ACCS久保田が著作権ほか普段感じていること

なぜ著作権は「無視」されがちなのか

»

著作権を巡る議論の中に、「現在の著作権法のあり方は変だから、無視して構わない」という考え方があるように思えて、気になっています。法律は、国民の代表が国会で審議して作られます。国会に上がる前には、何時間、何十時間にも渡る審議会の議論を経ています。つまり、民主主義の手続きに則って、コストと時間をかけて法制化されているわけです。他の法律制定と同様、この手続きの具体的な進め方に批判があるのは承知していますが、それは別問題です。

ところが、著作権法の議論になると、なぜか、法に関するこうした前提をないがしろにするだけでなく、法を破っても仕方ないと言った議論になりがちのように感じます。もちろん、著作権法のあり方に反対を含め意見を言うことは自由です。言論を戦わせることは民主主義手続きの前提でもあります。でも、民主的な手続きを経て決められた法を無視することは許されません。ビニール傘には所有権はないと考えるのは自由ですが、だからといって他人のビニール傘を勝手に持っていたら窃盗(泥棒)です。

著作権法が「無視」されがちになるのは、おそらく、第30条によって私的使用目的の複製が認められていることで、多くの人が著作物のコピーに、体験的に慣れてしまっているからだと想像します。しかし、私的使用目的の複製は、あくまで著作権を制限する例外的な規定であって、基本的には、コピーするときには著作権者の許諾が必要です。そういう特例部分だけを抜き出しさらに拡大解釈することは、法律の読み方としても論理的思考としても間違っているのです。

著作権法をめぐる議論の中には、残念ながら、勉強不足から来る間違いや誤解などが目立つように思います。特に教育現場の先生の中には根強い誤解が残っていますが、このことは追々書いていきましょう。ともかく、多くの人が著作権に関心を持って発言をすることは民主的な手続きを行う上でとても重要なことですから、これからはACCSとしても、これまで以上に分かりやすい広報啓発活動が求められると感じています。

Comment(8)

コメント

あと感情的には廃盤のCD、絶版の書籍なんかだと「誰も損してないから良いだろ」とか思っちゃいますよね。傘を盗んだら困るひとがいるだろうと想像できるけど売ってない賞品の売り上げは下げようが無いですからね。法をやぶっても仕方が無いというよりは何故これが法をやぶることになるのかが感覚的に理解できないわけで。誰も損をしていないじゃないか、と。
著作権がらみの話で一番理解しがたいのはそういったコピーによって「消費者が得をした分」がつまり「損害」なのだという理屈ではないかと思うのですよ。実際これこれこのような流れで儲けが減るのだと説明することが不可能なものに関してはやはり罪の意識など持ちようが無いし、どう考えてもビニール傘の窃盗と並べるのは無理があると思う次第です。

これからは質問するぞ

「私的使用目的の複製は、あくまで著作権を制限する例外的な規定であって、基本的には、コピーするときには著作権者の許諾が必要です。そういう特例部分だけを抜き出しさらに拡大解釈することは、法律の読み方としても論理的思考としても間違っているのです。」という部分は全く間違っています。法律の読み方としても論理的思考としても正しくありません。厳しい言い方で申し訳ないのですが、こういうミスリードなプロパガンダをされることが著作権関連の団体が支持を得られなくなりつつある原因の一つだと思います。
今の法制下では、著作権の規定が例外的なのであって、制限規定はその例外なのですから、むしろ原則なのです。著作権の規定の方こそ例外規定だから厳格に解釈されなければなりません。
そもそも、情報は共有されるのが前提で(それが有体物と情報の大きな性質上の違いでもあります)、憲法上保障されている表現の自由やそれに含まれる「知る権利」などは情報が共有されることを前提としています。しかし、創作のインセンティブを確保するために、「例外的に」一定の範囲内で独占を認めて情報の共有に制限をかける。これが著作権です。だから著作権こそ現行の法体系では例外なのです。法文上の「権利の制限」という言葉や権利条項の後に「制限規定」が置かれていることで、やたらと制限規定を例外と強調される方がおられますが、それは間違いです。著作権から見れば例外かもしれませんが、現行の法体系からみれは、制限規定はむしろ原則に近いものです。

↑それはつまり憲法以外の法律は、全部“例外”規定だという理屈なんでしょうか。

一言申し上げます

「この手続きの具体的な進め方に批判があるのは承知していますが、それは別問題です。」とされておりますが、確かに形式的には別問題とはいえるものの、非常に重要な関連性を持つ問題ではあります。審議会や国会で議論される前提となる資料が権利者やその団体による恣意的な内容であった場合、審議結果及びその成果としての立法の正当性の根本が揺らぐことになるからです。いわゆる「レコード輸入権」の審議の際も、権利者団体から荒唐無稽な「需要予測」なるものが示され、これを前提として議論が進められましたが、制度が導入された後、当初から指摘されていたとおり、その予測が全く荒唐無稽なものであったことが改めて明らかとなっています。貴殿らが推し進めてこられた中古品撲滅運動も(すでに過去の話なのでどうでもいいことではありますが)業界が何かそれによって特別に損害を被っているのではないかという感覚のみで動いており、具体的な根拠が薄弱だったことが失敗の一つの要因となっているといえましょう。今回の記事にも「思えて」であるとか「感じられます」といった表現があります。貴殿がそうした感覚を持つことは自由ですが、感覚を根拠にして制度改正を求めたりすることはやめていただきたい。客観的で実証的な根拠を元に議論してください。
また、傘の窃盗と著作権侵害を同一視する議論について、私も不適切だと考えます。著作権侵害は物を盗むことと同じことだと主張したい気持ちは、物の世界における従来から存在する倫理観にも訴えることができるという意味では全くわからないわけではありませんが、しかし、やはり有体物と無体物の性質の根本的な違いについてはきちんと認識しながら議論する必要があると考えます。

そんな難しい話なのかな

「ビニール傘には所有権はないと考えるのは自由ですが、だからといって他人のビニール傘を勝手に持っていたら窃盗(泥棒)です。」

これは間違ってないと思うのですが、ビニール傘は購入すれば、あとはどう使おうが自由で、ビニール傘のメーカーから「断りなしに他人に貸与してはなりません」とか「無断でビニール傘のレンタルで商売することは法でかたく禁じられています」なんて、堅苦しいことは、まず言われない。

しかし、こと著作権になると「CDやDVDを、対価を払って購入した」という手続きを踏んだにもかかわらず、「コピーをしてはいけません」「他人に貸与する際には権利者の了解を得なければなりません」って、青筋立ててお行儀について注意される。

これが単純に「お金を払ってるのに」って感覚になるんだと思う。
しかも、お行儀を注意される中で今回のビニール傘の例えのように「あなた、それって窃盗ですよ?」なんて言われるものだから、「なんでお金払ってるのに、泥棒扱いされるの?」って気分になってしまう。

ビニール傘なんかを例えに出すから、尚更、著作権に関しての理解が進まないんだと思います。

CDやDVDや、問題集でも写真や絵画でも何でもいいんですが、「購入する際に支払ったお金は、何に対して支払ったものか」が、ビニール傘とは根本的に異なるのでしょうから、まずは、そこのところを理解してもらえないと、永遠に不正コピーの何が問題なのかは、理解されないと思いますね。

私も、CDに対して払ったお金が、その後どう使われるかは何となく想像がつきますが、「CDと引き替えに払ったお金で、私が何を買ったのか」は、よくわかりません。

いずれにせよ、バカみたいに「あなた、それ窃盗ですよ? 訴えちゃいますよ?」と消費者を脅すだけでは、理解も進まないし、第一、消費者の反感を買うだけではないですかね。

あまり関係ないかもしれませんが

「法律は、国民の代表が国会で審議して作られます。国会に上がる前には、何時間、何十時間にも渡る審議会の議論を経ています。つまり、民主主義の手続きに則って、コストと時間をかけて法制化されているわけです。他の法律制定と同様、この手続きの具体的な進め方に批判があるのは承知していますが、それは別問題です。」
「特例部分だけを抜き出しさらに拡大解釈することは、法律の読み方としても論理的思考としても間違っているのです。」
この部分を見ていて思ったのですが、Winny裁判においてWinnyを開発して配布したことが著作権侵害の幇助と認められたことが、
「法の拡大解釈ではないか?」
「悪いことであるのならば、それを無理なく裁ける法を手順に従って整備することが先ではないか?」
という議論がありましたよね。
私が感じた印象では、著作権者の側にはてっきり「著作権を守るためなら法を拡大解釈してもかまわない」という考え方があるのかと思っていましたので、意外でした。
「法を拡大解釈することは許されない。文句があるなら法を整備してから言え。それまでは厳密に法を守れ」というのであれば、ソフトを配布しただけで、著作権侵害の幇助にあたる、という拡大解釈に対しても、同様にお感じになったのでしょうか。
興味深いところです。
ところで、
「民主的な手続きを経て決められた法を無視することは許されません。」
とお書きになっておられます。
実にまっとうなご意見です。
しかし後に書かれている、
「そういう特例部分だけを抜き出しさらに拡大解釈することは、法律の読み方としても論理的思考としても間違っているのです。」
これを断言されるのはいかがなものでしょうか。
「法を無視することは許されません」と前置きすることで、さりげなく「法を無視すること」と「法を解釈すること」を同様に並べ、やってはいけない、と断じているように伺えます。
法とて、文章ですから解釈はしないわけにはいきません。
さらに拡大解釈の「拡大」の範囲も憲法9条やWinny裁判を例に出すまでもなく、多種多様な意見があるように思えます。
筆者個人の感覚で「法の拡大解釈」=「法を無視すること」=「許されない行為」と三段論法で、断じるのは、それこそ健全な議論を封じる横暴のように思えます。
拡大解釈を許す、許さないを決めるのは、民主主義では「誰」あるいは「どういう手続き」だお考えでしょうか?
少なくとも、アタナではないと思います。
なんというか、法や民主主義を盾にとって、「法の拡大解釈は許されません!」という私見を、「民主主義社会の法律ではそう定められているのです!」と強弁しているように感じました。

web2.0ですな

早速、仲間のITブロガーから反論くらってますな。知的財産に詳しい弁理士の栗原さんがこうおっしゃっているわけですが。
著作権は所有権ではない
http://blogs.itmedia.co.jp/kurikiyo/2007/03/post_4291.html
「人の傘を勝手に持って行ってはいけない」という話と「人の著作物を勝手にコピーしてはいけない」は、結論は似てますが理由付けが異なります。
「安易なたとえを使うことは本質を見誤らせることになりかねない」

誰も民主主義の手続きを経て形成されてるとは思ってないんじゃないですか。

コメントを投稿する