ビジネスとお父さん業のスキルを向上するIT活用術

新年のご挨拶と「妻が作る年賀状のセンス」に唸る

»

 新年あけましておめでとうございます。 

<ブロガーとして>

今年も

・ソフトウエア業界としてのWeb2.0とコラボレーション

・IT企業のビジネスマンのスキルとリーダーシップ

・IT企業に勤める父

の3つのロールから、極力、実在する人の工夫、経験、視点で、

最低、週一回のペースで投稿していきたいと思います。よろしくお願いします。

<ビジネスライフ>

さて、ブログとビジネスであるが、今年は、

・IT企業の経営社層の方10人以上、現場を知るマネージャー10人以上と飲み、そのノウハウを習得すると共に、ブログにて紹介

・Web、メール、インバ・アウトウンドコール、ビジネスパートナー様、リアルタイムコラボレーションと営業をコラボさせた新しいビジネススキームの構築

に挑戦するつもりだ。 実は、もう一つ、最も大きな挑戦をするが、タイミングを見て公開したい。 いずれにしても、全ては「IT業界と家族の中での自分の価値を高める」ことを目的として動きたい。 業績、収入は自然とついてくるだろう。

<私の人生の満足と妻の作る年賀状>

     クリックで拡大 ↓

Forup_2 さて、私の幸せは家族との日々の生活だが、その家族の近況紹介を、妻が、毎年とても洒落た年賀状で表現してくれている。(左:クリックすると実物大で表示)

 IBMに来てから年賀状を出すことが少なくなったが、それでも妻と私で300枚程度の年賀状を出しているのでとても助かっている。 今年、妻が作った年賀状を紹介し、新年の挨拶に変えさせていただきたい。

 年賀状にしては情報量が多いので、仕事上の付き合いの方や私のように老眼の入ってきた方にはつらいだろうが、妻が作る年賀状は、去年の話題、流行語をうまく取り込んで、実にうまくまとめられている。 このブログの紹介も入っている。

2009年の年賀状 → 新年のご挨拶と「妻が作る年賀状のセンス」に唸るhttp://blogs.itmedia.co.jp/kenjiro/2008/01/post-56d1.html 

-----<2008年年賀状文面> ---------

*子(70才:Wiiスポーツ年令)

私の故郷、宮崎は「東国原旋風」ですが、私の体重は「そのまんま」で「どげんかせんといかん」状況です。「メガマック」の誘惑を避け、ウォーキングやスポーツジムで汗を流し「ビリーズ・ブートキャンプ」も試しましたが、平気で菓子を食べてしまう、私の「鈍感力」が勝っているみたい。

 「脳トレ」より脂肪とれ!「年金」とるなら脂肪もとれ! 大好きな韓国に行って「ギャル曾根」の様に食べたいわぁ!

賢治郎(45才:イニシャルもK.Y)  

 骨髄移植するだ、ぎっくり腰だ、女子高生の娘二人と買い物・映画だ、息子とお台場だミズーリだ、管理組合理事長だ、ホノルルマラソン完走だ、と相変わらず「大ハード4.0」な週末を送っています。

 最近、帰りが早め (夜11時頃)なのですが、「ネットカフェ難民」にならない程度に「亭主元気で留守がいい(古っ!)」 です。 付録だか「ブログ」だか知りませんが「けんじろうとコラボろう」(IT Media)や「ミクシー」やっているらしいので時々「炎上」させに行ってあげてください。

**(9才:こちらもK.Y) 

 平日は学校、サッカー、プール、児童館での遊びで楽しみ、週末はお父さんと一緒にお台場、「ポケモンイベント」「キッザニア」、ボーリング、バイクの後ろにのって近くの本屋で立ち読みと、元気だけは「メジャー」級。寝ても「おしりかじり虫」にかじられているように元気で、とても寝相が悪く、朝起きると「オッパッピー」よろしくパンツ一丁になってます。今年も「トゥギャザーして」あげてね。(欧米か!

***(16才)

 昨年は見事に第一志望の高校に合格。 高校は楽しいかと聞いても「別にィ」と「エリカ様」的な返事しかかえって来ませんが、セーラームーンのようなミニスカートで登校し、楽しそうにバスケ部の話をし、大切そうに「1円携帯」を抱えて寝ているのをみると、楽しんでるようです。

 お弁当は毎日、電子レンジだけで作る「偽造」弁当ですが、今年は、流行の「虐待弁当」のような凄いのを、手作りしてあげようかな。

***(***:18才)

 亀田ならぬ「吉田3兄弟」の長女は空手部で関東大会出場するなど、大学受験なのに「そんなの関係ねー」って感じで、部活ばっかり。

 受験生に留守番させてハワイだ、鴨川だ、韓国だと家をあける親に「どんだけー」と驚いていますが、良い友達と先生に恵まれてきたので心配していません。(心配しろ!)

-------------------------------------------

Forup2 ちなみに、3年ほど前のものも参考までに紹介しておこう。 これらは、残念ながらパワーポイントで作成している。 来年の年賀状はSymphonyのプレゼン作成機能で作らせたい。

メールやブログで年賀状代わりにするのも一般的になってきたが、やはり、はがきで出す方が気持ちは伝わりやすいだろう。

 2009年年賀状→ 「新年の挨拶と今年の抱負http://blogs.itmedia.co.jp/kenjiro/2009/01/post-741c.html

Comment(2)

コメント

KO

奥様のセンス最高です!!軽妙な語り口は只者ではない・・・。
しかしこれだけ流行語が巧みに使われていると何年経っても楽しく見返せますね!
同じ画像の年賀状も届いたりと年々独自性無くなっていくのが年賀状ですが、こりゃぁ楽しいですなぁ。私も今年は技を盗みたいです(と言って簡単に盗めるもんじゃない・・)
けんじろうさんのご家族も拝見できましてありがとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。

KO-san
 お褒めいただきありがとうございます。
 今年も、公私共々よろしくお願いします。
 来年は物理的な年賀状お送りしますね。
コメントありがとうございました。

コメントを投稿する