ビジネスとお父さん業のスキルを向上するIT活用術

今年の抱負(年賀状):今年も家族と仕事で、ポジティブにパワフルに

»

あけましておめでとうございます。

 昨年も多くの方と家族の支えがあって、波乱万丈ながらも順調な1年をおくることができました。ありがとうございます。

仕事面では、ソフトウエアを量販する新しい部を持って、結果としては大きな実績を上げ、
立ち上げを行ったIBM.comブログも「企業Webアワード」得ることができまました。

家族とは、

・家族全員でホノルルマラソン完走
  (小学校6年の息子は、私と走り昨年より1時間短縮した6時間3分)
・次女が大学受験に成功し長女と同じ大学へ入学
・娘二人が自宅を出て、アパート暮らしを開始
・はじめて”息子と二人で海外旅行”(ラスベガス&グランドキャニオン)

など、安定して家族をサポートしてくれている妻の支えがあって、家族全体は順調な1年だったと言えるでしょう。

私の病気も、ツイッターのおかげで、ほぼ完治しました。

 さて、今年ですが、

ブロガーとしては、TO20位前後を毎月キープし、

仕事面では、二つの部を持ちながら新しいスキーム(営業の仕組み)を作り上げ、

「メンバー個人の遣り甲斐、生きがいの向上こそが組織全体の業績向上に結びつく」

というマネジメントスタイルの実証、実践をさらに進め、
私自身は、グローバルなビジネスマンとしての自分を本気で作り上げます。

また、家族に関しては、

今、お父さんべたべたの息子が中学生(姉たちと同じ地元の市立中学)になって、恐らくグレたり、反抗期になることが予想されることと、

娘たちが家から出て、長女は津田塾に在学したままロンドンの国立大学に留学する予定であることから、「子どもたちとの新しい関係作り」と、さらなる「緊縮財政」を妻と二人で取り組んで行きたいと思います。

今まで通り波乱万丈の1年になるでしょうが、全ては老後に私がベストセラー小説家になるための礎になるものと考えて、

「ポジティブにパワフルに」活動していきますので、昨年同様よろしくお願いします。

<関連記事>

新年の挨拶と今年の抱負

新年のご挨拶と「妻が作る年賀状のセンス」に唸る

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する