コンテクスト(文脈)を創造が新しいビジネスの価値創造につながります。色んな角度から「コンテクストクリエーション」をみてみましょう

Apple Watchはあくまでも腕時計にこだわった

»

iWatchという名前になるのではないかと心待ちにしていたApple Watchが発表されました。その話題は、もういいよと読み飛ばそうとしたあなた、少し待って下さい。

Apple Watchに関して、いろんな見方をされている方もいらっしゃいますが、この記事では「期待以上のものだった」という結論にしようかと思っております。さすが、Apple、コンテクストクリエーションが徹底されていました。

ご存知の通り、腕に付けるタイプのウエアラブルデバイスは既に各社が手がけており、iPhoneやAndroidの搭載したスマートフォンと連携するタイプのものは、様々なタイプのものが発売されております。そういう意味では、Apple Watchは後釜になるわけです。

Apple Watchも他社の製品と同じように、各種センサー(赤外線LEDと心拍数を検知するための光センサーなど)が搭載され、iPhoneの子機として動くというもので、その点においては他とは価値は全く生み出していないのです。Appleとしては機能競争は全く避けているのが分かると思います。

もう一度、AppleのApple Watchのページを見てみましょう。

「Apple Watchは、人とテクノロジーの関係が新しい時を刻み始めたことを象徴しています。」

とあります。そして「身近なもの」ということを強調しています。

これは非常に重要なコンテクストクリエーションなのです。テクノロジーを「身近なもの」にするということ、そして、「時を刻む」、つまり、あくまでも「腕時計である」ことにこだわっているのです。

その証拠に、ラインナップの多さです。大きく3種類が示され、かつ、その42mmケースと、38mmケースの2種類用意されています。この2種類のサイズって、ペアウォッチを想像させます。

さらに、リストベルトも22種類。ラインナップとしては44種類用意されていることになります。さらに、時計のホーム画面のデザインの多さをアピールしており、その外見のデザインとしては多くの可能性を秘めていることが分かります。

いろんな人に体験させたい、そのためには色んな場面で、色んな使い方、色んな楽しみ方を提供しなければなりません。これは多様なコンテクストクリエーションが可能なコンテント、つまり製品、サービスでなければならないのです。その解決方法として、今回はAppleは外見のデザインの多様性で勝負に出たということなのです。

このApple Watchのデザインには、マーク・ニューソンが関わったのではないかという情報も流れています。そのような情報が流れるほど、外見のデザインにこだわったのです。

これは、Apple Watchについて、ウエアラブルデバイスというコンテクストで勝負することを避け、腕時計というこれまでありふれていたものの「一選択肢」として、コンテクストクリエーションしたということです。つまり、Appleは、腕時計を新製品として出して、勝負に来たと考える方がよっぽど自然なのです。

機能面ではどこも差別化ができなくなってきた、腕着用型ウエアラブルデバイス業界。コモディティ化が起こっていることをAppleは見抜いたのです。そこで、機能や価格面で勝負することをやめ、もう一度根本である腕時計というコンテクストに立ち戻り、「身近な、パーソナルな、テクノロジー」という新しいコンテクストクリエーションをしたのです。

これがAppleの新しい価値創造なのです。

Comment(4)

コメント

えっと、あまりにズレていてどこからご説明しようか困っていますが、まずApple Watchのサイトを見ていただくと、出来ることが網羅されています。その中で、時計の機能が何%を占めているか、を鑑みると、時計でもあるけどね、ということが理解しやすいと思います。

> このApple Watchのデザインには、マーク・ニューソンが関わったのではないかという情報

これも、Keynoteを見た人なら分かることです。以下に書かれています。

マーク・ニューソンが立った(Appleの発表イベントで)
http://blogs.itmedia.co.jp/burstlog/2014/09/apple-d59a.html

中西崇文

コメントありがとうございます。熟読いただき本当に嬉しいです。

Keynoteで関わった人立ってと言って立ったという記事だけなので、恐らく見た目のデザインで関わったとしか考えられませんが、どこまでということは、はっきり断言できないと思い、このような書き方をさせていただきました。彼っぽいデザインなので、ほぼ確実ですが。

あと、機能についてのお話ですが、おっしゃる通りのはずなのですが、ネット上の評判を見てみると賛否両論であり、株価も一時下がってしまいました。

小職自身のもとにも本記事を受けて、「機能に驚きがない」という意見も来ています。

小職の記事は他のApple Watchの記事よりも投稿が遅かったと思います。実はそういう流れを受けて、今回執筆したつもりでございます。

小職自身もiWatchじゃなくてApple Watchの基本仕様については想像していた通りでした。その主観から入ったわけでございます。

恐らく、機能的には「驚き」を出すことが、はっきりいって難しかったのでしょう。小職はそこに目をつけ、機能ばかりを追い求めるマーケティング戦略や消費者の意見を反映するのは、シーズの限界からコモディティ化を起こし、市場を小さくするのではないかと考えています。

その上で、Appleがこれだけのバラエティのある商品を最初から出すことは稀です。ここに戦略があるのです。もしウエアラブルデバイスにこだわったら、あれだけのバラエティを出したかといったら疑問です。アクセサリーにしたかったのです。やっぱり腕時計です。新しい時代に突入したなぁと思った訳です。

大木様はそこに議論の飛躍を感じられたのかもしれません。本ブログはどのように社会で価値創造をするかという観点で書く事にしているので、Apple Watchの一つの戦略をフォーカスして書いただけでございます。そのため、Apple Watchの紹介記事として本記事を読むと、かなり疑問になったのかもしれません。そのあたりについては、おっしゃる通りでございますので、真摯に受け止め、反映していきたく思います。

本当にコメントいただきありがとうございます。
小職自身も勉強させていただきました。
今後ともいろんなご意見賜れば光栄です。

大木豊成

だいたいご意向は分かりました。
ちなみに「小職」というのは「官職」に就いている方が使う言葉だそうです。中西様は、官職でいらっしゃるのでしょうか?

中西崇文

小職は以前、官職ではないですが、官職のようなところを経て、現職、国際大学GLOCOM准教授/主任研究員をさせていただいております。その当時から、小職と言っておりましたので、突然変えるのも、本人、その当時から知る方に対して、何かむず痒く、引き続き使わせていただいております。

コメントを投稿する