10年以上の海外経験とIT知識を共有しアナタと一緒に成長していくブログ

Successful mind vol 7 - 成功する考え方シリーズ

»

今回は、元 Jリーガーで、現在はジェフユナイテッド千葉でキーパー・コーチを務める櫛野氏とのインタビューから学んだことを皆さんとシェアしたいと思います。

目標に向かっていく過程がとても大事

櫛野コーチが高校3年生の時に熊本県代表として全国高校サッカーに出場する機会があった。しかし結果は一回戦負けというものでした。結果は悔しいが、全国大会に出場するまでの過程がすごく大切で「どうすれば勝てるのか?」、「勝つためには自分はどうすればよいのか?」などを考える機会でした。そこ過程で人間としてもサッカー選手としても成長することができた。

プロになってからが本当の戦い

U-18, U-19 の日本代表に選ばれて海外へ行ったりした。しかし、プロになって最初の1,2年目はジェフでベンチにさえ入れない時期が続いていました。そのため代表のトレーニングや試合をしながらも本業であるジェフでのサッカーがどうしても気になる。今、考えるととても貴重な体験をさせてもらったと思うが、どうしてもジェフで試合に出るという目標が最優先事項となっていた。

いろいろな事を経験することで見えてくるものがある

今思うと、プロとして J1 と J2 の両方を経験できたことはとても大きかった。例えば J2 では選手達で洗濯をするチームもあれば、クラブハウスがないチームもあると言う話も聞きました。そのようなことを経験して、J1でプレーできたらサッカーができることに更に喜びを感じるのではないか。

S7-Kushino-san.jpg

では、次回もお楽しみに!

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する