Report on Japan's infrastructure topic on weekend.

ライブドア・ショックただなかの最良の方策(末尾追記)

»

インターネットで個人が株式を取引できるということには、AppleがApple IIによって、それまで限られた主体にしか操作できなかったコンピュータを広く一般個人に開放したのにも似た、革命的な意味があると考えています。
97年~98年頃にそのことが非常におもしろくなり、関係の仕事もしたし、一般の方々向けに啓蒙のための本なども書きました。

その後、厚みを増してきた個人投資家にも支えられて、ネット系ベンチャーのIPOがブームになり、自分でも「IPOという選択」という本を苦労して書いて出して、タイミングが遅くてあまり売れずにあぁとか思っているうちに、日本の株式相場は長期低迷傾向が定着していきます。

過去の話はそれぐらいにして、問題はライブドア・ショックが起こっている「今」です。
第三者的な立場で見ると、現在、インターネットで株式投資を積極的に行っている個人の大半が、2000年のITバブル崩壊を経験していない方々ではないかと思います。ネット証券会社の自動売買の仕組みにも支えられて、利益が出しやすかったでしょうし、個人に対してハードルが下がった信用取引にも着手し、利益を大きくしている方々がそこそこいらっしゃるように見受けます。

相場が大きく動く時はこのような投資アプローチ(短期で頻繁に売り買いして利益を出すアプローチ)は大きな痛手を蒙りがちです。往々にして市場全体が大きく下げるということを想定していないからです。相場全体が大きく下落するなかで、プロのトレーダーがどういう状況に直面し、どう行動したかというのは、本などもあるし、NHKのドキュメンタリー(投資家ビクター・ニーダホッファのケース)などでも報じられていたので、ここでは書きません。
そうしたプロのトレーダーが直面したのに似た状況が、一昨日と昨日、個人の方々において起こっていると推察します。

ここにおいて、経験からくる知識に頼れない個人投資家はどうすればいいのか?

基本的には「待つ」というのが最良の策です。端的には売りも買いも当面はやらない。どのぐらいやらないかというと、半年~3年ぐらいはやらないという時間感覚です。

各種のメディアでは相場下落がリアルタイムで”増幅”されて報じられますが(往々にしてそういうものです)、そのなかで、自分の目や耳に不安を煽る文言が怒涛のように押し寄せますが、それには目をつぶり耳をふさいで、忘れることができるなら忘れてしまって「よーし、オレは待つ」と頑迷固陋唯我独尊状態になって待つわけです。

仮にライブドア関連の銘柄を持っていたとしても、ライブドア本体が上場廃止へなどと報じられているにしても、仮に3年あれば、あるいは5年あれば、事業再編や資本関係再編を経て、法人として見事に復活して売れなかった株が売れるようになる可能性があります。同様のパターンは過去に何件もあります。

そうでない銘柄、言い換えれば、実質的に企業の将来性や事業の現状に何の変化も起こっていないのに、ライブドアショックのとばっちりを受けて下げている銘柄の場合は、なおさらです。早くて数日、遅くても数ヶ月あれば値は戻るでしょう。

日本の経済自体のファンダメンタルズも、ライブドアの件で、何ら傷ついたことにはなりません。いわゆる失われた10年の間に、非効率的な経済システムの多くの要素は改善され、企業活動で利益が出やすくなっています。行政の効率化も進みました。
そんなこんなで、ライブドアショックが他の銘柄に及ぼす影響は、時間的に限られていると考えるのが順当です。(ただし東証のシステム能力についた疑問を払拭するには、長くかかるかも知れません。外国人投資家の腰が引けるのは確かでしょう→そういう意味では日本の相場に影響を与える可能性がありますが)

コーポレートファイナンスのイロハを勉強して、オプションの価値を算出する仕組みやリアルオプションの考え方がわかれば(文型頭であって数式的にはきちんと理解できないにしても、そのロジックが理解できさえすれば)、「待つオプション」には相応の実体のある価値があるのだ判断できます。

現在、何らかの銘柄を持っている人が、それを売ってしまえば、その人が駆使できるオプション(選択肢)はなくなります。将来において価値を高める可能性がある行動に出ることはできなくなります(もっとも売ったお金か別なお金で別な銘柄を買うということはできますが、ここでは埒外とします。当該銘柄に関する選択肢という意味で言っています)。
けれども持っている限りは、値が多少戻した時に損失を軽減した形で売ることもできるし、数年は忘れてしまって、事業が再生して復活した時に、やや高値で売るということもできるかも知れません。「待つオプション」にはそういう”功徳”があります。まさに”功徳”というのにふさわしいリターンがあります。じっとこらえて待つわけですから、それぐらいのリターンがなければなりません。

(以下のパラグラフが切れた形でアップしてました。追記します)

市場参加者全員が騒然となっているなかで、最良の方策は「待つオプション」である。そう思いませんか?

Comment(7)

コメント

mohno

今日は、この話を聞いておけば・・・と思った人が、たくさんいそうですね:-) おそらく、こういうときは思惑やら風評やらを見極めるプロに有利に動くんでしょうね。まあ、なんでもプロに有利じゃなきゃ困るんですが。
ただし、リスクを回避するために「待つ」ことが正しいかどうかは、また別だと思います。たとえば、為替差損のリスクを避けるために外貨預金に手を出さないことは、円安のリスクを受けかねないのと同じですよね。いや、ほんと、こんなに公的負債を抱えている国が、どうして大丈夫なのかよくわかりません^_^;
かくいう私が手を出さないのは“不精”だからですが^_^;;

ねこまっしぐら

魅力の無くなった物件を売る、損が出る前に売るというのは順当な方法だと思います。
私は株には携わっていないのですが、そもそもそういった未来予測というか、大して企業の実態が分からないままに投資して利益を得るという形態が、今回のライブドアのように裏で何かをやっているか分からないような不透明な会社が投資先に出てくるようになった原因ではないかと。
他銘柄も軒並み下がったのは、そういった企業の内情を良く知らないままに買った人が、「ここもそうじゃないのか」と不安に駆られたからではないでしょうか?
つまり今回のような事件の原因は投資方法にあり、ライブドアショックのようなリスクは、そういった投資方法がスタンダードになってしまった時点で孕んでいたのではないかと思うのですがどうでしょうか。

匿名希望で

今回のライブドアショックを受けてなんですが、次の犠牲となる企業として楽天・Yahoo!・コナミあたりなんかライブドア同様な手口でつぶされる可能性大でしょう。
(叩けば結構ホコリ出ますからねぇ、あそこらへんは)
でも、今回の事件は「疑惑」による強制調査だけに「嘘から出た真」ってのが現状なのでは?
(大体が「株で大損したから、腹いせに”こういった疑惑やってんじゃねぇのか?”とリーグさせることで相手を潰そう!」ってのがありえそうなんですが)
または、あえて疑惑が解消されたとしたら、株が上がるのでアメリカの9・11事件同様の「経済混乱させての火事場泥棒」ってのもありえますね。

はじめまして。 僕はまだ株式未入門なんですが、この投稿は大変参考になりました。
僕の知り合いでもLD関連株で相当やられてる人が何人かいます。 信用も含めて。 励ます為にも、このブログ紹介させてもらいますね。 では!

今泉

いろいろコメントありがとうございます。
本投稿は1月19日まだ場が開く前の時点で、狼狽売りをして損失を広げてしまう可能性のある、主として経験の浅い個人投資家の方を意識して書いてました。投資全般に言えることですが、あるリスクポジションを持っている人には真実であっても、別なリスクポジションにある人にはまったく当てはまらないということがあります。さらに投資経験の深浅も加味する必要があります。また市場は常に動いているので、相場全体がまっしぐらに下げる局面で「これは得策」というのが、相場全体がどんどこ上げる局面では「まったく誤り」となったりします。
総じて言えるのは、個人がプロないしセミプロのトレーダーに、機敏な売買で勝つことはまず不可能だということです(情報環境と取引環境がものすごく違うので、市場の急変に対する即応性に格段の開きが出る→個人が動く時は往々にして遅すぎる→損が出やすい)(また個人が株式投資に投入できる時間も限られている。昼間仕事そっちのけで売ったり買ったりは、いろんな意味で好ましくない)。
そこから考えると、市場に勝つ(平均的な投資収益率を上回る)ためには、”機敏に売買しないでも済む勝ち方”を狙うのが戦略的にもっとも賢明であり、それがすなわち長期投資ということになります。
人が放っておいている業界の忘れ去られた銘柄をひっそりと買い、10年ぐらい持って(買っていることなど忘れてしまって)、「あ、そう言えばあの銘柄持ってたんだ」とある時気づいて、計算してみたら数倍の値がついていた、というのが個人の投資の王道であると思っています。
ただ、現在の個人投資家のものすごい取引環境(自動売買機能など)は、株式投資のリスクの”学習”のためには非常に好ましいです。リスクを学んだら、損がそこそこのところで、長期投資に切り替えるのが得策でしょう。
未来は予測できないということにも、長期投資なら対応可能です(その国が、産業全体が、長期において発展しない可能性は非常に小さいので)、

初めまして
よく観察されている、良いブログですね^-^ 
私も株のブログをやっていますので、良かったらお暇なときにでも遊びにきてください。
ではまた遊びに来ます。
http://blog.goo.ne.jp/goldenmoney2006/

>株のお医者さん様
コメント、ありがとうございます。
少し拝見しました。株がお詳しいですね。
東研ソフトさんも参考にされるとよいですよ。
http://www.tokensoft.co.jp/

コメントを投稿する