ビジネスとお父さん業のスキルを向上するIT活用術

鉄道グループのIoTへの挑戦(ビーコン×ビッグ/リアルデーター×スマホ)

»

 西武鉄道駅ナカ商業施設 『エミオ石神井公園』で、沿線サービス向上のための、沿線、施設内のビーコン情報を活用した「提案型情報提供」の実証実験を開始するとの発表があった(11月20日)。
「エミオ石神井公園情報アプリ」https://itunes.apple.com/us/app/エミオ石神井公園情報アプリ


 日本の鉄道会社というと、私の若いころには、


パルコなどで彼女と食事と買い物をしてクリスマスイブには赤プリに泊まり、冬には苗場万座プリンスに泊ってスキーをして、
品川プリンスで結婚式をあげ、家族で国立、大泉、小平などの学園都市に住んで、子どももが大きくなったら近くの大学に通わせ、軽井沢に別荘を建てて、、、、。


と、リゾート、住環境、流通に新しい風を吹き込んでくれる存在であった。

それは、新しい日常であり、憧れのライフスタイルだった。(ちなみに私は、高校生の頃の、毎日パルコでエレベーターボーイのアルバイトをしていた)


 そしていま、鉄道グループは、「IoT (Internet of Things)」による沿線住民、お客様へのサービス強化と沿線地域の経済の活性化に積極的にチャレンジしている。
 ここ一年の鉄道グループ各社は、多くの顧客、沿線住民向IoT関連サービス、研究、実証実験を実施している。
 鉄道利用者には、
お忘れ物自動通知サービス、トイレ/コインロッカー空き状況、駅の混雑状況/車内温度の配信、混雑具合や災害などに対応したダイヤ変更、駅周辺や地下街のビーコンを利用した目的地案内、ゲリラ豪雨予想から列車の遅延を予見し利用者に復旧見込み情報や迂回ルートと休憩場所(近隣飲食店)情報とクーポン提供、踏切新入検知/映像リアルタイム提供

などを行い、沿線住民には、

自宅の監視カメラ映像のスマホ配信、スマホによる自宅のカギ開閉/照明の点灯/ロボット掃除機や家電の動作、スマホを持たない児童・高齢者の位置情報提供、高精細な「4K」動画に対応した2ギガ通信サービス、沿線スーパーでのテレビ会社提供レシピ連動食材案内、宅配や高齢者ケア、災害発生時対応、Google Home向けの家電との連携キットやサービス

を実施している。

そんな中で、こんかい実証実験が開始されたのが、

「沿線、施設内のビーコンを活用した提案型情報提供」だ。

利用者の視点から見ると、

・通勤通学などで電車に乗っている時や、駅周辺、バス停、にいるときに、クーポンや店舗、商品情報が(プッシュで)表示
・クーポンや店舗、商品情報は、自分の趣味趣向に合っているもののみが、都合が良いと思われるタイミング(途中下車。現在地の近く、季節、時間帯など)で通知

を目指したサービスのようだ。
 ビーコンは、駅や関連施設、バス停以外にコカ・コーラの自動販売機に取り付けられたものも利用する。
 このサービスの良さは、利用者にとっては、

「自分に関係ないものが膨大に届くメールと違い、利用者の行動情報や趣味趣向に基づいてそれぞれにメリットがあると思われる情報のみが、適切なタイミング、場所で表示(通知)される」

ことにある。


 一方、サービス提供者側にとっては、サービス向上、集客などの直接的な経済効果以外に

「スマホアプリ登録、クーポン利用、来店情報などの"地域特化型リアルデーター"で、今後、新しいサービスを提供できる」

ことが重要だろう。

AIスピーカーやアマゾン、SNSでは収集できないリアルデーターの価値は大きい。

 沿線のスマートホームや、急速に成長する駅ナカ・駅チカビジネス、増加するシニア層や一人当たりの消費の増えているこども向ビジネス、そして、急激に増加する海外からの観光客を取り込んだサービスなど、
今後も鉄道各社の「リアルデーターを利用した魅力的なサービス提供」への挑戦に注目したい。

<参考情報>

〇西武鉄道駅ナカ商業施設 『エミオ石神井公園』でBeaconを活用した実証実験を開始
~提案型情報配信プラットフォームの構築を目指し、沿線サービス向上に向けた取り組みを推進します~(11/20 : 西武プロパティーズ、テックファームホールディングス)
http://www.seibupros.jp/news/2017/-beacon.html

「エミオ石神井公園情報アプリ」https://itunes.apple.com/us/app/エミオ石神井公園情報アプリ

<けんじろうとコラボろうのカテゴリ別記事一覧>

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する