モバイルシフトとソーシャル化によって変化するネットの世界を、読者と一緒に探検するBlogです。

Google Talk、そしてGoogleブラウザはいつか来た道(Googleについての考察-2)

»

本当はAppleについてのエントリーをしたかったのだが、うっかりGoogle Talkに釣られた。

本日、ウワサの音声機能付きIM、Google Talkのダウンロードが始まった。利用にはGmailのアカウントが必要で、Windows XP/2000でないと現時点では使えない。基本的にはJabberベースであり、Macユーザーの場合は、iChat上でJabberアカウントを選択すれば、GmailのIDとパスワードを登録してChatそのものは行うことができる。

Macユーザーである僕だが、オフィスではThinkPadも併用している。そこで、早速PowerBook上でのiChatへの設定を行い、同時にThinkPadでGoogle Talkをダウンロードしてみたところ、まずiChatがなぜか接続できない(自宅で再トライしたところうまくいったので、ファイアウォールの問題か?)。ThinkPadでは非常にスムースにインストールできて、3分後には使い始める事が出来た。

IMクライアントとしてのGoogle Talkの面白さは、(Google Talkクライアントの利用者同士ではあれば簡単に使える)SKYPEに引けを取らない音声通話の音質もあるが、それ以上に今までGmailを使っていたヒトであるならば、メールを送信したことのある相手を簡単に検索できる、サーチボックスを持っているところだ。Googleサジェストにも似て、一文字タイプした瞬間に、該当するメールアドレスがウィンドウに展開され、かつその人をGmail及びGoogle Talkにワンクリックで招待できるようになっている。しかも、既に招待済みのヒトも一目瞭然だ。だから、誰かを招待したくなるし、それを誘発してユーザーを一気に増やす事ができるというわけだ。実際、僕はインストール後わずか10分で3人と音声通話を試し、8人を招待してしまった。
さらに、Gmailに似て、チャットの履歴がスレッド化されるというインターフェイスを持っているので、元々のGmailユーザーなら馴染みやすいだろう。非常にシンプルでありながら、使いやすさはさすがだ。

・・・・これまで、Googleは市場で噂されたサービスは、ことごとく実現している。この分であれば、独自ブラウザをリリースというウワサも現実味を帯びてくるのではにないか。IE7.0は年内にリリースとの観測であるが、このタイミング次第では、Googleブラウザがもし登場すれば一気にシェアを食われるのではないだろうか?
これまでは、GoogleはGoogleデスクトップや、ツールバーなど、既存のブラウザへのアドオン型ツールの配布を繰り返してきた。(Gmailのリマインダーは、Google Talkのインストール時にアンインストールすることを推奨される。役目が終わったのである)
もし結果としてGoogleブラウザがリリースされたとすれば、これはGoogleが検索サービスのトップを奪うことになった戦略を彷彿させることになる。つまり、Googleは創業当時には自身のサイトにユーザーを誘導させる事はほとんどなく、Yahoo!を始めとするポータルサイトに検索エンジンを貸して、利用料を取るという収益モデルを選択していた。(だから、彼らは創業からかなり早い時期に黒字化していたのである。)
その後、高速且つ正確な検索結果と、素っ気ないほどに簡素なインターフェイスがプロユーザーの心をくすぐり、Googleは徐々に耳目を集めてきた。そして、本当に事業としてブレイクしたのは、Overtureが始めた検索結果に対して広告を掲載するという新しいビジネスモデルを模倣(そして改善)したときから、である。この頃になると、各ポータルサービスも、軒屋を貸して母屋をとられつつある現実に気がつき、検索エンジンの自社開発に乗り出す事になったわけだが、そのときには既にGoogleのブランドは確立されており、Googleは検索サイトとして独り立ちすることに成功していた。

説明が長くなったが、ブラウザにおいても同じで、まずは既存ブラウザにツールバー等の仕組みを提供しながらデスクトップ上に進出し、ユーザーがそれに慣れた時点で、全ての機能をインテグレートした独自ブラウザを出す。Firefoxがブラウザの乗り換え喚起が思ったほど困難ではないことを証明したので、もし本当にGoogleがこの決断をするとすれば、時期的にも満を持して、ということになるだろう。

考えるまでもなく、僕らはいま、パーソナルコンピューティングのほとんどをブラウザベースで行っている。ユーザーにとっては、ブラウザはOS以上に重要なソフトになったといってもいい。いずれにしても、MS vs Googleの対決が完全に表面化するのは、時間の問題だ。

Comment(9)

コメント

Gmailが登録制に移行、ただし携帯電話経由で実在の人物であると確認してからの登録とのこと。
考えることが、やはりどこか違う会社・・・・。

どこが違うんですか?

他の IM と比較して恐ろしいまでにエンタメ色が薄いので私には Google Talk と携帯電話を結びつけるのは自然な流れだと思うのですがね?

参照するまでもありません。Google が以前から携帯電話の固体番号を有効活用しようとしていたのを知らないのですか?

Google が他の会社と違うのは恐ろしいまでにシンプルだと言う事です。しかし本質的には何も違いませんよ。

やまうち

ご自分のブログでご自分が言われている言い方に対して、自らここで説明せずに他の記事を参照しろなどというなげやりな態度は傲慢甚だしく、一読者としては不愉快です。
Norahさんの言い方もいちいち社交的ではなくしゃくに障るのだと思いますが、読者の意見に対してきちんとした言葉で的を得た回答をしてこそ、メディアの顔となりうるのではありませんか。

むーみん

>どこが違うんですか?
前例がないという意味で違うと思います。

>参照するまでもありません。
参照した方がいいと思います。
携帯電話の固体番号は有効活用していません。

>・・・他の記事を参照しろなどというなげやりな態度は傲慢甚だしく・・・
参照しろ、ではなく、参照ください、です。(苦笑)

>・・・してきちんとした言葉で的を得た回答をしてこそ、メディアの顔・・・
本文ではなくコメント欄ですから・・・詳細な説明を求めるのはいかがなものかと。
話の焦点のズレで誤解している。その誤解を言葉で指摘するよりも、参照リンクを提示した方が社交的、と私は理解します。

小川さん、がんばって(^^;

> 前例がないという意味で違うと思います。
前例が無いわけでは無いと思いますが?それに前例が無いから違うと言うのはビジネスに関して言えばナンセンスだと思いますね。重要なのは違いではなく彼らの持つ技術で何ができるのかの方なのでは?
> 参照した方がいいと思います。
最初のコメントの時点で読んでの発言ですが?
> 携帯電話の固体番号は有効活用していません。
私は今していると一言も言っていません。私が言っているのは以前からGoogleが携帯を使って個人(ここでいう個人と言うのは大まかな意味ですが)を結び付けようとしていると言う話をしているのです。

まあ社交的でない言われた時点でなにを書いても無駄でしょうが。

はじめまして。いつも、楽しく読ませて戴いています。

昨日は台風の影響で仕事から早く帰ることが出来たので、子供とブロックで遊びました。legoの様にいろいろな形のブロックが有り、それを組み合わせることで自動車や飛行機の形を作ることが出来るものです。組み立て例の冊子がついていて、息子はそれを見ながらロボットを作っていました。ふと見ると、その冊子の中でキャラクターのドラえもんが「ビッグスペースロボ。すごいパワーでわるものをやっつける!」と言っています。子供は、作ったロボットと他のおもちゃのロボットを戦わせて、楽しそうに遊んでいました。そこでは「ブロックのおもちゃで悪者を倒せるわけが無い!」とか「どうやって善悪を定義するのだ?」とか「そもそもドコがビッグ・スペース・ロボなんだ?」なんて、目くじらを立てる者はいません。大切なのは、それで遊ぶ子供たちの想像力と何を感じて何を得るのか。ドラえもんの台詞は、そのための一つのきっかけに過ぎないし、書いた人も一つの思いとして子供たちの想像力の手助けになれば良いと考えて書いたものだと思います。そんなもので遊びました。台風は少し大変でしたが、とても穏やかな時間でした。

あ、すみません…記事とは関係の無い話を長々と書いてしまいました。ただ、ここでの記事やコメントを読んでいて思いついたことなので、ここに書かせていただきましたが…不適切なら、削除してください>小川さん

なにはともあれ小川さん、これからも沢山の意見を読ませてくださいね。

> Norahさん、やまうちさん
舌足らずなコメントバック、申し訳ありません。基本的には
本文(エントリー)をできるだけ継続的に行い、総合的に
皆様の思索のネタなり興味をかきたてる刺激なりを、Feedして
いきたいと考えています。

> むーみんさん
ありがとうございます。これからは時間が許す限り
参照先+自分の言葉、というスタイルをとっていく
ことに致します。

>葵さん
含蓄がある、素晴らしいコメントをありがとうございます。
是非、Blogそのものも書いていただけると嬉しいです。

コメントを投稿する