モバイルシフトとソーシャル化によって変化するネットの世界を、読者と一緒に探検するBlogです。

2009年2月26日 WBS2.0 Vol.39 ホットリンク 内山幸樹社長

»

恒例のイベント WBS2.0 Vol.39 ホットリンク 内山幸樹社長

参加は無料です、ぜひご来場ください。

第39回目を迎えた僕のパーソナルイベント、WBS2.0。今回のゲストは ホットリンクの内山社長です。

セミナー名:
『Web Business Shuffle2.0(略してWBS2.0)』とは、Web2.0を始めとするインターネットの新しい流れやビジネスモデルに強い関心を持つ、全ての方と の交流を図る、カジュアルスタイルのカンファレンスです。一切無料ですので、お気軽に参加ください。(参加希望者は、メールにてお申し込みください。詳細は下記をご参照ください。


開催日時: 2009年02月26日(木)

開演時間: 18時00分 受付開始時間: 17:30 終了時間: 20時00分

タイムスケジュール:

18:00 - 18:05

ご挨拶

18:10 - 18:25

ショートプレゼン by 株式会社情報基盤開発 鎌田 長明社長

鎌田長明社長

演題テーマ
「全てのオフィスでカンタン自動入力&アウトーシングを可能にする-AltPaper」

|| 鎌田長明氏プロフィール
東京大学大学院経済学研究科修士課程卒。
東京大学大学院工学系研究科博士課程単位取得退学。
株式会社情報基盤開発において創業より代表取締役。
経済学研究科ではソフトウェアビジネスの生産性に関する研究に携わり、工学系研究科では橋梁マネジメントシステムの研究に従事している。
東京大学工学系研究科博士課程在籍中に自身の研究を元に株式会社情報基盤開発を設立し、JR西日本の1万橋以上の橋を管理する橋守Eagle-eyeの開発および運営や自動入力システムAltPaperを開発した。
主な実績:
●2008年度下期未踏IT人材発掘・育成事業
『多メディア災害時情報収集プラットフォームと支援活動補助アプリケーションの開発』
●平成15年度未踏ソフトウェア創造事業(未踏ユース)
『XMLを利用した教育コンテンツフレームワークの開発とその利用』
●DREAM GATE GRAND PRIX 2007 関東エリア代表者選出
『集計作業の革命!特殊機器不要の自動入力サービス AltPaper』
●第3回キャンパスベンチャーグランプリ東京(2007年)日刊工業新聞社賞受賞
『紙からの情報入力サービス:AltPaper』


テーマ:未定

18:25 - 19:05

メインゲスト ホットリンク 内山幸樹社長

テーマ: 
「マーケティング革命 - クチコミで世の動向がリアルタイムに把握できると何が起こるか」

アブストラクト:

「人工衛星から日本中の人々の話している状況を眺め、人々の感情・意見が把握できるようになったら、あなたはそれを何に使いますか?

そんなSF映画のような技術は、実は、今すでに実現されているのです。

Web2.0サービスの普及によって、世の中の人々の動向がリアルタイムでネット上に射影させるような環境が整いました。そして、日本中のネットでの書き込みをリアルタイムに収集・分析し、知りたいことに対する世の人々の意見が瞬時につかめるようになりました。

今回は、その技術をマーケティングに応用した場合、どんなことができるようになるのか?
具体的な例を交えてお話したいと思います」

|| 内田幸樹氏 プロフィール
東京大学大学院在学中に日本最初期の検索エンジン「NIPPON SEARCH ENGINE」の開発に携わる。
東京大学大学院博士課程を中退し、株式会社マジックマウス(現:デジット株式会社)入社。
人工知能型オンライン保険コンサルティングシステムなど、数々のWebシステム開発を担う。
2000年6月、株式会社ホットリンクを設立し、代表取締役に就任。
著書に、「仮想世界で暮らす法 (ブル-バックス)」「1時間でわかる図解Web2.0」。

19:05 - 19:30

モディファイ 小川
テーマ:
「プレゼンス 2.0 - 非同期でありながらリアルタイム性を担保した新しいコミュニケーション、マイクロメッセージングサービスとは」

アブストラクト:
「知識を流通させ、効率的に共有する最新手法であるマイクロメッセージングサービスがなぜ、革新的なのかを解説します」
19:30 - 20:00

パネルディスカッション「京子の部屋」

モデレーター:祐川京子(サンブリッジ)

場所: 〒104-0061
東京都中央区銀座3-5-12サヱグサビル本館
アップルストア銀座(3F シアター)

地図(URL): [地図へ]

料金: 無料です

定員: 80名

お申し込み方法:
申し込みフォームよりお申し込みください

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する