「しごと」をもっと楽しくしたい!

「総合的な学習の時間」を専門とする小学校の先生方に講演

»

こんにちは、しごとのみらいの竹内義晴です。

1/20に、新潟市立亀田西小学校で「総合的な学習の時間」を専門とする新潟市内の小学校の先生方を対象に、「現実と夢をつなぐ子どもたちのキャリア形成」というお話をしてきました。

きっかけは、去年(2015年)の冬、新潟市立大形小学校で小学6年生を対象に「強み」に関するお話をさせていただいた(参考:新潟市立大形小学校にて「強み」のお話をしてきました)佐藤先生とのご縁です。

子供たちの教育について、ボクは専門ではありませんが、お声がけいただいた佐藤先生からは、「異業種の方の話を聞くことで、新しい気づきを得たい」ということで、ボクなりの考えをお話ししてきました。

小学校高学年ぐらいから、中学生、高校生にかけては、将来を考え、子どもから大人に変わっていく時期です。幼少期は「夢」を自由に描けましたが、「現実」が見えてくる時期でもあります。

「夢を叶えたい。でも、叶わない。だから、現実的なところで......」のように、夢と現実は対極の位置関係にあります。ベクトルも逆向きです。そのため、「夢か、現実か」の二者択一になりがちです。

二者択一だと、どっちかを選ばなければならないので、「好きなこと(夢)」を選べないと、必然的に、「好きじゃない仕事」を選ぶことになりがち。そうすると、将来に夢を持てないし、希望を持てない。現実感だけだと、ちょっと寂しい......。

この、「夢と現実のギャップ」をなんらかの方法でつなげて、ベクトルを合わせられたらいいのになーと思いました。

そこで、「じぶんが何に『好きと感じるのか』を知ると、勉強や仕事にも生かせるし、仕事が楽しくできる」ということをお話ししてきました。子どもたちが将来に希望を持てるようになったらうれしいし、仕事に対するイメージも、「お金のために嫌だけど我慢して働く」ではなく、仕事に「好き」と感じるものを生かして、「楽しく働く」を選んで欲しい......そんな風に思います。そうすれば、将来に希望や期待が抱けると思うから。

そんな支援を、私たち大人ができたらいいのになーと思います。

講演のすべてを言語化するのはとても難しいので、スライドを元に、ポイントを言語化したものをしごとのみらいのホームページに掲載しました。「総合的な学習の時間」指導案―夢と現実をつなぐキャリア教育という記事です。もし、ご興味があればご覧ください。

じぶんが何に「好きと感じるのか」を知ることは、子どもたちだけではなく、社会人にとっても、できれば新入社員のような若いうちに知っているといいのになーと思うんですけどね。

Comment(3)

コメント

匿名

「総合的な学習の時間」が専門の新潟市内の小学校の先生方に講演してきました
え?
「総合的な学習の時間」という意味不明な存在物体が先生方に向かって講演したのですか?
いや、そんなことはないですわな。
「総合的な学習の時間」を専門とする新潟市内の小学校の先生方に向けて講演させて頂ききました
じゃないんですか?

題名に字数制限があるのか、何かのウケ狙いなのでしょうか?

p.s.
「この提案に、賛成?]
のご説明を頂けていないのですが、叶わないことでしょうか?

匿名さん、コメントありがとうございます。
「総合的な学習の時間」が何にかかっているか分かりづらいとおっしゃりたいんですね。そうですね。ご指摘いただきありがとうございます。
今回のタイトルは、最初考えたものから削っています。なぜなら、検索エンジンで記事が検索されたとき、長いタイトルは途中で切れて、内容が分からなくなってしまうからです。
とはいえ、削るならばっさり削るべきでした。このタイトルは中途半端に長いし、「の」が続いて読みづらい。ブログは頭を整理するために、日常の記録として、気づいたことをサッと書いて、パッとアップすることが多く、誤字脱字は日常茶飯事です。その分、多少ラフな部分もあるとはいえ、これではいけない。
仕事として文章を書く場合(ブログは仕事ではありません)は、検索エンジンでの検索結果を意識し、タイトルは28文字、長くて32文字以内になるようにしています。そこで、ご提案いただいた内容を踏まえ、ガッツリ削りました。
よいタイトルをつけるのもなかなか頭を使います。けれども、ブログは仕事に合間に書いていることもあり、すべてを完璧に……というのが叶いません。その点、ご容赦ください。
一つ一つの言葉を大切にされていらっしゃるからこそ気づかれるのだと思います。言葉は、相手に気持ちよく受け取ってもらうことが重要ですね。大切な時間を使ってご指摘いただき、ありがとうございました。

> 「この提案に、賛成?]
> のご説明を頂けていないのですが、叶わないことでしょうか?
書きました。読んでみてください。

匿名

レスありがとうございました。
>一つ一つの言葉を大切にされていらっしゃるからこそ気づかれるのだと思います。
そんなに大層なことはしておりません。
推敲を重ねられている側と、初見としてストレートに読んでいるだけの違いかと思います。

コメントを投稿する