モバイルシフトとソーシャル化によって変化するネットの世界を、読者と一緒に探検するBlogです。

iPhoneの欠点をされる5つの項目についてコメント

»

iPhone入手から10日以上経つ。昨日(7月19日)からセカンドロッドが入荷したらしいが、おそらく既に日本でも累計10万台は販売されていることだろうと思う。

実際、IT系のベンチャーや流行に敏い業界の集まりだと、iPhone保有率は実に5割近いのだが、表参道や恵比寿辺りを歩いていると、20代前半でおよそ業界関係者とは思えないような女性達がiPhoneで電話をかけつつ街を闊歩している姿を見る。

iPhone支持を一貫して公言している僕(笑)としては、iPhone(あるいはそれに影響を受けることによって変化していく、スマートフォンライクなケータイ。例えばアンドロイド搭載機)が普及していく理由として、アンチiPhone(?)的な人たちが列挙するiPhoneのウィークポイントについてのコメントを今しておきたい。

1. バッテリーが持たない

これは事実。僕もそう思う。しかし、買ったばかりのうれしさのあまり(^^)四六時中いじくり倒していれば、それはバッテリーは減っていく。むしろ、最近のワンセグケータイも1日保たないという話もよく聞くので、実際にはあまり変わらないのではないかと思う。

それと、指摘しておきたいのは、日本のケータイのバッテリー持ち時間の表示は、減り具合に合わせて徐々に減っていくのではなく、一気に減るように見える。つまり、50%くらいの残量までは減ったように見せず、相当に減ってきてから初めて減ったように見せている気がする。そういう仕様にアレンジしているのでは?(ケータイメーカーさん、違います?)

これに対してiPhoneはノートPCと同じで、リアルに減り方を表示している気がする。残量を正確に見せていく形だ。だから、3分の2くらいに減ってきた状態の表示のときには、iPhoneのほうがかえって日本のケータイよりも長く保つように見える。僕には検証するすべがないが、iPhoneと日本のケータイを併用している方はご意見ください。

2. 日本語入力がしづらい

連文節の変換がしない、日本語変換処理の辞書がプアである、とはみんなが言うことだ。

しかし、こういうソフトウェア処理は、時間さえかければすぐに対応できる。ソフトウェアアップデートが進めば直に解消される問題であり、いま声高に騒ぐのは僕としてはおかしいと思う。ハードウェア上の問題点は購入した機体に手を加えるか交換しない限り=お金をかけない限り、解消しないが、ソフトウェア処理で対応できることは大きな問題ではない。そこがスマートフォンである強みであるし、成長するケータイの良さだ。メールソフトも確かに今のところショボイ(苦笑)のは否定しないが、これもすぐに快適な新作がお見えすることになるはずだ。絵文字でさえ、近いうちにサポートされることは間違いないと思う。

・・・付け加えると、僕は日本語入力に実はそれほど不便を感じていない。片手打ちでも両手打ちでも、もう慣れたので相当速い。英語と数字はフルキーボードで、日本語は従来のケータイでの入力モードに切り替えて打つのだが、いまではINFORBAR2での入力より速く、長い文章を(しかも楽しく)タイプしている。要は慣れなんだと思う。

僕が出来るんだから、ちょっと覚えれば、最近の女子高生あたりはマシンガン並みの速さで入力することがすぐに出来るようになるだろう。だから、このウィークポイントは、全然ビハインドにならないよ、と僕は主張しておく。

3. 電話として使いづらい

これは嘘だ。いや、嘘ではないにしても、アンフェアな発言だと思う。

iPhoneの通話機能は素晴らしい。長くしゃべってると熱くなるから汗をかく、という人もいるけど、大抵のケータイも同じことだ。音が悪い、という人もいるけれど、程度問題であり、僕は気にならない。それよりもスピーカーフォンとして使えたり、三者通話も簡単だから会議にも使えてすごくうれしい。

電話をかけるという操作も、日本のどのケータイにも遜色がない、と僕は思う。電話番号の打ちやすさも、アドレス帳からの呼び出しも非常にスムースだ。日本のこれまでのケータイと比べても(好き嫌いはあるのは当然にしても)なんの問題もないはずだ。

4. ワンセグ|おサイフケータイ(etc)

ワンセグの代わりに、iPodを聴こうよ、ビデオもみられるし。YouTubeを楽しむのもいい。これって欠点になるとは思えない。

おサイフケータイ(etc)はどうか?これは確かにちょっとした問題だ。

iPhoneにこの機能をプラグインすることは現時点では不可能だし、近い将来に対応されるとも思えない。ただ、割り切ってしまえばたいした問題でもない、とも思う。

僕の答えは、「しょうがない」だ。おサイフケータイ(etc)がどうしても欲しければそちらを選べばいいことだから。

5. FLASH非対応

これは意外に大きな問題で、YouTube以外の動画サイトが見られない。特にケータイでのリッチインターフェイスアプリを提供しているサービスはまったく見ることができない。ゲームサイトなどもダメだ。だから従来のケータイサービスをしている業界のひとほど、iPhoneを攻撃していることが多く、それも当然とも思う。

僕の意見では、iPhoneがFLASH対応をしてくれたほうが、それはいい、と思う。

でも、それがiPhoneがダメなことになるかというとそれも違うと思う。例えば従来のケータイはAjax対応ではない。どっちをとるかということもないが、将来はどちらのプラットフォームも相応の対応をしていくことになるだろうから、いまは慌てずに、というところだ。

ともかく、iPhoneは未成熟なガジェットではあるが、進化し続けるプラットフォームであり、その成果が断続的に短期間で期待できる新種のケータイである。

僕たちがiPhoneを通じて見ているのは、いまのiPhoneの仕様ではなく、iPhoneを作り上げた思想の、その先の理想、なのである。

(Nobiさんの「仕様のPC、思想のMac」から表現を拝借)

Comment(11)

コメント

とおりすがり

ケータイの電池残量の表示の不思議について、少し前のエキサイトの記事にありました。
リンクを張っておきますね。
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091213626678.html

NotePCと違い体温等でバッテリ残量が変動するための吸収枠として厳密な表示ができないらしいです。

>レベル3(残り電池表示3つ)…約30%以上
>レベル2(残り電池表示2つ)…約10%~約30%
>レベル1(残り電池表示1つ)…約10%以下
>(※キャリアによって、プラスマイナス5%ほどの誤差があります)

…その理屈なら熱くなるNotePCも残量が%表示できないと思うんですけどね(笑)

Ifreeta

1.バッテリーですが、普通の携帯と同じように使っていたら普通に持ちます。Wifi がないところでは切にすると持ちがいいですねえ。

2.3.Pradaと併用していますが、ボタンがある携帯を触ることができなくなりました。慣れは恐ろしいです。タッチパネルは触るべきボタンしか表示されないので、間違いません。

4.普段からTVを見ないでネットなので問題ないのですが、そんなにTVは面白くないよ。見たい番組は録画して変換して後日見ています、昔から同じですがね。オサイフは田舎なので使いません。

5.これだけは難しいですねえ、仕事で使用するパソコンで変なことをしている(重たい)HPは見たくないのですが、同程度の iPhone では同じことになると思います。回りが変わってくれることを願っています。

suomi

絵文字やデコメをもらう人間としては、
それが対応されるまでが一番の難関です…

Sakaemon

iPhoneを批判する意見も擁護(敢えて擁護と言います)する意見もどっちもどっちだな、というのが正直な感想ですね。「しょうがない」と言い切るのは、どうかと思います。

ソフトウェアアップデートによって解消される見込みがあるのは理解できますが、ファーストリリースの時に「ダメだ」と言うことは許されると思いますが。「今後のアップデートに期待」と付け加える余裕を持て、といったところですかね。

iPhone 3Gを知る者

日本でワンセグが流行る理由の一つはほとんどの人が電車、バス通勤で移動するのでその時間にうまく活用できる。それに対しアメリカではほとんどと言って良いほど車社会の車通勤。高校生が自分の車で学校に通うのはもはや当たり前の社会。なのでテレビを見ながら運転などはもちろん無理です。アメリカ人の方からすればテレビは家で見るという考えがあるのでワンセグ機能の発展は難しいかもしれません。サムソングがワンセグかわかりませんがテレビ機能搭載携帯を一応アメリカで発売する予定ですね。そしてお財布ケータイは諦めるしかないと私も思います。アメリカではお財布ケータイ自体のシステムはどこにも導入されていないはずなのでそれ自身を海外からのケータイに求めるのはどうかと。一番良いのは自分に合った物を買うということだと思います。日本はケータイの形がマンネリ化するほど新しいのが溢れ出てきます。なのでiPhoneじゃなくとも他のケータイを選べば良いのではと心底思いますね。このケータイの違いはやはり文化の違いと言っても過言ではありません。iphoneは基本アメリカ人が求めるディヴァイスなので日本人の至れり尽くせり趣向には到底叶わないのかもしれません。

ただの携帯好き

私もi Phoneは支持しております、あしからず。

と書かせて頂いた上でのお話ですが、おサイフケータイがないのは、しょうがないとは何事でしょう(笑

モバイルのCPさんはこれだから、ハードをからめたサービス展開を考えれないのか考えます。
携帯自体の機能などを用いてサービス展開するのはいつもキャリア主導になる理由かと思われます。

新しいハードに対する挑戦は評価しますが、しょうがないで終わらせるようでは、独自性の強い面白いコンテンツを提供できなくても仕方ないですね。

単にi Phone用サイトへの対応のみを行うなら別ですが。

Observer

確かに、iPhoneは日本人の文化に全く向いていません。どう見ても、海外で使われている2Gの携帯にしか見えません。ただ日本と同じ電波システム対応に出来る様になっただけ。当然の様に、2Gの携帯は、3G携帯の電波システムを対応する為にバッテリの問題にはぶつかるはずでしょう。
私は今のところではiPhoneは日本の携帯には勝ちません、絶対に。
残念ですが、アメリカ人はまだ日本の文化は理解出来ないようだ。そのままでは間違えなく、日本のメーカーには負けます。

Y

~のはず、~と思う、など根拠のない思い込みと願望ばっかり。それで「問題ない」と云ってもなんら説得力はない。
信者の感情的な擁護はアンチの叩きと本質的に何も変わらないと思う。

セリナ

日本語入力がしずらいというのは実感としてあります。
爪が長い女性は相当入力が大変です^^;

絵文字、顔文字等はプライベートであれば使用頻度が高いので、搭載してほしい機能の1つだとは思いました。今後に期待ですね。

日本で受け入れられるためには、日本人に合った機能の提供「も」行うことが必要だと思います。
今のiPhoneは携帯用のページが見れないということもあり、その他の不便さも感じる私には「セカンド携帯」ぐらいの位置づけで使うのがちょうど良いところでしょうか。

iPhoneが進化し続けるデバイスであってほしいと思います。

通りすがり

なんか変な日本語のコメントが多いですね。

hero

iPhoneの日本語入力はしょぼい。
でもソフトウェアアップデートで直るはずと思い続けて早2年・・・
早く直して欲しいと切実に思う。

コメントを投稿する