モバイルシフトとソーシャル化によって変化するネットの世界を、読者と一緒に探検するBlogです。

Twitterを知らないオトナ達へーWebのストリーム化の兆候を見逃すな!

»

■「Twitter ってなに?」「・・・嘘だろ??知らないの?」

先日、IBMの友人と話していたら、TwitterもFriendFeedFacebookも知らないというのでたまげた(=ほとんど死語だが^^; たまげたとは魂消た、つまり魂が消えた、と書く。それだけ驚いたので、あえて使う)。

まあ、FriendFeedFacebookを知らないのは何となく分からないでもないが、IT業界、しかも外資にいてTwitterを知らないというのはカルチャーショックだった。2008年はTwitterの大飛躍が本当に目についた年になった。オバマ次期大統領はTwitterやFacebook、Blogなどをうまく活用して政治資金をLong Tail的に集めることに成功した。だから、ITの視点というより、社会の動きを見る上で、ネットが政治や経済を確実に動かし始めていることや、インターネットのソーシャルサービスが現実の世界を広範囲につなぎ始めていることに注目するのは、今後のビジネスパーソンにとっては必要なことだと思っていた。

まあ、IT企業といってもSIやコンサルティングが事業領域の企業とネット主体の企業では、そもそも必要知識の体系が違ってしかるべきだから、冷静になって考えればそれほど驚くにあたらないのかもしれないが。

しかし例えばサイバーエージェントやオプトなどであればどうだろう?少なくともネット企業にいてTwitterを知らない社員がいたら、経営陣は少し自社の運命を気にした方がイイ。

■Web2.0の次の"流れ"を加速させたTwitter

インターネットの進化の歴史の中でいくつかのマイルストーンを挙げるとすれば、

まず90年代全般にYahoo!を始めとするポータルが、ネットの利用を促進し、
つぎに90年代末に登場したGoogleが検索エンジンを再定義して、ネットの利用効率を劇的に変えた。
そして、2003年頃から台頭したBlogやSNSがネット上に情報をアップすることへの参加障壁を一気に下げたことで、より多くの人がネットの積極的ユーザーとなった。また、Blogは、記事(情報)一つ一つに固有のパーマリンクを与えることによって、検索対象をサイトからページ、ページから特定の情報そのものへと変えた(これにより、ネット上の情報粒度が細かくなった)。

いまや特定情報に対してパーマリンクを充てるというのは近代的Webサイトの基本中の基本であり、Blogのみならず、多くのWeb2.0的サービス/メディアがこの手法を採用している。(←ここ、重要!新聞サイトにパーマリンクを使っていないところもあるのが残念だ)

Twitterは、実は次のマイルストーンに数えられるサービスである。

これはどういうことかというと、Webを”サイト”という静的な固まり、場所的あるいはリスト的な概念から、”ストリーム”という動的な流れ、時間的な概念であることを、明確に示しているからである。

■ Twitterとその”部分的”フォロワー(or クローン)に主役の座を奪われつつあるBlog

Blogにもそもそも、この感覚はあった。エントリーを時系列順に表示しているのはそのためだ。
しかし、Blogはそれ以前のWebサイト、という概念からは完全に脱却しきれてはいなかった。普及が進むにつれてBlogには余計な機能が付加され、ツールとして重くなり、流れを作ることよりも場を作ることへと変わっていく。Twitterは、そこに着目して、Blogのエントリーよりもさらに小さく細かい情報単位での投稿=140文字制限という不自由さをユーザーに強いることで、より多くの情報のWebへの流入を担保した。時系列順に情報を表示するためだけの機能にフォーカスすることで、かえって多くのユーザーに受け入れられたのである。

このストリーム、という考えは、ライフログやライフストリーミング、あるいはアクティビティストリーミングなどという呼び方で広まり始め、SNSの世界ではFacebookがNews Feedというサービス(参加者のアクティビティを時系列順に表示)を採用したことで注目を浴びる。その後Google Readerも集約した記事のストリーミング機能を実装し始めたし、Google OB(Xoogler と呼ばれる)が始めたFriendFeedなどが複数のソーシャルサービスにまたがる自分の活動履歴を一本化するサービスを始めることで、いよいよこの”ストリーム”という概念こそがWebのこれからの潮流であることが明確になってきた。

■ 最もスムースかつ広大なストリームを作り上げる者が次世代Webの王者へ

これらの動きの端緒こそがTwitterなのである。そして、Twitterが重要であるというよりも、非常に細小な粒度の情報群をリアルタイムで世界中に伝達しまくる仕組みと、その概念=ストリームのあり方(ここではTwitter的要素といおう)を世界中のソーシャルサービスがフォローし始めたことが重要なのである。

もう一度いう。Twitterが重要であるというよりも、Twitter的要素の広まりが重要なのである。


2009年、この動きはますます明確になっていく。
日本では、残念なことに冒頭で話したように、本家のTwitterでさえいまだ存在価値が低く見積もられており、Webはいまだにサイトであり、ストリーム化への動きは小さい。しかしそれでも、Blogが台頭してきたときに「日本はBlogより日記」と話していたサービスもほどなくBlog化したように、結局はストリーム化を選ばざるを得ないはずだ。

GoogleもTwitterクローンであるJaikuを買収したり、Google Readerの情報ストリーム化を急いでいる。また、密かに別プロジェクトを計画しているという話もある。

モディファイにおいてSMARTに相当の経営資源を割いているのもこの分野での今後の激戦に備えるためである。

クラサバからクラウドへ。 PCからスマートフォンへ。 サイトからストリームへ。

次世代のWebとリアル社会の融合は、この3つのベクトルで動いていくだろう。
僕の予言、と思ってもらってかまわない。数年後にこのエントリーを見直すことが楽しみである。

Comment(4)

コメント

nora

Twitterを知らない、知っていても使ったことがない、使ったことがあるけど使わなくなったって人はSIerのSEには多いと思います。もっと言ってしまうと大手SIの従業員はTwitterと相容れない部分が多いと思います。
自分も、数年前の学生時代にTwitterがあったら使っていたと思うのですが、今は使いたいと思う動機が少ないです。
今のIT業界、特に大手SIは情報流出のリスクに過剰に敏感になっていて、業務インフラには徹底した統制が惹かれています。
その中に、匿名掲示板、フォーラム、Twitter、SNS、Blog投稿ができないようにフィルタリングしています。また、企業によっては業務中だけではな無く、プライベートでも禁止しているケースがあります。誓約書などにより、匿名掲示板の投稿禁止やP2P、Blog・・・・など。
そんな事情があって、Twitterをやれるのは、朝家を出るまで、夜家に帰ってきてからとかなり限定されます。個人的妄想ですと、そこまで使用時間が限定されるとTwitterも活用しにくいなと思うのです。
Web2.0が進んで、顧客のためにならWeb2.0導入のお手伝いはしますが、自社の場合はリスクを考慮し先行事例(自社と同じ規模の会社による先行事例=実験台の様子)待ちになってしまうのが実情なのです。これは今後、世の中と社内事情の乖離は広がることはあっても狭まることは無いと思っています。
大手SIの現在のマネージメント層は50代後半が多く、Web2.0の中でもソーシャル系の利点は理解できないようです。できても必要ない、自分が使いたいと思わないようです。一方、情報流出という不祥事は発生して謝罪記者会見をする様子を見ます。あれを見たマネージメント層は人事と思えず次は自社かも、自分かも・・・それだけは回避せねば。回避するには・・・より強硬な統制だっとなってしまうのです。
でも、基幹システムが売り上げに占める割合が多いSIには、直近数年には目に見えた影響は現れないのです。基幹は何億円もかけているので数年でリプレイスには踏み切れないので。。つまり今のマネージメント層に直接影響が現れないのです。
そして、入社当初には抱いた危機感も、数年も経つと薄れ、むしろ擁護論展開するまでになってしまうのです。今回のコメントがまさにそうですね。「そうは言っても、実際無理なんだから仕方ないじゃん・・・そんな一方的に否定しないで」という想いから長々とコメントさせて頂きました。
業務でiPhone良いな!と思いつつも自分が使える日が来ることはなく、あるとすれば顧客に導入するための概要設計で・・・かなと思います。うらやましい限りです。

たきぽん

概念としてはtwitterの流れが新しいWEBの潮流だとは思いますが、セカンドライフ的なブームのように強く感じます。セカンドライフが始まったときもこれからは仮想社会、メタバースの時代だなんていう論調が見られました。
しかし、今、これからはセカンドライフなんて言っている人はいません。廃れています。
twitterは、ミニブログと評されるように、ブログの一種としてしか見られていません。
金の匂いがしないところに、企業が参入するとは思えず、おそらく、しばらくしたら、このブームの熱も冷めると思います。

Goo

”ただ今”、今だけの時勢に乗るだけなら何が流行でストリームか把握することは大事でしょうが、その考え方自体がもう前世紀の潮流から抜けきれていない証拠だと思います。日本社会も世界も”大騒動”の社会の潮流の後で何に落ち着くか、という見極めが大切になってくるでしょうし、それは一朝一夕に”ばば~ん”と成功することなどとは違って、ヨーロッパの社会構成の歴史のように、じっくり時間をかけてでも築き上げていくものに価値を置いていく、このことがこれからの流れになると思います。速さと競争社会、規模、というもので社会を判断することはまだしばらく続くかもしれませんが、何が”成熟”をもたらすか、という考えかたのほうが、じっくり、じんわりと広まっていくと思います。Twitterは確かにおおはやりですが、アメリカをはじめとする、”これまで”の価値観に基づいたもので、そこに必死で追いつきくらいつこうと励んでいる”圏”でストリームになっています。ところが、戦後そうしたことに必死でくらいつき、成功をおさめてきた日本社会ですが、”このままじゃ無理!”っていう悲鳴がいろんなところから上がっているのが本当の現状です。これまでの流れをごり押しするのではもうだめですね。Twitterがなぜはやらないのかというと、気づいている人が少ないのではなく、社会そのものがもうそうしたものに自然と拒否反応をしめしており、時代の流れをつくる若い世代が敏感にそれを感じ取っているのだと思います。

> GoogleもTwitterクローンであるJaikuを買収したり

放り出すみたいですけど。

コメントを投稿する