ITとビジネスのおいしいところを考察 ~ ときどき開発業務改善ネタ

Windows Live FrameIt + デジタル フォトフレームで最高の親孝行を!・・・のその後

»

以前(6/4)に、

Windows Live FrameIt + デジタル フォトフレームで最高の親孝行を!

という投稿をしました。

この投稿時点では、私の手元にデジタルフォトフレームがあり、設定を行っている状況でしたが、その後無事に私の両親、妻の両親の自宅にプレゼント&設定を完了しました(6月に)。

どちらの両親のネットワーク環境ともに、常時接続(FTTH)でしたが、無線LAN機器はなく、有線のみでしたので、小型の無線LANルータも導入し、デジタルフォトフレームとルータ間のみで無線を使い、有線には無線経由からはアクセスできないようにしたり、ステルス機能などを用いたり設定をしました。

今では、普通にデジタルフォトフレームを通じ、わが子(両親にとっては孫)の最新の写真が、映し出されている状況です(^-^)

以前にも書きましたが最大の特徴は、自分の手元で、表示したい写真の増減、順序設定など自由にコントロールできることでしょう。両親に見せたい写真をこちらで選べるのが非常に効果的です。

朝起きたら、孫の昨日の写真を見ることができるなんてすごくいいですよね!

願わくば、もうすこし大画面だとよかったかもと思ったりしますが、もうそういう機器もでていたり(すみません、最近ウォッチしてません)。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

さて、私の両親ですが、すでに Windows 7 を使いこなしております。元々は、Windows XP のユーザーで、私がマイクロソフトに入社後に無理やり、Windows Vista にアップグレード インストール(特別問題もなくアップグレード)して使っていたのですが、それを Windows 7 にさらにアップグレード インストールしました。

実はアップグレード作業は、私が行いましたが、時間オーバーにて、アップグレードの最終段階にて、帰宅してしまったのです。まったく触ったこともない Windows 7 の新たな UI に戸惑うかな・・・と思ったのですが、なんの違和感もなく、すぐに溶け込めたようです。それだけよりフレンドリーな UI になったということでしょうか?普段から触り慣れているとなかなかわからないところがありますが、両親を通じ、そのあたりの改善も実感したりしました。

両親の Windows 7 に対する感想ですが、やはり、「起動が早い!」、「動作がキビキビしている!」でした。使用しているマシンは、もともと Windows XP プリインストール機です(たしか Pentium D、1GBメモリ)。

長沢智治 (@tomohn)

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する