モバイルシフトとソーシャル化によって変化するネットの世界を、読者と一緒に探検するBlogです。

FacebookがFriendFeedを買収しTwitterとの対立構造が強まった

»

友人知人のフィードを集約するおまとめサービス FriednFeedがFacebookに買収された。
Facebookは、FriendFeedの技術およびそれを支える開発チームを手に入れることで、Twitterを迎え撃つ準備を整えたといえる。

Facebook はSNSだけにクローズドなサービスである(もちろんmixiほどクローズドなわけではない)。だからどんなに情報の更新頻度を早める努力をして、リアルタイムストリームをとりいれたとしても、Twitterほどの速さ、即時性を見せつけることができない。だからストリームが世界中のさまざまなソーシャルメディアをまたがるように流れだし、ソーシャルストリームへと進化している現在のWebの状況にあって、存在意義の面でTwitterにお株を奪われ続けている。

Facebookはできるだけ全ての情報を公開し、共有させたい。オープン化を進めたいのである。そのうえで、真のリアルタイムストリームの公開と、検索サービスを提供したい。つまりTwitterをたたき落としたい。早くしなければ、Twitterが成長しきって手を付けられなくなる、と思っているに違いない。

繰りかえすがネットはいまやオープンでソーシャルでリアルタイムのストリームによって、大きく構造変化を起こしている。ポストWeb2.0といっていい。Web2.0はパーマリンクとRSSフィードやAPIの普及によって起きたネットワーク全体の細密化であったが、ポストWeb2.0は、そのために起きた情報の流れの高速化と水平的な流動化である。これを後押ししているのが、Twittter のようなリアル→Webへの情報アップロードのUIの普及と iPhoneに代表されるWeb利用前提の新しいモバイルの台頭である。

ストリームの衝撃は、まだ日本には届いていないのかもしれないが、確実に新しいWebが勃興しつつあり、その影響は徐々に国内でもみられるようになるだろう。

Comment(2)

コメント

smart

前のエントリーで小川さんが

>誰か僕のこの意見に反応してもらえたら嬉しい。

と書いてあったので、一生懸命に考えてコメントを書いたのだけれど、
華麗に完全スルーされて超悲しいです。

自分の言いたいことだけ上から目線で言いっぱなしで、
まじめに答えた読者に応答しないのだったら、
「反応してもらえたら嬉しい」なんて書かなければいいのに。
ってゆーかコメント欄を閉じたほうがいいですよ。

ツイッターだの、ストリームだのと言っても、コンテンツの中身が2ちゃんねるレベルなので
(2ちゃんねるの方が面白いが…)
そりゃ2ちゃんねるがないアメリカでは受けるでしょう。
仕組みに目を奪われすぎてコンテンツが見えていないのは、IT屋の悪癖だと思います。

日本におけるツイッターの現状は、
目立ちたがり屋が「実名」晒して書き込んで、
有名人に仲間入りした気になって喜んでいるだけ…という風にも見えます。

>ストリームの衝撃は、まだ日本には届いていないのかもしれないが、

セカンドライフやフェースブック以来のビッグウェーヴ、でしょうかw

>その影響は徐々に国内でもみられるようになるだろう。

その通りでしょう。
徐々に影響が広がり、わずかに盛り上がって、そしてブームは去ります。

あわごいそり

smartさんへ
新倉茂彦氏のように、人のコメントを
加齢に削除するよりかは1.02倍(主観比)
マシかと観察されます。

コメントを投稿する