ビジネスとお父さん業のスキルを向上するIT活用術

「Googleブック検索」で本を読み「アラート」で継続する~ネットで本が好きになる(4)

»

 子供への本の読み聞かせの重要性、注意事項、選び方からネットでの本の選択までを書いてきたが、お父さんの読み聞かせと子供の読書を継続していくためのネットの利用方法を紹介しておこう。

①「Googleブック検索」で本を読む(プレビュー)

 子供に読む本の半分は図書館で調達するとしても、どうしても買わなくてはならないものが子供の成長と共に増えてくる。一般に本は1000円から1500円するのだが、お父さんのお小遣いの中での、やりくりなので本選びは慎重になる。

 そんな時に便利なのが

Googleブック検索http://books.google.co.jp/books

 だ。このサービスでは、本のプレビューが可能で、実際の本をネットで読むことができるのである。もちろん、

全てのページを読める本は限られているが、本の選択という意味では強い味方だ。まずは、お父さんが試してみてから、子供達にも平日に見るように薦めてあげるといいだろう。

 以下に「Googleブック検索」で、絵本や子育て本の一覧が出るように設定したリンクを入れておいたので試してほしい。

クリックすると本のイメージで表示され、それぞれの本を選ぶと実際の本を読むことが出来る。

○Googleブック検索の絵本一覧

○Googleブック検索の子育て本

②書評がメールで送られて来る「Googleアラート」

 次に、読書を継続していくことに非常に役立つのが「Googleアラート」だ。

私は「ビジネス本 書評」というキーワードにヒットしたものが、毎週、自分のメールに届くように設定してある。例えば、子供のメールボックスに「児童書の書評」が毎週届くように設定しておけば、子供は、そのメールを見るタイミングで本を読むきっかけが作られる。

以下のリンクをクリックして、自分のメールアドレスを入れると児童書の書評が定期的に届くので試してみて欲しい。

Googleアラート 児童書の書評がメールで届く設定

③ネットの書評サイトを利用する

 日頃は、①、②のみでいいだろうが、時々、書評サイトを見て子供に読ませたい本を選んでみよう。 様々なサイトがあるが、私のお勧めは以下である。

・オンライン書店ビーケーワン 「よい絵本」<学校図書館協議会選定>

・レビュージャパン 絵本・児童書

・書評空間 絵本/児童書

・ブック・レビュー・ガイド 絵本・児童書ランキング

・Googleニュース 児童書の書評

・絵本、児童書のブログsmart pretty life

<関連記事>

3歳から12歳までのお父さん業で重要だったこと~ネットで本が好きになる(1)

本の読み聞かせの効果と本の選択~ネットで本が好きになる(2)

子供用のお勧め本サイトと公共図書館サイトの活用~ネットで本が好きになる(3)

Comment(1)

コメント

sage

12:14 - 12:24 インターネットカフェ(デルガマダス)

コメントを投稿する