるのかも。

自分でおちょこも良くやりました。
あれ調子に乗ると本当に壊れて親に怒られるんですよね。(笑)

ひこ

とりあえず、僕は知ってましたが…
子供のころ、知っている人と知ってなかったのが半々くらいだった記憶があります。

こういう言葉系は、なぜか意外と知っているケースが多くて、年齢詐称疑惑が出ます

TanakaJunko

kitakazeさん:おちょこ、見ないかもですね。そうそう、ビニール傘、増えている気がしていました。あと、親に怒られる!わかります(笑

ひこさん:だいたい1970年代以前の生まれだとアヤシイです。ふふ。

さっちゃん

東京の品川生まれですが、私も京都の人に、傘がおちょこになった話をしたら、初めて聞いた。何それ、東京の言葉じゃあなく、方言と言われショックでした。
昔からよく皆言ってる おちょこなのに
沖縄とか、関西では、通じません

コメントを投稿する