SNSに関わる人すべてがwin-winの関係になるための構造をブロックチェーンで作り出す!

CAS Smart CityがXYO Networkと連携

»

xyo article 3.jpg

テクノロジーが大幅に進歩し、私たちの日々の生活のほとんどがそれによって制御されています。家庭で使用する製品から私たちの住む都市を機能させる様々なマシンに至るまで、テクノロジーはその中心的な位置に存在しています。都市の成長に連れて、都市における技術面における進歩への需要も高まります。都市に住む人々の生活の利便性を図ることにより都市の生産性を高めるような、効率的なシステムが求められています。Smart Cityとは未来であり、これまでに500以上の都市がSmart Cityシステムの実装計画を発表しています。中国では、CAS Smart Cityが中国の都市におけるSmart Cityテクノロジー開発の最前線に立っています。

Smart Cityとテクノロジーとは何か、またなぜそれが必要なのか?

Smart Cityイニシアチブは、市民がクオリティの高い生活を保ちながら、都市機能が可能な限り最高レベルの効率性を達成するようデザインされています。Smart Cityの開発においては、スマートテクノロジーの使用とともに、都市において日常的に収集されるデータが鍵となります。データを分析し、提供されたデータに基づいて都市に改善が施されていきます。データは、例えば街路灯やパーキングメーター、また信号機など様々な地点で収集されることになります。その後このようなデータを用いて都市内部の特定の機能に変化をもたらしていきます。

大都市では交通管理に関する課題に直面しています。人々は時に数時間にも及ぶ交通渋滞にはまります。データ収集端末を埋め込んだ街路灯により収集されたデータのおかげで交通パターンが詳しく分析できるようになり、これを使用して特定の道路を利用するのに最適な時間帯に関する情報を政府や都市の人々に伝えることができます。このシステムにより交通状況がリアルタイムに更新され、道路を利用する人にはどのルートを避けるべきかが分かるため、結果的に移動にかかる時間を短縮することに繋がります。公共交通機関もSmart Cityテクノロジーを活用して、より正確な出発時間および到着時間を計算することができます。スマートテクノロジーによるリアルタイムの更新で、例えばバスの場合にルート上で何らかの遅延に遭遇するかどうかの計算に使用可能な情報が与えられ、その結果利用者は特定の場所への到着可能時間についてより正確に知ることができます。

Smart Cityテクノロジーは環境の保全にも着目しています。テクノロジーにより廃棄物回収システムが改善されると汚染が削減されます。データの提供を受けると、廃棄物回収業者はどの時間にどの場所にいる必要があるかを具体的に知ることができるようになります。スマートテクノロジーにより廃棄物回収トラックの自動化が現実的なものとなるでしょう。都市が消費するエネルギーの量もテクノロジーにより最適化することができます。人でも乗り物でも、交通の往来がない時に街路灯の明るさを落とすことによりエネルギーを節約することができます。送電網にもスマートテクノロジーを搭載すれば、オンデマンドにより都市の特定のエリアに電力を供給できるようになるでしょう。

スマートテクノロジーにより収集された情報の保管方法や、その情報が他にどのようなものに使われる可能性があるかについての懸念も持たれてきました。中央集中型のデータベースはハッキングの対象となりやすく、そのような大量のデータが犯罪者の手に渡れば悲惨な結末となるでしょう。また中央集中型のデータベースは公共の透明性が保証されないため、データの収集について人々が懐疑的になる可能性があります。Smart Cityシステムが最高水準の効率性を実現するためには、それに対する市民の信頼を得られなければなりません。

Smart Cityテクノロジーがブロックチェーンと出会う

CAS Smart Cityはブロックチェーンの最初の暗号化ロケーションネットワークであるXYO Networkとパートナー関係を結びました。XYO Networkはもののインターネット(IoT)を対象としたCAS Smart Cityのビッグデータ管理プラットフォームを通して、将来的に自動化され、結び付けられた中国の都市に確実性に基づくロケーションデータを提供します。このパートナーシップにより中国における様々なSmart Cityアプリケーションの開発が可能になります。車など多様なもののロケーションを使用することにより、XYO Networkは現行のCAS Smart Cityの既存インフラに対して情報を伝えます。

XYOの共同設立者であるMarkus Levinは「我々がSmart Cityを構想した時、それはすべてのものが繋がり、またリアルタイムの情報によりすべてにおいて今よりも効率性がずっと高くなるというものですが、アイテムが具体的にどこに所在するかをリアルタムで示してくれるブロックチェーンに基づくロケーションデータを持つことが極めて重要であることに気が付いたのです」と話す。「CAS Smart CityはそのIoT管理プラットフォームを通して利用可能な、最も先進性の高い考えを持つテクノロジーをいくつか備えており、我々は弊社のロケーションデータで近隣地域や町、そして世界中の自治体を結び付けるために欠けている要素を提供できると信じています。」

CAS Smart Cityには現在インフラが整っており、中央司令プラットフォームのみならず、IoTセンサーを取り付けた電柱も含まれ、とりわけWiFiやナビゲーション情報の提供が行われています。同社の代名詞でもあるSmart IoT Light Pole(スマートIoT電柱)は小型の測候所および電気自動車の充電スタンドの役割を果たしています。

CAS Smart Cityでは幅広いレンジのアプリケーションについて、40ものコアとなる知的財産権も所有しています。XYO Networkのブロックチェーンに裏付けられたシステムと組み合わせることで、新たなデータ収集メソッドの開拓や、ブロックチェーンのセキュリティを介した市民データの安全性を保証することにより、CAS Smart Cityの全体的なパフォーマンスが向上するでしょう。

XYO Networkは今年前半、サンディエゴ市により提供されたデータに基づいて具体的に交通フローと駐車場のアプリケーションを構築するためのハッカソンを開催して話題となりました。どの車にもロケーション実証端末が搭載されている場合、交通量は減り、空いている駐車場を探すのに苦労せず、ドライバーはパーキングメーターを操作しなくても決済できるという理論でした。

ブロックチェーンテクノロジーは、Smart Cityイニシアチブに対し、その開発を促進する大きな推進力を与えることでしょう。Smart Cityの開発に必要とされるソリューションはXYO Networkのシステムを通じて容易に見つかるでしょう。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する