モバイルシフトとソーシャル化によって変化するネットの世界を、読者と一緒に探検するBlogです。

政権交代。

»


民主党が勝った。というより自民党が負けたというべきか。

民主党で大丈夫なのか、という声もあるが、民主政治では、与野党の交代がないということ自体が不健全であり、日本において初めて本来の選挙システムが機能したと言っていい、と僕は思う。変化する、あるいは変化させるということに対するむやみな恐れを抱くことは、日本人の悪癖だと思う。(その反動として、明治維新のように過激な変化が時折発生するわけだが)

民主党の政治が悪ければ、すぐに変えればいい。
民主主義とは、常に試行錯誤をしてそのときによりよい選択をする自由が与えられているということだ。

僕の一票は、これまで決して報いられることがなかったが、今回初めて意味ある投票ができた。
今日のところはそれを素直に喜びたい。

Comment(6)

コメント

同感です!!

「Change or die」 by UNIQLO柳井正さん

詠人知らず

>民主党の政治が悪ければ、すぐに変えればいい。
>民主主義とは、常に試行錯誤をしてそのときによりよい選択を
>する自由が与えられているということだ。

甘いですね
300超の議席を持つ政党はそう簡単に政権を明け渡しませんよ。
誰も引きずり落とすことはできませんからね。
きっちり4年間務め上げてくれるということです。
そしてその影響はさらに数年は続きますよ。

下半身政党の誕生

民主党の細野豪志は山本モナと五反田のラブホテルで過ごした。
民主党の横峯良郎には半同棲状態の東京妻がいた。
民主党代表の鳩山由紀夫は選挙区の室蘭市にあるクラブママに愛人がいたことが発覚している。
残念ながら、9月中旬には下半身友愛首相が誕生する。

私の場合も、生まれて初めて死に票にならずに済んだ選挙でした(比例区は別ですが)。
もしこれで何も変わらないと、国民は今度こそ政治を見限ってしまうでしょう。マニフェストの内容自体は正直疑問もありますが、新政権には本当に頑張って欲しい。

S-kuma

ちょっと多すぎ、今度は次の政権交代が難しくなるかな?の感がありますが。元々民主は寄り合い所帯だし、細川政権の例もあるので。
おかしなことになれば分裂して内閣不信任、ということもありえますので、絶対に任期満了までいくというのは大げさかな。
世論を聞かずに暴走した結果がどうなるかは今回知ったわけですし。

ところで、
まだやってる人がいますが、少なくとも「希望を求めている人々にネガティブキャンペーンは全く効果がない」ということは、今回はっきりしましたね。むしろ不信感を煽るだけだと。

xotakk

はじめまして。

今回自分は白紙投票しました。
自民にも民主にも信頼が置けなかったからです。
というか、はっきり言って民主にはやはり期待できません・・・・・・

とはいえ、良かれ悪しかれ、これが何らかの変化の起爆剤になってくれることを願ってやみません。
実際、自民党若手が事実上のクーデタを起こしたようですし、民主党も(良いか悪いかは別にして)現実的路線へ少しずつ路線修正しています。
そして、大半の国民が現状維持を望んでいるとはいえ、長くても数ヶ月以内には変化を強要されるのではないかと思います(そしてそれはビジネス現場や市場からの要求によるものになるでしょう)。
そうなったとき、民主党の真価が問われると思います。

要約:ぶっちゃけ日本がいい方向に変わるなら政権なんてどこでも良いのでは。

コメントを投稿する