IT業界を四半世紀見てきたジャーナリストのこだわりコラム

2010年、印象に残った言葉

»

 2010年もあと少し。またまた1年ぶりの更新になってしまいましたが、昨年に引き続いて、この1年間、新聞・雑誌・テレビなどで見聞きして印象に残った言葉を記しておきたいと思います。

「表現は技術を観せるものではない」
(女優 桃井かおり 氏)

「指導は上り坂で荷車を押すようなもの」
(帝京大ラクビー部監督 岩出雅之 氏)
※帝京大ラクビー部を初の大学日本一に導いた

「苦しいと思うまで突き詰めたら道はひらける」
(IBMフェロー 浅川智恵子 氏)
※“ITのバリアフリー”研究の第一人者

「人間の歴史は虐げられた者の勝利を忍耐強く待っている」
(インドの詩人 タゴールの言葉)

「むずかしいことをやさしく
 やさしいことをふかく
 ふかいことをおもしろく
 おもしろいことをまじめに
 まじめなことをゆかいに
 そして ゆかいなことはあくまでゆかいに」
(劇作家 故・井上ひさし 氏)
※2010年4月9日に亡くなった

「建築の独創的発想に欠かせないのは、美しさや本物を見抜く審美眼。文学や哲学、美学、音楽などで磨いておかないといけない」

「好奇心の原点は感動と探求心。好奇心が知識を得る力となり、知的資産の総量がまた新たな好奇心を生む」
(以上2つ 建築家 安藤忠雄 氏)

「パーをセーブしよう、ボギーを打たないようにと考えるより、全ホールでバーディーをとりにいこうと考えた」
(プロゴルファー 石川 遼 氏)
※2010年5月に開催された男子プロゴルフ・中日クラウンズの最終ラウンドで、18ホールのツアー最少新記録となる58(12アンダー)をマークして優勝したときのコメント

「仕事は量をやらないと質は高まらない」
(漫画家 故・石ノ森章太郎 氏)

「嫉妬は自分のものさし」
(放送作家 鈴木おさむ 氏)

「毎日ワクワクするようなシーンに出会っていたい」
(動物写真家 福田幸広 氏)

「小さな苦しみは愚痴を生む
 大きな苦しみは知恵を生む」
(菩提寺の壁に掲げられていた一文)
※吉野家ホールディングスの安部修二社長が心に響いた言葉として挙げた

来る2011年、明るい年になりますように……良いお年を。

Comment(2)

コメント

日本人に関する '有ること' と '無いこと'。

感性があって、理性がない。
感想を述べるが、理想を語らない。

現実の内容はあるが、考え (非現実) の内容はない。
事実は受け入れるが、真理は受け入れない。

実学 (技術) は盛んであるが、哲学は難しい。
実社会の修復はあるが、理想社会の建設はない。

現実の世界は信頼するが、非現実の世界は信じない。
現実の内容を再現すれば、それは模倣である。
考え (非現実) の内容を実現 (現実化) すれば、それは創造である。
模倣力はあるが、創造力がない。

「今ある姿」を語るが、「あるべき姿」は語らない。
私語・小言は好むが、公言・宣言は好まない。
歌詠みは多いが、哲学者は少ない。

丸暗記・受け売りの勉強はあるが、考える力・生きる力がない。
学歴はあるが、教養はない。
序列判断はあるが、理性判断はできない。

学歴は序列判断の為にあるが、教養は理性判断の為にある。
学歴社会というのは、序列社会の言い換えにすぎない。
序列順位の低いことが恥と考えられている。サムライ社会のようなものか。
理性がなくても「恥を知れ」(Shame on you!) と叱責を受けることのない恥の文化が存在する。

民の声を代弁する議員は多いが、政治哲学はない。
総論 (目的) には賛成するが、各論 (その手段) には反対する。

理想 (非現実) は、現実に合わないと言って受け付けない。
現実の内容を根拠にして、理想を捨てる。
意見は個人個人で異なる。だが、小異を挙げて、大同を捨てる。

恣意 (私意・我儘・身勝手) が有って、意思がない。
恣意の力 (大和魂) に期待をかけるが、意思の力は認めない。
意思決定は困難を極め、多大な時間を浪費する。

「個人の意見は通らない」と言うが、個人を選出する意味が理解できていない。
意思があれば、手段がある。意思がなければ、手段はない。

この国には、何でもあるが、ただ一つ夢 (希望) がない。
この国には、現実はあるが、非現実がない。
日本語には現実構文の内容だけがある。日本語脳は、片輪走行である。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812

tonounagao

来年も鋭い視点での記事をお願い申し上げます。

コメントを投稿する