モバイルシフトとソーシャル化によって変化するネットの世界を、読者と一緒に探検するBlogです。

WBS2.0 無事終了

»
GDX Japanの近藤さん、シンクーの森脇さんをお迎えしてのWBS2.0、昨日無事に終了。
GDXとMODIPHIはネット上にすべてをおくプラットフォーム型だが、シンクーのアイデアはP2P的、でも結局分散化するインターネットに対する理解や姿勢は同じだと思えた。

情報の入力と出力をセキュアに管理して、コミュニケーションに機密性の有無によって水平にレイヤーをつけるというGDXの考え方には共感できる。つまり、 コミュニケーションをするときに、メールかIMか、それとも他のツール?という垂直的な考えではなく水平的にコミュニケーション全体の安全性に段階をつけ て、その必要に応じてツールではなくプラットフォーム自体を使い分けるということになる。

僕たちが進めるMODIPHIも、構造的には近い。ただセキュアレベルを上げるのではなく速度重視(JSONPを採用する時点でそうだろう)にしていて利 便性優先にしていることが、企業コミュニケーションを舞台とするGDXと、C2CあるいはB2Cのコミュニケーションを舞台にする我々の違いかもしれな い。マーケティング上のコミュニケーションであれば広く伝えたい情報だからセキュリティよりも、よりカンタンに情報を伝播させることが重要だからだ。

いずれにしても、このようにプラットフォーム自体の提供を事業化するということが今後は一つの流行になる、と思っている。
  generated by feedpath Rabbit
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する