モバイルシフトとソーシャル化によって変化するネットの世界を、読者と一緒に探検するBlogです。

iPhoneが売れていない、という印象を植え付けようとするどこかの誰かさん、にもの申す

»

iPhone 3Gは世界市場で大成功を収めているが、日本市場への浸透はといえば、発売当初の喧噪に比べればまだまだ、というのが実情だとは僕も認める。ただし、単一機種としての認知(例えばiPhone以外のケータイで、10人に訊いて10人が知っている機種が他にあるか?)や、恐らくは30-40万台は売れているだろう実績を考えれば、初年度として十分なものだと僕は思う。

僕はこのBlogでも何度も書いているが、僕自身はiPhoneが大好きだが、それでもiPhoneがすべてだとは言っていない。iPhoneがもたらす、新しいモバイルウェブの可能性を礼賛しているだけだ。それはiPhoneだけではなく、Androidもそうだし、Palm Preも、もしかしたらBlackberryもそうだ。あまりにも制限が多い日本のケータイのWebではなく、PCで使えるWebとほぼ同等(場合によってはそれ以上)のWebを、場所や時間に関係なく利用することができることの素晴らしさを、形にしてくれたのはまぎれもなくiPhoneだ。

日本のケータイは確かに良く出来ている。しかし、ことインターネットを使う、ということについては偽物だ。ケータイのWebは湖のようなものであり、iPhone(と、それに続く挑戦者達)のWebは大海そのものなのである。
僕たちは湖で泳がされていたが、iPhoneによって本物の海にいつでもアクセスできることを知ったら、もう戻れない。もちろん海より湖が好きな人もいるだろう。しかし、海の良さを知ることを邪魔するのは止めるべきだ。

こういう昔話がある。
巨大な洞穴に棲んでいた民族がいた。暗闇の中でコウモリや苔を食べ、湧水を飲んで暮らしていた。あるとき、一人の男が自分たちの住処が意外に小さく、実は外に燦々と輝く太陽の恩恵を受けた豊かで広大な、明るい世界があることを発見し、喜び勇んで他のみんなに伝えたところ、未知の世界に飛び出ることに怯えた民族の指導者達によって抹殺されてしまった。そしてその民族は、相変わらず洞穴の中で暮らし続けているという・・。

iPhoneを前にして過敏な反応している一部の日本人は、この洞穴の民族と同じだ。洞穴を出るか、とどまるかは本人の自由だ。しかし、新しい世界の存在を示してくれる冒険者を抹殺しようとするような動きは我慢ならない。

iPhoneとその追随者達の革新的な試みを受け入れないのはそれでもいい。だが邪魔はしないでくれ、と強く願う。

みなさんのご意見はいかがだろうか。


+ 追記:2009.03.02 00:11
付け加えておきます。
日本の独自仕様に対応していないから、という反論は僕は聞かない。
理由その1:
絵文字も日本語変換も徐々に対応しつつある。物理的に対応できない仕様はあるかもしれないが、それが厭なら買う必要はないだろう。1億人全員が買うべきだとは言っていないし。
理由その2:
もう一度言う。iPhoneを買えとは言ってない。iPhoneと、それに続く世界標準のモバイルウェブ対応ガジェットから目を背けない方がいい、と言っている。

理由その3:
僕はもともと商社で日本製のプロダクトを主に欧州を中心とした海外メーカーと張り合って売ってきた。
日本はモノ作りの国だ。どの国よりも優れた製品を考案し、製品化し、それを世界市場に売って歩く。それが生きる道だ。
日本国内でしか売れない特殊な仕様の商品を作り続けることが国策に合っているとは僕は到底思わない。
キャリア独自のネットワークや、独自のハードウェアテンキー、おサイフケータイやQRコード、InfraRedなどの仕様は、現時点で世界にうって出るのに必要なものではない。むしろWebKitに対応したフルブラウザと、タッチパネルによるソフトウェアキーボード(であれば多言語に同時に対応できる)などの機能を早く充実させない限り、日本のケータイは海外市場でビハインドを受け続ける。

僕は日本人として日本の製品を海外に売ることに誇りを持ってきた。日本のケータイが優れている、というのであればなぜ世界で売ることができない??iPhoneは世界で売ることを目的として作られている。その心意気こそが日本のケータイメーカーが長らく失っているものだと思う。

Comment(50)

コメント

詠人知らず

問題はそういうことじゃないのでは?
iPhoneでなければ受けられないサービスなんてごくごく少数だし、ブラックベリーに至っては…
反対に、特定のキャリアの携帯じゃないと受けられないサービスは山ほどあります。
「ガラパゴス」なりに「進化」しちゃったんですよ。
日本でビジネスフォンが普及しない理由ですよ。

今までimode(やその他の類似のサービスを含む)に対応した携帯を一度も持ったことがない私は、不便なことばかりでしたね。

未来はあると思いますが、まだまだ環境も人の欲求も追いついていないのが現状じゃないですか?

てーつ

実際に売れているか売れていないかはわからないが、間違いなくiPhoneは日本市場において、重大な欠陥製品であると言わざるを得ない。
正直ものすごくかっこいいし、魅力的だが、おサイフケータイが使えないという一点において選択肢から外れてしまう。
それは他のスマートフォンにも言える事だが、もともと企業でのビジネスシーンを対象としている製品とiPhoneではその位置づけにおいて大きく違うので、それが残念でならない。
ドコモさんがおサイフケーターイ対応版を出してくれる事を切に願う。

UBUD

詠人知らずさん、てーつさん
両名とも "湖" がお好きなのですね、という感想です。
 
>>詠人知らずさん
実際に何が不便でしょう? ほとんどのサービスはPCで代用できませんか。そして小川さんの文章は、そのiモードでしか出来ないことを問題とされているのですが...。
iモードは無視できない数のユーザーを抱えていますが、その多くは海の存在を知らないで暮らしている人です。
でもドコモは、「海は危険だから金さえ払えば湖で何不自由なく暮らせます」って、エセ啓蒙を有償でやってる偽善者と感じませんか。
 
日本のケータイで出来ることは、単にPCで出来ることを格キャリアがアレンジした子供だまし/フェイクでしかありません。
SMSしかり、メールしかり、住所録のシンクロ etc.. 全てをPC環境(世界的に標準の環境)で統一してくれればどれだけ便利で効率が良いか。
iPhoneを使うとどれだけのリソースが無駄に使われているかを実感できます。
 
>>てーつさん
おサイフ機能は実稼働数が20%未満とかなり少ないという数字があります。多くの人は使ったことがない・必要ないと考えているとも。
また、今後世界規格のおサイフケータイが台頭する際、現在の規格はケータイアドレスと同じくガラパゴスショックを促進するだけでしょう。

Kaz

迷路の最初の分岐で間違えちゃったのに無理して突き進んだ結果が、ガラパゴス化の原因ですね。
最初に戻って軌道修正するか、それともこのまま突き進んでレミングスとなるか、大きな判断が求められていると思います。
結局iPhoneって後だしじゃんけんなんですよ。それってiPodで経験済みなのに誰も学習してないことの方が問題なんでしょう。

日本語と同じだと思う
日本語はローカルだけど日本では主流
英語は世界の主流で日本でもそれなりに使われている
しかし主流にはなりえていない

翻訳という手間を惜しんで英語が普及する

それはないと思う
iphone他世界標準を標榜する機種は
日本にとって英語な機種だと思う
(英語が出来る人が一定数いるように
iphone等を支持する人も一定数いる)

絵文字やNFCは
日本文化が世界で知られているように
世界で普及していくと思う

NAZZ

自分は小川さんの意見にほぼ同意です。
しかしiPhoneは持っていません。
理由は唯一つ「ソフトバンクには関わりたくない」です。
彼の博打に付き合う気はないので、もう少し手堅い商売をするキャリアが売るようになったら購入します。

九品田

「売れていない」と思われているのは、「世界標準のiPhoneが上陸すればガラパゴスな日本の携帯は滅びる」「iPhoneは文明」とか言って、マック寄りのマスコミや業界人が過剰に煽った反動でしょう。きちんと数そろえて、初日に並ばず普通のショップでもiPhoneを買えるようにしておけば、勢いや期待感でiPhoneを手にした人は多かったでしょうに。これは明らかにソフトバンクとアップルの戦略ミスかと。

あと、世の中の人すべてがネットがないと生きていけないわけじゃありませんからね。それを考えれば電話としての機能の方が重視される日本の市場で、iPhoneがいまひとつなのも当然かと。自分もtouchは愛用していますが、これで電話までまかなおうという気にはなれませんので、iPhone導入予定はありません。

i

姫さん
この問題に関して姫さんのような考えを持つ方は多いです。
しかし事情を知っている者(ネットニュースの見出し程度ですが)からすれば「情報薄者」扱いをされます。これも日本のキャリアの悪影響。極端な話、北朝鮮を笑えません。
 
姫さんの例えで言うと、日本で日本語に力を入れるのは結構です。問題なのは今どき外来語をことごとく歪めて広めようとしてるということです。
 
絵文字の件もそう。
絵文字は世界に誇れる日本のオリジナルですが、現状でも他社間で互換性が難しいお粗末な状態です。
これまで世界で使えるような工夫をせず、結局主導権をGoogleに持っていかれようとしています。
今後数年で、日本のケータイ絵文字が使えなくなるでしょう。本当に情けないです。

katsuyuky

「ケータイのWebは湖のようなものであり」とありますが、湖ほどキレイじゃないですね。
池や沼と言った方がいいのかも。濁って透明度が低くそれでいて底が見えない。
まさに今のケータイコンテンツやケータイサイトを言いあらわしているような。
それでも快適だと信じて、泳いで(沈んで)いる人々がいることが不思議に思えてなりません。

ocean

iPhoneによるWebというのは何なのでしょうか?
ケータイのフルブラウザやアプリでは見えない「何か」があるのだと思うのですが、実際にiPhoneを持っていない私には全く見えてきません。
iPhoneのSafariを利用することでしか得られない情報や恩恵があるとすれば、その具体例が知りたいです。
一度Windows Mobileという名の海(?)から湖へと戻った身としては、もう一度海へ飛び込むために自分とツレを納得させる理由が欲しいので。

>>UBUDさん
一般のユーザーにとって規格がどうとか将来がどうとかは携帯を選ぶのに関係ないと思います。
だから現在の自分のニーズを考えてケータイ>iPhoneとなる人が多いのではないでしょうか。
あと「おサイフ機能は実稼働数が20%未満」ってけっこう大きな数字だと思うのですが…。5人に1人近い人数が使ってるということですよね。ずっと使ってるかどうかは別として。

>>iさん
事情とはどういった事情ですか?この一文の意味がよくわからなかったので教えてください。
絵文字に関しては、ケータイ各社とも「様子を見る」と言っているので今後どうするかこちらも様子見ですね。

i

oceanさん
iPhoneのweb = PC と同等という小川さんの主張で間違いないと思います。

「事情」は、姫さんが「絵文字が自然と世界で知られていくようになる」
とおっしゃるのを受けて、その後の文章に書いた通りです。
 
今後日本が世界基準に合わせざるを得なくなるとき、紛らわしいビジネス、
着うたに代表される「情報薄者」から搾取するサービスが受け入れられるか否か・・・

絵文字については、様子見って・・・
率先して自分らの益になるようにしないと・・・
数少ないヒット商品なのに。

mayudonn

IT業界にうとい私個人的な印象ですが‥‥ 1、いわゆる日本のケータイ=携帯電話(メール含む)+インターネットの縮小版(付加的) 2、iPhone=アップル社のPC携帯版+携帯電話機能(付加的) で両者は、1が主は携帯電話で、2は主がPCで全く別の土壌のものという気がいたします。 私自身はiPhonはもちろん欲しいのですが、これを日本の携帯電話会社のカテゴリーから売り出すのは難しいというか、もったいないというか...そんな印象です。 ただ、今回のエントリーで最も気になった点は、「殺されてしまった新しい冒険者」が誰を例えているのかという点です。 論点は違いますが心配になりました。

日本人の携帯電話に対する感覚とiPhoneは違うから当然ですよね。それを批判するのは自分もどうかと思います。
iPhoneは自分にとっては魅力的。WindowsよりもMacの方が魅力的というのに似ている気がします。

携帯電話ってなんなんですかね。自分は情報を得るためのツールと考えます。電話にしろ、メールにしろ、ネット、スケジュール、アドレス帳、タスク。それらの情報日本の携帯電話で管理したらどうなりますかね。電話から外に情報吐き出すのに一苦労ある。インプットするためのネットもパソコンに比べたら全然少ない(インプットする気にならない)。もうその時点で情報管理ツールとして欠陥品。
既に携帯電話はもっとアウトプットとインプットが楽に出来る環境ってのは既にあるのに・・・。と思っていた矢先のiPhoneの登場でした。だから、自分は iPhone を使っています。FeliCaは財布に入れておけば良いんです。

ただ、日本の携帯電話はそうなってない。そういう使い方を重視してない。だから、ユーザーも携帯電話の位置づけをそうしないし、環境も自ずとそうなってきた。ってことなのかな。と思います。
iPhoneが魅力的に感じる人は、ある意味では日本の携帯電話の使い方とは違う使い方をしてる。と言えるのかもしれません。

タイトルそのまんまのネタうpしちゃってました。

・PC
・スマートフォン
・ガラパゴス・ケータイ
・ドラえホン(?)

仲良く棲み分けてくれればいいんじゃないでしょうか?

それぞれTPOに応じて一長一短あるわけですから。

そもそも、9.6-14.4kbpsの時代にハンディ・インターネットを開拓したのはi-modeだし、その開拓時代の制約を独自の資源として引きずらざるを得ない理由もありますし。

NECやPanasonicに、もうちょい国際的な販売力があれば、ガラパゴスの世界化も夢ではなかったはずなんでしょうけど。

も一つ、Google-YouTubeのようにやたらとトラフィックを浪費しないということは、社会インフラとしての通信網を有効活用する上での利点でもあるし。

こさとう

まず大前提として、なんでiphoneというSmartphoneと日本の普通の携帯で比較してるんでしょうか。

iphone以外の海外携帯を使い込んだ、もしくはどういう状況かわかった上でのお話でしょうか?
BBなどのSmartphoneでない海外携帯がどういうモノかご存知ですか?使われたことありますか?

Japanese携帯Loverがiphoneを悪く言うのも興醒めですが、このblogの内容もなんだかなぁです。申し訳ないですが。

くるりん

小川さんに同感。
特に、追記 理由その2はそうだと思いました。


IT業界人やそれに携わるお仕事をしているなら、iPhoneのような端末は避けては通れない物だと思うんだけどな〜。
こんなに凄い端末なんだから、ユーザーとして使ってみればいいのに。こんなに楽しい端末は今までになかったと思うけど。
だから、色々言うなら同じ土俵に立ってから言えばっていつも思う。


iPhoneや他のスマートフォンで機能とされていないものなんて、搭載させる気があればそのうち搭載されるんじゃん。
今無いだけでしょって思う。
それが搭載されたら否定している人は何て言うんだろう?
日本の携帯にあって、iPhoneに無い物を探すのかな?


どこで見たか聞いたかは忘れましたが、音楽の次は銀行ではないかと予想されている方がいました。
そうなれば、世界をまたぐICがiPhoneに搭載されることになるとのこと。
円だけでなく、ドルやユーロまでが・・・。なんかワクワクしてきます。


否定ばかりしてると疲れるから、一回使ってみれば良いのに。食わず嫌いになってるんじゃないかな。

Pまん

自分はiphoneを持っていません。メインはdocomoのケータイを使っています。
遊びでEMのTouchDiamondを持っています。(ipodtouchも持っています。)

小川さんと同感で邪魔をするのは新しい可能性や革新的な試みを邪魔するような行為は良くないと思います。
否定ばかりでは何も生まれないし、進歩がないかと思いますし。

ケータイを好んで使っているのは安心感ですかね。
自分にとってはimodeは湖どころかプールサイズと感じてます。
自由度が無いという不便もあるんですが、逆に出来ることが限られているので、変なこともしないし、予想外の事で慌てる事も少ない。
ここに安心感を感じています。
例えば自分の親(もう70歳を超えています)にケータイとiphoneを渡したら、やっぱりケータイの方が安心すると思うんですよ。
個人的にはこれは日本人気質だと思っています。
自由度が有りすぎる海は戸惑うのです。それより端っこが見えてるプールの方が安心して使える。
(好きでもないのに)わからない世界に行くのは嫌なのです。

抽象的な内容でわかりにくいかも知れませんがそう感じます。

小川さんの意見ではありませんが一回使ってみれば良いというのは抵抗があります。
お金もかかりますし、アドレスも変わる。少なくとも色々な労力がいるのです。
「欲しい!」と強く思えないモノに労力を使うのは自分には無理です。

とりとめの無い意見となりましたが、まとめますと

1.新しい事を無条件に否定や邪魔をするのは良くない。
2.試す前から良さが感じられ、日本人みんなに間口が広く、安心できるい楽しいガジェットを望む

でしょうか。
iphoneそんなに売れてませんかね?これまでのガジェットで一番間口が広く楽しそうなモノだと思っていますが。
(それでも万人には薦める域にはないと思っています。)

といいながら本音は新しい世界好きですけどね。
ケータイをメインに使い、TouchDiamond(Wifirouter)+ipodtouchは趣味で使ってます。
でも親に薦めるなら海もプールも説明した上でケータイですね。
それで親が海を選んだら「やるじゃんオヤジ!」って喜びますが。

GG

私自身は現在iPhoneを持っていないが、常にウイッシュリストの上位にあり、Palm以来の楽しめるおもちゃとして近いうちに手に入れたいと考えている一人。うらやましき同類が数十万人もいることにむしろ驚いているぐらいだが、しかしiphoneは日本の多くの消費者にとって革新的な存在なのだろうか?


iPhoneが日本の消費者に与えてくれる新しい価値は何だろうか? その価値は今の携帯から乗り換えるに十分なものだろうか? 偽物のインターネットと本物のインターネット。湖と海。そんな比喩でしか表せないものなのか。具体的に、iPodと携帯を一つにまとめられる以外の嬉しさは何だろうか? カスタマイズ可能なsmartphone、PCなみのブラウザ等は、それ自体はただのスペックであり、価値の説明ではない。


iPhoneの試みを邪魔しないでくれと誰に物申しているが不明だが、誰かが邪魔するまでもなく、ニッチな商品というポジションが現実なのだと思う。現実を嘆きたいならば、iphoneとそのエコシステムが日本市場に受け入れられる価値を生み出せていないことに怒りをぶつけるべきだろう。

はじめて、コメントさせていただきます。

iPhoneについては、賛否両論様々な意見がありますが、小川さんの昔話の例にあるように、iPhone使わずして、「新しい可能性や革新的な試みを邪魔するような行為」をするのはルール違反かなと思います。
iPhoneにはこれがないからダメだ!という人は多いですが、実際にiPhoneを手に取って使った人がどれだけいるか、またワンセグやおサイフ携帯機能などiPhoneにない機能を良く使う人がどれだけいるのか。。。iPhone関連のネタは取り上げられやすい話題だと思いますが、それだけに何かネガティブな話題が一人歩きしているような気がします。

うぃ

ここの筆者が最初に書いた「iPhoneがもたらす、新しいモバイルウェブの可能性を礼賛しているだけだ」というのがポイントなのでしょう。

携帯電話で実現できている全ての機能の中で、モバイルウェブに対する重要度は個人毎に異なるでしょう。その重要度によりiPhoneの評価は大きく変わるだろうから、色々な評価がでても当然であり、まとまるはずがない。評価の対象も人それぞれだろうし。
私の場合はタッチ操作の快適さとアプリに重要度をおいており、モバイルウェブは2の次3の次でiPhoneを評価している。

海が好きな人もいるし、湖が好きな人もいる。海を知っていてあえて湖を選ぶ人もいるし、海を知らずして湖にいる人もいる。それで満足していれば問題が無いわけで、湖を否定する必要も無い。もちろんiPhoneのジャマをする必要もない。ただ、ネガティブなものを含めIT記事を読むのは、ある程度事情を知った極一部の人達だけであり、多くの人はIT記事など読まないからジャマにはなっていないと思うがどうだろうw

Ko

個人的には売れていようと売れていまいとどうでもいいことですが、

売れていないとしたい人の行動の根源は単なる
劣等感コンプレックスのようなものでしかない。

それに対して、このブロガーも批判しているが、
内容を読めばわかりやすいほどに根源はまったく同じ。

好きなものをこき下ろされる事になんだか憤りを感じるのは
私もよくわかるが、どう読んでも支離滅裂。

良い物であると主張したい気持ちはわかるがもう一度読み直してみるべきだろう。
別に全員買えといってるわけではないといいつつも、
iPhoneよさがわからないヤツは愚かしいというような
理論は破綻している。

単純に、コレはこういう理由でいいものであるといえる。
ほしい人は欲しいだろうし、私もオススメだ。

コノぐらいの事でいいのに、「1億人全員買えといってるのではない」
だとか余計な事を書いたために、これはもうほとんど
1億人全員買えって言ってるようなもんですよねw
そういう信者思想が強く見えます。

iPhoneは確かにすごいですよ。
ただ、ソフトバンクの販売システムや
維持費をみてこのオモチャにそれだけの価値があると
判断できる人間ばかりでないことは事実です。

通勤時間10分の生活を送っているものとしては
正直魅力を感じなかった。
プライベートでも出先での暇つぶしならゲーム機でも
本でも何でもいい。というよりもそれらの事は
iPhoneにもできることだが、iPhoneの方が優れている機能ではない。
専用のものというのはそれについては他のものではかなわない使いやすさがある。
iPhoneが携帯ゲーム機より面白いとは思わないし、本よりも電子書籍の方が読みやすいとは思わない。

ネットについては、悪いがこんな小さなディスプレイでキーボードも搭載して無いものでは勘弁願いたい。
どれだけ動作が速くても、キーボードに勝るということはないし、
正直ハードキーの携帯ですらイライラするのに慣れればそれと同等の速さで打てるようだが、
その程度のスピードを得るために応用の利かない技術習得のための努力をする気にもなれない。

やはりネットは家でゆっくり人目も気にせず大きな画面で快適なインターフェースでもぐりたいもんです。

間違っても、街中でこんなもんばっかいじってまわりが見えないはた迷惑な人種にだけはなりたくないですしね。

そんなことがしたい人間は人通りの少ない田舎に住んでいただきたい。

C

WindowsCEの頃から「モバイル」を持ち歩いている私には、PCと同等のWEB環境など完全に今更なことで、それを「形にしてくれたのはまぎれもなくiPhoneだ」など、聞き捨てなりません。
貴方が「iPhoneのことを知らないくせに」とバカにするのと同様、私も「iPhoneしか知らないくせに」とバカにします。

J

このブログ主は、“Web2.0”の時にも同じような礼賛記事ばかり書いてましたね。ブログやってないやつは愚かとでもいいたげな上から目線で。
私はWebで日記サイトを1997年からやってたので、今更感に辟易したものです。

で、今回はiPhoneで海ですか。スマートフォン、もしくはモバイルデバイスはそれ以前にもあったし、現在日本のケータイでもフルブラウザでブログ主が“海”と称している“インターネット”に自由に漕ぎ出せるというのに、なぜi-modeなどと比較してるんでしょうね?
恣意的にiPhoneを“よいしょ”してるとしかとうてい思えません。
まぁ、iPhone持ってない人は、みんな愚かと、今回も思ってるんでしょうね。

hir*****

>ただ、ソフトバンクの販売システムや

結局、アンチソフトバンクがiPhoneがソフトバンクから
発売された事を妬んでネガキャンに走ったという事だろう。

何故ソフトバンクはこんなにアンチが多い?
ベンチャーを否定する所謂ガチガチのアナグマ保守か
社長の出自が在日だという事が心の奥底に引っかかる
ガチガチの嫌韓流オヤジかだろう。

そうした輩は全てにおいてアンチソフトバンクの感情が
優先する。だからどんなにiPhoneが優れていてもiPhone
が気に入らない。坊主(孫正義)憎けりゃ袈裟(iPhone)まで憎い。
こんなところだろう。

そうした連中のお陰で辛うじてdocomoは救われている。
と同時にその所為で日本発のイノベーションが世界に
広がらないのだ。

もしソフトバンクが日本のシェア50%を取っていたら
必ず世界を取りに行く。そして必ず世界を取る。
docomoにはそれが無い。親方日の丸にそんな事出来る分けない。

docomo(NTT)は江戸幕府だ。もうそろそろ日本国民も
目覚める時が来たんと違うか?

似非モバイラ。

iPhoneを批判する理由。
小川氏の主張として、iPhoneの革新的な試みを邪魔しないでくれ、とあるが、
私は、iPhoneの増長を阻害したいと思っている。
それは今のiPhoneに沢山の大きな不満があるからだ。

iPhoneのある市場では、
日本のケータイが世界とは異なった独自方向に進んでおり、
一般人は、それに馴染んでいるのである。
それを小川氏は偽物だと主張している。
一般人はその偽物に普通にはまっているのである。
ならば、iPhoneにもどっぷりはまることも可能性としてはありえるのではないだろうか?
私はそれを危惧している。

不満のある現在のPhoneには、私の望むさらなる進化を希望しているのだが、
現状のappleの姿勢を(一般消費者からの視線ではあるが)見ている限り、
私の望む方向にはどうも進む気配がない。

そんなものが普及してしまっては、
私の望む未来がさらに遠くなると思っている。
しかもそれは日本という湖ではなく、海としての規模でだ。


ちなみに日本で一般の人にそこまで売れていないというのは、
iPhoneの市場がケータイ市場にあるからだと思っている。
(ケータイ市場に無ければもっと売れていないかもしれないが。
 iPod touchの販売数と比べたてどうなのかは気になる)

iPhoneは電話としての機能は、ケータイに比べて非常に劣ったものだ。
(使ったことは無いが、使った人からはそう聞いた)
だからiPhoneで全てを済ますということはなく、
一つのケータイをiPhoneに乗り換える人は少ないのだろう。
だから、iPhoneを買う人は、その多くが2台目だと思う。

しかし日本では(世界は知りませんが)携帯電話を2台持つという習慣は、
一般にはまだ浸透して無いので、
iPhoneの販売台数は、当初の盛り上げに比べて、非常に少ないものになっている、と。


さらに一つ述べておきたいのが、インターネットの利用。

サイト閲覧などをケータイで見るという行為は、
私としてもやっぱり辛いものです。
決して便利なものではなく、使うことができるだけまし、といったレベル。

でも最近は、インターネットの全てをケータイで済ます人も多いですよね。
とくに中高生とか、学生とかです。
家に居てもPCではなく、ケータイで済ます人みたいですよ。

そういった人たちにとって、iPhoneは必要なのでしょうか?

小川氏の例を挙げるとすると、湖の中に居て、海にアクセスできないということですが、
海よりさらに広い宇宙(PCでのインターネット)を知っているのに、
湖で満足してる人が多いってことは、やっぱり、iPhoneは必要ではないんだと思う。
(個人のPCを持っていないから、自由に使えるケータイで済ましているとも考えられるが)

TOM

iPhone が感覚的に欲しいと思わない人は買わなくていいんじゃないかな。

どうせ買っても満足に使えないし、比較するのは国内携帯のローカルな規格と比較して、あれができないこれができない。というものですし。
まるでポルシェを買った人が、クラウンには冷蔵庫がついているがポルシェは冷蔵庫もないのか?というようなものです。

それに、iPhone はそもそも日本のケータイと同じジャンルのものじゃないので、一般的なケータイと比べて云々は議論が違うような気がしますね。

私は現在iPhone一台ですが、全く不自由していません。

それどころか、これがあれば、外出先でサーバーへVNCでアクセスしたり、音楽や映画などの視聴のしやすさは日本の携帯の比ではありません。
ネット環境に関しても大人と子供の印象です。
PCメールも複数使えるし、機能はソフトの追加で増え続けているし、こういうことは日本のケータイでは望めませんね。

古い話ですが、ワープロ専用機とパソコンなどの汎用機との違いでしょうか。

NUR

日本のケータイの機能がガラパゴス的なのは、その機能を生かすインフラ整備が海外において進んでいないだけだと思います。
PDCの頃なら通信規格からして違いましたが、今はW-CDMAの同じ土俵の上に立っているわけですし。

おサイフケータイの機能も、世界における非接触式ICの普及自体がまだまだとはいえ、
香港のオクトパスやシンガポールのイージーリンクなど萌芽も見えてきています。
また、日中韓の非接触式ICカードの相互利用へ向けた実証実験も進んでいます。
FeliCa以外では、MIFARE(taspoと同じ方式)が欧州で普及してきています。

また、ワンセグ機能も韓国の地上波DMBのような類似サービスもあったり、
ワンセグ規格そのものをブラジルへ輸出することも決まっています。

日本でガラパゴス扱いされてきた機能は、世界ではこれから始まるのではないでしょうか?

ただ、海外へ打って出るにはソフトウェアキーボードが必要、というのには同意します。
日本語や韓国語などはテンキー入力に適した言語ですがアルファベットでは厳しいですしね。

iPhoneユーザです.実際に利用している感想です.

これは電話だ,と思うとがっくりくるほどソフトウエアは貧弱です.かかってきた電話に対して186をつけて電話をかけ直す,なんてのはどうやればできるんでしょう?

一般的な携帯電話のほうが使いやすいです.

でも,これはPCだ,と思うと,こんなにすばらしいものはない.フルブラウザを搭載できるPCが持ち運べて,電話までできる!すばらしい.

ただ,ソフトウエアはひどい状況にあります.カットアンドペーストができないとか,オフラインになると表示を維持できないブラウザとか,downloadして保存しておけないyoutubeとか...ソフトウエアの数は増えていますが,使い勝手の基本的なところでダメなものが多いです.

ソフトウエアのプログラムの問題ではなく,OSの制約によるところが大きいです.が,問題はapple社が制限をかけている(mobile meの利用者を増やすために制限をかける)ことにもあります.後者の制約は天につばするようなものではないかなと思っています.

PCとしてすばらしいのだから,制約を外してほしい.

しかし原則としてソフトウエアの問題ですから,updateされていくことが充分に期待できます.これが他の携帯電話にない魅力です.世界中の人がソフトを作り続けているし,apple社に文句を言い続けるのですから.携帯電話ではたとえ致命的な問題があったとしても新しい機種を出すだけで,古い機種をupdateするということはありえないでしょう.

問題はそこじゃない

日本で何が起こっているか理解してない記事ですね。ユーザーを置いてけぼりにした一時期の携帯電話各社の動きを全く理解してないですよね。
機能追加ばかりやった挙げ句に使われない機能が多数でてきて、それによって端末の値段が上がる。誰もその追加機能を欲しいと思わないから、その機種が売れないわけです。

iPhoneは確かにスゴイですが「技術的にスゴイ」だけで、使い勝手を考えれば「まだまだダメダメ機種」なんですよ。
日本のユーザーがソレに気付いただけです。

湖がいいわけではなく、使い勝手が自分的にダメだったからこそ、売れないわけです。カッコイイとか技術だけに目を向けようとするだけのこの記事の反論は、ハッキリ言って、ユーザーを無視している一時期の携帯各社の動き一緒ですね。

ATSU

なんだか「見えない敵」と闘っている感が強い記事ですね。実情は「反iPhone」というよりも、「反iPhoneユーザー」といったところではないでしょうか。

少なくとも、この国において、iPhoneユーザのこのような姿勢と態度が、印象を悪くしている原因ではないでしょうか。(この記事がiPhoneの印象向上に繋がっているとは思えません。むしろ逆)

個人的には「AppleによるCool、革新」的なものの賞味期限が、そろそろ切れてきたようにも思えますけどね。

YAMA

どうしてMACといいiphoneといい宗教になっちゃうのかな?

どうしてこんなに良いものが売れないんだと騒ぎ出す。

そして信者が改宗を迫る。洗脳が無理だとなるとアホ呼ばわりする。

住み分けという言葉を覚えたほうが良いよ、MACユーザーみたいにひっそりと暮らせば良いんだよ。

MAC系のインターフェイスが嫌いな人もいるんだよ。

指でタッチしなくてもボタンで十分なんだよ。別に携帯でピアノ弾きたくもないし。脂性だし。

どうしても信者を増やしたかったら全キャリアに対応するように進言したらどうだろう。

まだまだ新米iPhoneユーザー

iPhoneを使い出してまだ3ヶ月程度です。

iPhoneの特徴は
1)マルチタッチ操作
2)GPS
3)iPod
4)携帯電話
ですが、私の購入の動機はこれらのことではありませんでした。
最大の決め手はパソコンと情報を簡単に同期できることです。
以前は携帯用PIMソフトを使って電話帳を管理していましたが
電話の機種を替える度に最新のPIMソフトが出るのを待たなければ
なりませんでした。また同期させるのもケーブル接続が必要でした。
やっとNokiaからiSync対応機種が出たのでBluetoothでワンクリックで
同期させることができ、その手軽さに感動し使い続けられる安心感も生まれました。

そしてiPhoneが無料公衆無線LANで使えるとなって購入を決めました。
なんと言ってもアドレス帳やブックマーク、カレンダーが勝手に同期してくれるのは
非常に便利です。(mobilemeにも入ってます)
またパソコンのメールアドレスも登録できるので、いちいちパソコンを起動させなくても
メールが見れます。携帯用アドレスを持つ意味が無くなりました。
Webもいちいちパソコンを立ち上げる頻度が減りました。
つまりiPhoneを持ったら、iPhoneだとかパソコンだとか気にする必要が無くなったのです。
メール送信も最初は確かに入力しづらかったのですが、3日で慣れました。
今ではボタンキーより速く入力できます。

ワンセグ携帯は以前持ったことがありますが、1年くらい使っていて
「自分はワンセグを見ない」ことが分かりました。
PASMOも持っています。ただ携帯電話と一体化することの重要性が理解できません。
財布は必ず持ち歩きます。となると携帯にFelicaが付いていないことのデメリットが
今ひとつピンと来ません。メリットは流行にのっているということだけでしょうか。

ガラパゴスであるかどかは皆さんの判断に任せますが、少なくともパソコンやネットと
情報を共有でき、情報を携帯でき、かつその機能をユーザーの手を煩わせることなくできるのは
iPhoneしかありません。また無線LANのBBモバイルポイントが無料で使えるので
通信費を安く済ませることができます。
長く使うほど財布にも優しいです。しかも常にアップデートされていくので陳腐化しません。

唯一の欠点は海外に行ったらとても怖くてSafariとメールのボタンが押せないことです。
その他ネットにアクセスするアプリも怖くて使えません。

日本の携帯電話が世界で通用するかどうかは分かりませんが
iPhoneは私に優しく便利な携帯電話です。
3.9Gが十分整備されるまでは使い続けるでしょう。

ところで今またiPhoneが全キャリア合わせた週刊販売台数1位になりましたね。
1機種の販売台数でいうとダントツに売れているのではないでしょうか。
発売以来半年以上もトップ10から外れていないので、これは客観的に見ても
完全に売れているでしょう。
「売れてない」という人の根拠はiPhone発売前に業界評論家が「100万台、いや200万台売れる」と
予想していた数字に届かなかったということだけです。もともとハードルが高かっただけです。
他の機種よりは遥かに売れているでしょう。
ということで「売れてない」という意見は右から左に受け流すのがよろしいと思います。(古いけど)

J

まぁ、あれですよ。このブログ主が、このような挑発的なタイトルを付けたのが、そもそもの間違いのもとですね。

>iPhoneが売れていない、という印象を植え付けようとするどこかの誰かさん、にもの申す

こんな喧嘩腰じゃぁ、人に何かを聞いてもらおうという姿勢はみじんも感じられませんからね。

モノ

「見えない敵」
例えばネットの世界では常日頃、動的でいて豊富なiphoneの話題や声に対して、販売キャリアの決定以後、事あるごとに「iphoneが必要ではない理由を説明する人」が一定数存在している。

それは本来なら自然な声と受け取るのだろうが、
どういう訳だかその「理由」の中にかなりの遭遇頻度で、声の大きさほどの利用者には到底満たないはずの「オサイフ機能」必項の人たちや、
ドコモ山田社長の希望的観測でもある「端末2台持ち」の現状を推薦、表明する人たち・・・他

まるで意思を持ったプログラムかの様なその種の「声」を目にしながら、半ば数の不可解さを覚えてきた所に、役員スピーチや幹部インビュー等で見える「キャリア意向」との「単純なリンク」を理解したあたりで、
誰が見ても興味深く、実にクダラナイ偏りを認め当然それに反動が起こっている今、があるのだから全く驚くには値しないけど。

民放の今日を見ているかのような(ケータイジャーナリスト)なる人物の本質をあえて無視した無責任な観測記事、提灯作文・・
明らかにそれは「日本の一病巣」そのものだろう。

なおさらネットでは、あらゆる世代が馬鹿ではないし、その基調色こそ絶大な効果を持って人に吸収されるだけなので、対極の一部に「見えない敵」を見出してしまった人同様、安易に共有を求めるものではないと思う。

ただでさえ日本屈指の「飛び込んだ後に誰かがなんとなく気持ちを良くしてくれる」その湖の本質が、実は足元で淀み腐った挙句、契約者自身に意思を向けた沼である以上、賛同や応援もできないし、この先も自分の価値観とは相容れないもの。

iPhoneよりDSのゲームのほうが楽しいよ。

aqua

なにをどういったところでもう3〜4年もすればiPhoneが席巻してますって。iPodと同じ道を歩んでるんですよ。

あと、知ったかぶりこいている人がいるので指摘しておきますが、携帯電話だって最初は通話エリアがせまくて使い物にならず、あのテンキーが小さくて文字が打てないというネガキャンがあり、iモードの課金システムに批難ごうごうだったわけです。料金も高かったし、パケ代破産なんてのもあったじゃないですか。全部都合よく忘れたんですか?

要は、単に今の日本の携帯に「慣れた」だけ。

そしてiPhoneに対しては「自分が慣れてない」ってだけであれこれ理屈をこねくり回してるだけ。みっともない行為です。まあ、それも3〜4年もすればそんなことも「都合良く忘れて」iPhoneとか似たようなデバイス使ってるんでしょうけど。笑

それよりなら「正直自分には分からない」って言ってた方がまだ誠実でしょう。

あと、ソフトバンクだからどうこうって言う人もいますが、なら「たかが着信音」の販売に400円以上も使わせる某キャリアもいかがわしさ満点ですね。ソフトバンクは朝鮮系日本人がやってるから嫌いだとはっきり言うならいいけど、怪しいとかそういう知ったか理屈をつけるなら、某キャリアの販売方法だっていかがわしいだろうってことです。

それとも都合良く「二枚舌」を使い分けるのが誠実な人間だとでも?笑

問題はそこじゃない

>aquaさん
面白い人ですね。ここまで自分視点な人、たまに見かけますが。

「慣れたもの」があるところに「慣れないもの」が割り込むわけですから、「慣れたもの」をさらに良くする方向にすべきですし、「慣れないもの」をすんなり受け入れられるようにするのが筋でしょう。
斬新さだけで入ってきたiPhoneはそれができてないわけで。今やってる最中かもしれませんけどね。

それにですよ。

iPhoneに因らず、購入者に耳を傾けるべきですね。
みんな自分のニーズを満たしているから買ってるわけです。Appleが出したからじゃなくて、Appleが出したものが自分のニーズを満たしたから買うわけです。

iPodは斬新で多くの人のニーズを満たしました。
でも iPhoneは?

携帯もってて、iPodもってて、その2つを持つことをなんのためらいもなく受け入れている人にしてみれば、iPhone買うという選択肢はありませんよ。
ゲームやインターネットしない人に、いくら iPhone勧めても、興味を示しませんよ。

結局、今後のApple次第なんですよ。

>それよりなら「正直自分には分からない」って言ってた方がまだ誠実でしょう。

ええ。わかりません。
iPhoneが勧める機能が、自分のニーズをみたすものでもないのに、「ほら!いいだろ?」と言われてもわかりません。
それが悪い事でもないでしょう。

あなたがこれまでの携帯を使うことに疑問符をもつように、iPhoneに疑問を持つ人はいるわけです。
そこを理解しないから、信者呼ばわりされるんですよ。

ひろ

少なくともiPodの発売当初よりは遥かに売れている。
iPodなんて最初はMacユーザーのおもちゃ程度の認識だった。

まあ、iPhoneがガラパゴスを駆逐するとまでは言い切れないけど、今後の携帯がタッチパネル、フルブラウザが当たり前の「iPhone的なもの」になることは間違いなさそうです。

ケータイサイトなんてあと三年もしたら死滅するんじゃなかろうか。

J

今の日本のケータイでフルブラウザを搭載していない機種って、そんなにありましたっけ?
私はケータイ使ってますが、ケータイサイトは年に数回使えばいいほうで、毎日見てるのはフルブラウザで普通のインターネットのサイトです。PCでもOperaユーザーなので、ケータイに搭載されてるのもOperaなのは個人的に気に入ってるところですが。

そういうこともあり、日本のケータイが湖で、iPhone(とそれに続くもの)が海だという認識が、なんだか違和感あるのですよ。別にiPhoneじゃなくても、ケータイのフルブラウザでインターネット接続は普通にできますから。
というか、iPhoneに特化したサイトを作る動きが出てきているとかなんとかいう記事が、以前ITメディアさんの方にも載ってたと思いますが、それってなんだかなぁ…、と思いましたよ。

お財布ケータイは、私もまったく使ったことはないので、これがケータイのアドバンテージとは個人的には思いません。

tripod

iPhoneを電話だと思うと不便すぎ&物理的に大きすぎて、小さいPCだと思うと今度は制限の多さに絶望させられます。なんでこんな中途半端な代物をありがたがるのか、全く理解できません。

P.O.

こさとうさんに同感です。
なんで、iPhoneをケータイ『電話』と比較するポイントが『モバイルウェブ』なんでしょうか?
海外の普通のMobile Phoneだって、ハードウェアテンキーなのに、なぜ日本のケータイはソフトウェアキーが無いことがダメな理由なのか?

表題から、もっとまともに台数ベースで売れ行きを示しているのかと思ったら、ガッカリなApple教の展開でした。

ひろ

つか、hiroさんは「邪魔をしないでくれ」と言いたいだけでしょ。

私もiPhoneユーザーだけど、別にソフトバンクの人ではないし、正直売れようが売れまいが全然構わない。でもiPhoneに対する悪口を聞くのは、あまり気持ちよくない。

「ここがダメだ」「あそこもダメだ」と、やたらとムキになった妙なネガキャンが多すぎるのよね。iPhoneがダメだと思うなら無視しとけば勝手に滅びるだろうに、

J

うーん、「邪魔をしないでくれ」が趣旨なら、なぜ誤った認識(意図的であればミスリードもはなはだしいですが)で日本のケータイを貶めるような記述をする必要があるのだろう。
それって、自分が嫌っていることを、相手にやり返してるだけではないかな。

ひろ

ワープロ専用機がパソコンに駆逐され、
PC-9801がDOS/Vに駆逐され、
MDとかウォークマンとかもがiPodの前に瀕死の状態です。

一度は繁栄した日本独自規格が国際標準規格の前にあっけなく消え去っていた事例がこれほどありながら、日本の携帯業界に危機感とかはないのでしょうかね。
私はこれでも愛国者のつもりなので、今の事態を深く憂れいています。頭からiPhoneを否定してるばかりでは日本の未来は暗いです。

ほんと、このままじゃヤバイですよ。

J

DOS/Vマシンは、私も感動しましたね。特に有志の手で作られたV-Text。あの高揚感は忘れられないな。殿様商売してた某国産メーカーのPCは、そのままぽいして、速攻でGateway注文したものです。懐かしい。

モバイルデバイスは…、iPhoneのようなスマートフォンと、ケータイとは当分棲み分けるんじゃないかと思ってますが。
それよりも、もっと違う形のモバイルデバイスが出てくるだろうと、個人的には思ってますよ。私がチェックしてるのは、ITSですけれどね。

たぬき

ここではネット環境を軸に考察されていますが、ネット環境だけの問題と言う事でもないのですよね。

例えば私たちが普段なにげなく使っている漢字。これをキチンと表示される携帯機器というと任天堂のDSとiPhoneぐらいです。

市販の電子漢字事典等は略字で表示しますから実用性と言う点ではDSやiPhone 以下と
なってしまいます。
ちょっとこの漢字どう書くんだっけ・・・と言う場合すら未だに紙の辞書を強要する電子デバイス。これがこの国の実情です。
昨年頃から国もこの問題に取り掛かり始めましたが、どう考えても遅すぎるでしょう。

漢字だけではありません。操作性の問題も未だに放置しているメーカーがたくさんあります。

これは今現在国内携帯を使っている方なら判ると思いますが、サイドボタンに関して一般に使うボタンが適切に配置されているかどうか
確かめてください。

多くの場合が違和感のある配置になっているはずです。
これには理由があり、まず左手で操作して問題なければ右手で操作してもまったく問題が無い配置になります。
もっともコネクタの問題とかぶるケースがありますので絶対そうだとは言い切れませんが。

韓国やフィンランドのメーカーはこのあたりをよく研究しているみたいでサイドボタンもそつがない配置になっています。
では国内携帯はどうか?韓国やフィンランドのように研究しているとはとても言いがたい状況です(全ての機種でそうであるとはいいませんが)
これは個人的な意見ですがおそらくは使い勝手よりもデザイナーの案件を重要視しているのではないかと考えてまいす。
漢字表示にしろ使い勝手にしろ本当にユーザーの事を考えているのでしたらiPhoneごときにここまで苦戦する事はなかったのではないのでしょうか。

未来

今どきだから、年賀状の宛名書きとかは当然パソコンで管理してますわね。そして、もちろん遠隔地で一度も家を訪れたことのない相手とかもいるわけです。
iPhoneをパソコンに繋ぐと、その年賀状宛名リストと携帯の電話帳が自動的にシンクロされるのです。そして相手の住所をタップすると地図が表示されて、その住所にピンが落ちてきました。そのピンをさらにタップするとストリートビューで、その人の自宅まで見ることが出来ました。
あぁ、未来ってこういうものなのかな、と感じた瞬間でした。
もちろん、それが何かの役にたつのか?という人もいるとは思いますけどね。

J

>未来さん

それはソフトウェアがそのように作られているから、というだけの話です。あるモバイルデバイス用に、その機能を有したソフトウェアを開発すればいいわけですから、ハードウェアが何かというのは、ほとんど関係ありません。
そういう話と、“iPhoneだからできる”という話を、ごっちゃにしてしまうから、話が変な方向にいってしまうんだと思いますよ。

Maimaikburi

スマートフォンと考えるから、iPhoneはケータイと比較されるデバイスと捉えられてしまいますが、iPhoneは電話機能が付いたモバイルPCだと思います。iPhoneもケータイもそれぞれが、独自のサービス(機能)を持っていて、相手の足りない部分を貶してみても何も始まりません。
 私は、そもそもケータイを持ち運べる公衆電話と考えているのでキャリアが用意してくれるサービスが必要ありません。根が貧乏性なのかケータイの音楽ダウンロードにiTunes Storeの倍もお金を払う気もありません。
 キャリアがSoftbankだからと言うのも、Softbankのインフラが一番お粗末だというのを別にして人種問題を持ち出しても、ただの感情論になってしまうと思います。
 モバイルPCであるiPhoneやiPod touchとケータイの一番の違いは、OSとソウフトウェアのアップデートで機能が増えるかどうかでしょう。サービスが増える度にケータイを買い替えなきゃいけないのならば、そんなサービスはいらないと考えるのは私がケータイユーザでは無くMacだからでしょうか。

ひろ

>Jさん

iPhoneと同じことのできる携帯の機種を教えていただけたら幸いです。

私も今日、大型家電店の携帯売り場を覗いてみましたが、売れ筋の機種の中にそれらしい端末は見あたりませんでした。

コメントを投稿する