知的好奇心を満たすために、いろいろなことにチャレンジする

WindowsでiPadを外部ディスプレイとして使ってみる

»

iPadのAir Displayは、iPadをMacの外部ディスプレイとして使用するソフトです。Macを持っていない私には、指をくわえてさびしく見ていました。そのような時に、"Windows 7とiPadのイイ関係"に、Windows版(BETA)もでたと記事があったのでThinkPad X201sに入れて使ってみました。

Air Displayを購入してiPadにインストールします。次にAir DisplayのWindows版のsupport softwareをダウンロードして母艦側のX201sにインストールします。

両者を同じ無線LANのところに入れます。次にAir Displayの設定ソフトを起動させて、接続したいiPadを指定します(ここではkiyoshiのiPad)。

iPadの位置はDisplay Arrangementで設定可能です。これでiPadがWindowsの外部ディスプレイとして設定できます。

純正のキーボード立てでは、ディスプレイ間の隙間(キーボードがじゃま)と高さがいまいちでした。それでもiPadを使ってデュアルディスプレイができます。Twitter等の様に眺めるだけのものはiPad側に表示すればディスプレイをさらに大きく使用できます(それならiPad用のソフトを...)。

若干iPad上のディスプレイは遅いですが、ThinkPad W710dsに手が出せなくてもX201sで簡易にデュアルディスプレイできるのはちょっとうれしいです。ポータブルな無線LANルータを使えば外でもデュアルディスプレイができますよ(iPadを自立させるためにカバー関係が必要ですが)。

画面が広ければ広いほど作業は効率は上がるため、Air Displayはちょっと面白いですね。

iPad関連

MacBook Pro 15インチ(Early 2011)を購入した(3OSによるJavascriptベンチ編)
MacBook Pro 15インチ(Early 2011)を購入した(Windows編)
MacBook Pro 15インチ(Early 2011)を購入した(Mac OS X ベンチ編)
Macの製品出荷パターンを調べてみた
スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼンの感想
MacBook Air 11インチと他メーカの10インチ以上&1.1kg以下のミニノートとスペック比較してみた
Sandy Bridge搭載のMacbook Proを購入すべきか考察してみた...もしくは衝動買いに対する論理武装(言い訳)
"iPadがやってきたから、もう一度ウェブの話をしよう"の感想
オライリー本をiPad(ePub形式)で読む
iPadでePubファイルを読んでみる
iPadレビュー~もう少し軽ければな~
NVIDIAのメディアタブレット戦略
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する