鳥のように高いところからの俯瞰はできませんが、ITのことをちょっと違った視線から

PayPalの本人確認手続きの面倒くささにめげそうな1日だった

»

 海外のサイトでソフトウェアを購入したり、海外のオークションを利用したりというときには、なんとなく直接クレジットカード番号を入れるのが怖いので、PayPalやGoogle Check Outをよく使っている。

 対応しているサイトが多いので、PayPalはけっこう利用頻度は高い。ところが先日、不正と思われるアクセスだかがあったとかいうことで、突然PayPalアカウントの利用が大きく制限されてしまった。で、この解除の方法がかなり面倒なのだ。まあ、面倒なぶんだけ、安全性が高いのかもしれないが。しかし、ちょっとめげそうなくらい、もうこのアカウント捨てて新しいのにしようかと思った次第。

 まず面倒だったのが、クレジットカードの確認。これ、登録してあるカードにPayPalから少額の課金が行われる。で、1ヶ月後くらいにそれが決済された明細を見ると、当該の明細欄にパスコードが記載されているので、それをサイト上に登録するというもの。けっこうな時間待たされるし、最初はなぜかこの少額課金がうまくいかなかった。なのでこれを成功させるまでに、3ヶ月近くかかってしまった。

 次に面倒だったのが、本人確認。住所や名前がPayPalサイトに登録しているものと一致する書類を提出し承認してもらうのだが、これがかなりややこしかった。まずは、本人確認と言えば定番の自動車運転免許証をスキャンして送った。そうすると、サイトに登録してある住所と名前がローマ字表記であり、運転免許証と一致しないのでダメだという連絡のメールが。仕方がないので、サイトの登録住所を漢字に切り替えた。で、名前のほうは漢字にしてもいいけれど、クレジットカードはローマ字表記だしなぁと。そもそも、「ペイパルアカウントの氏名をローマ字から日本語表記に変更するには、誠にお手数ですが、カスタマーサービスまでご連絡ください。」と、カスタマーサービスからのメールに書いてある。このメール読んだだけで、なんだか面倒だ。

 ということで、パスポートならローマ字表記だと気付き、今度はパスポートをスキャンして送った。そうしたら、今度は「所持人記入欄」が確認できないとの返信メールが。そんなページ、数年使ってたけど記載していなかったよ。仕方がないので、そこに名前と住所を記入してスキャンして送り直し。もう1つ、住所確認用に公共料金の領収書も必要とのことで、電気料金のお知らせをスキャンして送った。

 さあ、これでいいだろうと思って待っていたらまたカスタマーサービスからメールが。クレジットカード支払い公共料金のお知らせは、領収書じゃないので利用できないとのことだ。先のメールをよく読んだら、たしかにそんなようなことが書いてあった。公共料金はすべてカードで支払っているので、領収書がないということに気付く。もう、かなりめげそう。

 初心に返って、パスポート(名前や生年月日のページと所持人記入欄のページ)と自動車運転免許証(表裏)の2つをセットにして送ってみた。一連の書類のスキャンとアップロードは、今日の朝からの作業。そして、最後のこの2つの書類のアップロードで、今日はどうやら時間切れか?

 ちなみに、この書類が無事に承認されて無事終了ではない。書類が承認され住所の確認がされたら、1、2週間後に確認した住所宛にパスコードが郵送されてくるそうだ。それをサイトに登録して、やっと終了となるらしい。まだまだ、先は長くなりそう。こういうやりとりをしていると、住基カードなりで簡単に個人確認できる安全な手段を、是非とも確立して欲しいと思うところだ。

Comment(2)

コメント

その後ですが、本人確認書類は、運転免許証、あるいは、パスポート+公共料金領収書ということで、運転免許証とパスポートの組合せはダメだとのこと。で、結局、名前を漢字にPayPal側で変更して対応してくれました。これで、あとは、パスコードが郵送で届くのを待つだけです。

おかやま

はじめまして。だいぶ前の記事のようですが、PAYPALでまさに「めげそう」だったところにもしや解決策があるかも、と思い訪問させていただきました。

結論はやっぱりダメなようですね、アメリカ向けE-コマースやってるのに、PAYPALないからEbayが出来ず、Amazonしか出品できずにおります。
私の場合は光熱費を自分の名前では払っておらず、さらに海外に在住ということで半分あきらめてますが、これだけ厳しく審査するところなら、ペイパルみたいなビジネスはまだまだこれから伸びるのでしょうね。

IT系のブログなんですね、、ITが私の最も苦手とする分野だと思っているのですが、簡単な店舗の地図と経歴だけ載ってればいいというHPを立ち上げたいのですが、1ページ3万とか言われ、多言語だとそれに翻訳プラス、自分でできないこともないらしいのですが、そりゃあ私が3人いればね、いろんなことができるのに、とテックに詳しい人がうらやましく思ってます。  
とても興味のある記事をかいていらっしゃるので、ゆっくり読ませていただきます! 突然愚痴って失礼しました。

コメントを投稿する