モバイルシフトとソーシャル化によって変化するネットの世界を、読者と一緒に探検するBlogです。

iPhone2.1にアップグレードしよう、それも、いますぐに。

»

Appleのアナウンスの通り、日本時間9月13日(米国時間9月12日)、iPhone用のOSがアップデードされた。それに先駆けて公開されていたiTunes 8と連携して、自動プレイリスト作成機能のGeniusによって作成したプレイリストを同期できるばかりか、iPhone上でもGeniusを使ってその場でプレイリストを作ることもできるようになっている。

Photo14Photo11

Geniusはメタデータによる分類ではなくて、あくまでAppleが集めてきた、音楽ユーザーの膨大な視聴情報の集積と解析によるUGM的な分類をしている。ということは、音楽だけではなく、ありとあらゆるコンテンツに適用できるアイデアとなる。(僕たちが目指す理想のサービスにも通じるアイデアだ)

iPhoneにこのGeniusが適用されたということで、今後はどこでiPhoneを使って音楽を聴いているかという情報も加わり、場所や季節によっても好みが変わるという人間の嗜好性を反映したプレイリストの作成も可能になるかもしれない。

 

さて、今回のiPhone 2.1へのアップグレードでうれしいことは、やはり日本語変換機能の向上だろう。

これまでできなかった連文節の変換も可能になっている、というか、それ以上で、日本の通常のケータイの日本語変換機能をはるかに超える出来になっている。

やってみれば分かるが、相当長い文章を書いていても、それにふさわしい変換例を数多く提示してくれる。これで絵文字さえ使えたら、メールと電話しか使わない、というユーザーであれば、メインのケータイとして、これ一台でやっていこうという気にさせるかもしれない。Webを使ったり、Googleマップやその他のアプリなどの出来は、なんどもいうがこれまでのスマートフォンや日本のいびつに進化してしまったケータイの非ではない(注)。


バッテリー寿命の向上や安定性についても触れられているが、これはしばらく使ってみないとなんともいえないので、また別途レポートしてみたい。


(注)日本のケータイのいびつさとは


こういうことを書くと敵を作りかねないが(苦笑)敢えて書く。


日本のケータイは素晴らしい。しかし、それはまるで枯れた土地に咲いた美しい花のように僕には見える。貧弱なプラットフォームに無理矢理進化を遂げたいびつな生態系だ。


その花は確かに美しい、だが、本来咲くことができない環境に咲いた花だから、世界を埋め尽くすまでには至らない。


日本人は与えられた環境(例えば痩せた農地や、砂漠)であれば、それを受け入れてしまう。そして、その中でベストを尽くし、そのうえで素晴らしい成果を生み出すことができる。


しかし、世界にはそんな我慢強さの代わりに、環境そのものを変えてしまうか、よりよい環境を求めて自ら移動してしまうような民族もいる。


シリコンバレーに集う人たちの多くはそういう人たちなのだ。


 


日本のケータイは、そもそもスマートフォンと呼べるような素質を持っていない、貧弱なプラットフォームの上に工夫に工夫を重ねで精緻に作られたひ弱な花である。それは零戦と同じような発想だ。零戦は素晴らしい戦闘機だったが、貧弱なエンジンと貧弱な開発環境の中で生まれたアイデア商品にすぎなかった。だからある程度時間が経つと、アメリカのパワフルなエンジンと重厚な機体を生み出す豊かな開発環境によって支えられる、次世代機の前にカンタンに圧倒された。


日本のケータイは素晴らしい。進化に進化を重ねてきた。しかしそれは、世界から見れば「なんでそんな狭苦しい環境で頑張ってるの?」というモノなのである。


世界で通用する新しいモバイルとは、iPhoneだけではなく、豊かで自由な発想のもとに、世界市場で売れるからこそ得られる開発資金に支えられながら急速に進化し始めた、新しいプラットフォームによるものなのだ。


それを間違ってはならないと思う。


日本独自の筐体としては、既に絶滅した日本語ワープロがある。彼らは日本語をタイプし、印刷するという単機能を備えたプラットフォーム上の限定的なコンピュータだったが、WindowsやMacなどの高機能OSを載せた本格的なパソコンに対して、さまざまな機能追加で対抗したが、プラットフォームの違いは明らかで、ほどなく死滅した。


それと同じことをしてはならない、と僕は思う。


 


本来素晴らしいと認めるべきは、現在の日本のケータイの性能ではなくて、日本人開発者達が、ひ弱な環境、脆弱なプラットフォームであってもここまでの高性能を実現したという開発力と工夫のほうである。であれば、iPhoneを始めとする、豊かなプラットフォームに早く意識を映して、そこでの開発力で勝負すべきではないか?


iPhoneを嫌うのはいい、僕も、いや誰もそういう人たちにiPhoneを買えとはいわないし無理強いはしない。しかし、iPhoneが明確に示している、新しいモバイルコンピューティングの可能性から目を背けたり、限界まで進化しきってしまって種としての可能性を既に失いかけている日本のケータイへの過信はやめた方がイイ。


早く新しい、豊かな(そして日本だけではなく世界に通じる)プラットフォームでの勝負を考えたほうがいい、と僕は信じている。

Comment(8)

コメント

ps

気持ちは良く分かりました。あと日本の携帯のダメなところばかりでなく、iPhoneのダメなところも挙げればもっとよいエントリになってたと思います。
主観が入りすぎるとそうなるんだと思います。

中島聡さんは「俺はiPhoneが好きだ。iPhoneがいいんだ」しか言わないので安っぽい保険の営業が契約を取ろうと必死になっているように見えます。なのでがっかりしているところだったのでついついコメントしてしまいました。

何でもそうだと思いますが、完璧なものなんか無いんですから、たまに短所も織り交ぜないと胡散臭くなると思いませんか?

特に自分があまり興味のないものに関するものに対して営業かけらた場合とか。

営業の基本だと思いますよ。

mush

あまり営業には見えません

デスマーチみたいな事をやらせる日本の企業には無理じゃないですかね
資金に余裕があるSonyあたりに期待してます

crisis

iPhoneは、デベロッパーとかいうソフトウェア開発者にとっては、
商品を売りやすい夢のようなプラットフォームかも知れないけれど、
日本の消費者にとっては、インターフェースが目新しい携帯というだけ。
「新しいプラットフォーム」とか、「豊かなプラットフォーム」とか、刺激的な言葉で形容したところで、
それはソフト開発者から見た視点に過ぎず、
消費者にはどうってことはありません。
だから売れていないw 日本では。

日本ではウェブの世界でYahoo! JAPANが異常に強いように、
日本のさまざまな市場には米国や欧州の市場と異なる特性があります。
それは携帯やスマートフォンの市場にも言えることです。
ttp://online.wsj.com/article/SB122143317323034023.html
米国メディアも、そういう見方をしているようですね。
日本のケータイメーカーは、日本の特異な市場を守りつつ、海外にも打って出ようとしているわけで、
別にそれでいいんじゃないですか?

小川さんの考え方は、消費者市場に対する謙虚さを欠き、
デベロッパー側のワンサイドの見方に偏っているように感じます。
デベロッパーが儲けるための我田引水のような…

papas

日本語ワープロの例えは鋭いところを突いていますね。

近い将来において日本の携帯がスマートフォンに置き換わるのは確実だと思いますが
その時に今の日本仕様の携帯を頑なに擁護している人はどのような反応を見せるのかが非常に楽しみです。
「ユーザのニーズが変わった」とでも言うのでしょうか?
しかしながら、その変化のきっかけを作ったのは紛れも無くiPhoneであるはずです。

bibendum

現在のほぼすべての日本のケータイは全世界で流通しているGSMやW-CDMAなども含めたいわゆる移動体通信用電話機の中で見た場合、事実上スマートフォンの機能を備えている、あるいは事実上スマートフォンに分類できるという考え方もあったりしますが、そもそも、たとえば本エントリー中ではどのような基準をもって「これがスマートフォンである」と定義されているのでしょうか?ぜひともご教授いただければと思います。
別のエントリーにてご説明済みであれば大変申し訳ないのですが・・・

Ifreeta

スマートフォンは、通常 カスタマイズ可能なPDA機能を有する高機能携帯電話というのが定義だと思います。

日本の携帯は、カスタマイズ可能以外は機能的に満たすことができるので、事実上スマートフォンに分類できるのではと言われています。

上記のことから、カスタマイズ可能かどうかでスマートフォンと呼ぶのか呼ばないのかというのが一般的できないでしょうか。

iPhone ですが、非常に微妙なところではないでしょうか。カスタマイズをどう捉えるかで答えは変わってくるでしょう。

nanashinogonbei

"iPhoneが明確に示している、新しいモバイルコンピューティングの可能性"については、もう言及されているのでしょうか。
"iPhoneが明確に示している、新しいモバイルコンピューティングの可能性"が、仮に既出だったとして、それが実現するのは当座一般的ユーザーが不便と感じる不具合を一切合切明確に出し切って、それらをすべて解決してからが順序でしょう。
日本の携帯電話でできること以上の、"iPhoneが明確に示している、新しいモバイルコンピューティングの可能性"を可能性だとか何とか言っていないで、そのオープンでフリーな環境を駆使して、とっとと実現して見せては如何でしょうか?

calm

iPhone原理主義者と同じくらいアンチiPhone派がいるので、あまりに偏った意見はどちらかを刺激するだけでしょう。

ただ、iPhoneのAppStoreによるコンテンツとその提供の仕組みは、日本のそれよりは魅力的に見えますし、今後の可能性を感じさせますね。

コメントを投稿する