Report on Japan's infrastructure topic on weekend.

今泉 大輔

今泉 大輔

株式会社インフラコモンズ代表取締役。 国内の太陽光、木質バイオ、石炭火力の発電案件。海外の天然ガスに関係した案件の上流部分のアレンジメントを行っている。その他、リサーチ分野として、スマートグリッド、代替的な都市交通、エネルギーの輸出入。電力関連の近著も。

プロフィール

株式会社インフラコモンズ代表取締役。現在は国内の太陽光発電、木質バイオマス発電、石炭火力発電の案件形成、およびアフリカ(特にタンザニア)における天然ガス関連の案件形成のアレンジメントを行っている。空港民営化の海外事例、代替的都市交通の海外事例研究なども行う。スマートグリッド、スマートシティもカバー範囲。近著に「再生可能エネルギーが一番わかる」、「電力供給が一番わかる」(どちらも技術評論社)。

株式会社インフラコモンズ
Facebook
「再生可能エネルギーが一番わかる」
「電力供給が一番わかる」

略 歴

青森県弘前市出身。弘前高校卒、早稲田大学教育学部英語英文科中退。
カードビジネス専門誌編集長を経て93年に独立。94年メディアプラネッツ(有)設立。電力、金融、電子商取引などの分野で銀行系シンクタンク、米系コンサルティングファームから調査を受託。1996年~2001年にビジネス書数冊を執筆。
2003年5月から2010年8月までの7年間、大手ネットワーク機器ベンダーでリサーチャーとして勤務。電力、自動車、流通、通信などの日本の最大手企業に対するコンサルテーションをリサーチャーとして支援。
2010年末から、海外で日本企業が行うインフラ事業、内外のスマートグリッドをリサーチテーマとして活動。2012年半ばに株式会社インフラコモンズとして再スタート。国内の太陽光発電、木質バイオマス発電、石炭火力発電の案件形成、およびアフリカ(特にタンザニア)における天然ガス関連の案件形成のアレンジメントを行っている。空港民営化の海外事例、代替的都市交通の海外事例研究なども行う。

趣味・その他

テキストと画像を組み合わせた表現に興味があり、Tumblrで色々と試行している。最近、架空の紀行から出てくる俳句、短歌、短文がおもしろい。
音楽はテクノ系のポップミュージック、女性ヴォーカル、ストレイトアヘッドなジャズをテリトリーとしてきたが、学生の頃に親しんだクラシックへの興味が再燃。よく聴くのはバッハ、シューベルト、ショパン、ラヴェル、ベルク、ウェーベルン、マーラー。
軽いジョギングと筋トレを週2ペースで。腸内細菌バランス維持によるセロトニン分泌と免疫力向上に興味があり、ぬか漬けを自分で作る。味噌も大事。安くてうまいワインを探してきて飲む。予定を定めない旅行が好き。