ヴィジュアル、サウンド、テキスト、コードの間を彷徨いながら、感じたこと考えたことを綴ります。

復刻版 ウェブコラム:1997年「VRML1.0入門」(5)「VRML記述の基本」

»

復刻版 ウェブコラム:1997年1月「VRML1.0入門」(5)「VRML記述の基本」

VRML1.0形式では、1行目に、「#VRML V1.0 ascii」と記述します。

基本用語

ノード(またはオブジェクト)はデータの集合、フィールドはノードの構成要素です。
オブジェクトを一括して定義する「グループノード」には、GroupとSeparatorがあります。
Groupは、記述されている定義をまとめます。
Separatorでは、まとめられた中でのみ、座標変換等の定義が有効になります。
Separatorノード外での記述は作用しません。

色彩

RGBの相対値をxxxのように指定します。
フォトレタッチソフトや色変換ソフトで任意の色を表示させ、その値を利用することにより、簡単に記述できます。
モニタ上ではRが強調されます。また、背景色により錯覚が生じますから、厳密な記述をするには、ファイルを表示させながら調整します。
なお、ユーザ側のパソコンの機種や輝度、ビューワなどにより、表示はかなり異なります。色にこだわりたい場合は、ビューワを指定するのも一方法です。

座標

座標は、XYZで記述します。

回転

回転軸を座標で記述し、回転角度をラジアン(1πrad=180)で記述します。

原点移動

原点移動は、現在位置からの位置で記述します。

カメラ

指定がない場合、記述した全てのオブジェクトが視野に入るよう、自動配置されます。

リンク

HTMLファイルへのリンクは、1オブジェクトとして定義します。 マウスカーソルがアンカに重なったときブラウザのアンダーバーにコメントを表示させることができます。

文字

3次元テキストもリンク時のコメントも、英字のみ扱えます。

「VRML1.0 基本記述一覧」

1997年掲載当時のHTMLのキャプチャです。
クリックで、当時のHTMLファイルを表示します(IE3.0用に書いたHTML+CSSは、Edgeで表示できましたが、読みやすいように文字色は変更しました)。

vrml_property.png

目次ページに戻る

Comment(0)