ビジネスとお父さん業のスキルを向上するIT活用術

3歳から12歳までのお父さん業で重要だったこと~ネットで本が好きになる(1)

»

 今思い返してみて、小学校卒業までの子育てでお父さんの役割として重要だったのは、

・寝る前の「本の読み聞かせ」と「シリトリ」(学力、コミュ、親子関係の基盤)

・いつまでに、どうする、という目標だけ合意し、あとは口を出さないという姿勢(ついつい教えたくなるんです)

・いつでも、どこでもおんぶと抱っこ(親への安心と信頼)

 の3つだったと思う。その中でも、基本的な学力の向上と親子関係の基礎作りという意味では、「寝る前の本の読み聞かせ」が最も重要だ。

<本の読み聞かせの重要性>

 お父さんの本の読み聞かせは、テープの朗読では代用できない。

 大好きなお父さんの優しく暖かい声と、頭に思い浮かべた物語のイメージを結びつけることで、本の楽しさを知るからだ。

また、

「お父さんの本の読み聞かせ」により、子供達は

・人格、社会性のある価値観やモラル

・文章やテストの問題の意味・意図を読み取る力

・漢字を読む力

・主人公の視点で疑似体験することで、相手の視点で人とコミュニケーションする力

などの基礎学力をスムーズに養うことができるのだ。

 そして、お父さんの読み聞かせによる楽しく心が満たされる体験は、子供の心に一生残り

「親子の基本的な信頼関係」

を作り上げる。

 私は娘たちが幼稚園に入る前ぐらいから小学生の間は、寝る前に本の読み聞かせをしてあげた。

 平日は子供が起きている時間までに家に帰ることが出来なかったので、土日だけだが一緒に布団に入って読んであげた。本が読み終わると寝るまでシリトリをやるので、私も一緒に寝てしまうのが嫌で時々手を抜いたが。(シリトリも者の名前を覚えることに非常に役立っただろう)

 結果、子供達は本がとても好きになり、高校に入ってからは週に1、2冊だが小説や新書を読むようになった。 本をよく読んでいたおかげで、二人の娘は、ほとんど塾いらずという金銭的なメリットもあったように思う。また、私と娘たちが良い関係(もちろん喧嘩も多いが)でいられるのも、本の読み聞かせの効果だったと考えている。

 先ほど、大学に通う長女に「なぜ、そんなに本が好きになったのかを教えて?」とメールを送ってみたら以下の返信が来た。 多少、私に気を使っているところもあるだろうが、携帯電話から送られてきたメールを原文のまま引用する。

--------------------(原文ママ)---------------------------------------------

 やっぱり寝る前に読み聞かせをしてもらってたのが大きいんじゃないかな? 本に触れる機会がないと自分で読もうとも思わないしね。

 子供の頃に読んでもらった本ですごく覚えているのは「ドラえもん からだのふしぎシリーズ」だね。

 絵がたくさん入ってて、ほとんどマンガみたいなものなんだけど、知識が得られるようなやつ。

 マンガだったからすごい読みやすかったしわかりやすかったし、それで知識が得られるのが楽しかったように思う。

 それで「よく知ってるねぇ」ってほめてもらえたりとか!笑 やっぱりほめてもらえると嬉しいもんだからね~子供は単純だから。

 要は親の力って大きいわけよ。自発的に本読もうと思う子供なんていないからねぇ。

--------------------------------------------------

 そういえば、娘たちにあれほど本を読んであげたのに、息子(小学5年生)には最近、読んであげていない、今日から、またはじめよう。(反省)

 明日は、「本の読み聞かせ」の注意事項と本の選び方について紹介する。

続き → 本の読み聞かせの効果と本の選択~ネットで本が好きになる(2) 2/10 8:30

    → 子供用のお勧め本サイトと公共図書館サイトの活用 2/12 8:30

子育てとIT、ネット問題の記事一覧 → 子育てとIT、ネット問題 http://blogs.itmedia.co.jp/kenjiro/cat3829472/index.html 

Comment(9)

コメント

いつも参考にさせていただいてます。

今回のお話も、子どもにどう本を読むのを好きになってもらおうかと悩んでいた私には、とても参考になりました。

しりとり、読み聞かせともに小学校入学以前はよくやっていたのですが、ここ最近は「忙しい」ことを理由にやらなくなっていたので、反省することしきりです。読み聞かせは今日からでも復活させたいと思います。

私が娘の子育てで留意したのは、2点。「人見知りをしないこと」「場所見知りをしないこと」。
そして、耐性を養うために「柔道」を習わせ(私も一緒に始めました)。コミュニケーション力を持たせるために、「外人の友達」をつくり、自分を慰めるために、「ピアノ」をやりました。
すべて、私が率先して行い。それに娘がついてくる。という形です。
アプリオリ・アポステリオリなどといいますが、生得的なことを刷り込んでしまうのが父親の務めだと思っています。

私は読み聞かせをしてやらなかったので、上の娘は、ほとんど本を読まずに育ってしまいました。
でも高校生になってから、携帯小説を読み(?)はじめ、そこから本を買うようになりました。
本を好きになるかどうかは、幼少期の育ち方に大きく起因すると思いますが、
高校生になってからでも、本を読むようにはなるんですね。
 
ただ、風呂の中でいろんな話を聞かせてやることだけは、自分なりに意識してやりました。
そのせいか、年の割に世の中のことを意外とよく知っていて、
そうは見えませんが、新聞のニュースもそれなりに読んでいるようで、
大学は社会学系統に進みたいと言っています。
 
だからなおさら、もっと本が好きになるように努めてやれていればよかったなぁと思っています。

吉田さん、このブログと関係ないコメントですみません。メールアドレスがわかりませんでしたので、この場を借りて、お礼を申し上げます。先日のIBMセミナーありがとうございました。久しぶりにibm.comの話を聞け、また、皆さんがweb2.0を有効に使いながら仕事をしている姿を見ることができ、大変刺激されました。昨年沖縄で「チャットコールセンター」運営会社を立ち上げましたが、まさにIBMが今回トライしていることをアウトソーシングで請ける会社です。今回のセミナーは、非常に参考になるとともに、弊社でも同じことで苦しんでいることもあり、共感を得ました。今後もITメディア風呂がーミーティングなどの機会でご一緒させていただけることもあるかと思います。よろしくお願いいたします。

noko

お久しぶりです。ブログはずっと読ませてもらっていましたが、なかなか投稿できず・・・。
「寝る前の本の読み聞かせ」、私もまさに父からそうやって育てられ、今だに本好きでいられることに感謝している体験者の一人で、今の
職業にも繋がった理由の一つだと思っています。
そこで、明日のテーマの参考になったらと思い投稿させてもらいました。
私のお勧めするシリーズと題して
①筑摩書房「ちくまプリマー新書」
②理論社「よりみちパン!セ」
③岩波書店「岩波新書」「岩波ジュニア新書」
④ナツメ社「図解雑学」シリーズ
 (社会科学と自然科学に分かれています)
⑤創元社「知の再発見」シリーズ
これらは小学生から高校生まで幅広く読めます。小学生なら①~③は「読み聞かせ」で、④⑤は図やカラーの絵が多いので自分で読めると思います。
今の子ども達は、多忙でなかなかまとまった時間が取れないといいますが、10分でいい、集中して本を読む時間を、できれば毎日、持って欲しいと思うのです。
因みに今は全国的になった「朝読書」、千葉県が発祥の地なんですよ。

ひとぴんさん
 この記事が、本の読み聞かせのきっかけになったのであれば、嬉しいです。
 コメントありがとうございました。
スポンタ中村さん
>「人見知りをしないこと」
>「場所見知りをしないこと」
>耐性を養うために「柔道」を習わせ(私も一緒
>に始めました)。
>コミュニケーション力を持たせるために、「外人の友達」をつくり
 素晴らしい。パーフェクトですね。
私の場合、場所見知り、人見知りという意味では、年に一回海外に英語圏の言葉と文化になれることも兼ねて連れて行きました。 これは非常に効果があったように思います。
 これからも、コメントよろしくお願いします。

中村さん
なるほど、ケイタイ小説から本に入っていくという手もありそうですね。親との関係強化を除けば、何歳からはじめてもいいのだと思います。
>風呂の中でいろんな話を聞かせてやる
>ことだけは、自分なりに意識してやりました。

 これ、重要ですね。私も娘たちが小学校5、6年生までは一緒に風呂に入っていましたから、いろいろ話しました。
 10数える間、暖まるというものの変りに、九九を言わせるなんていうものもやってました。

 何が正解なのかはわからないのですが、考えられる限りのことをやっていきたいものです。
 コメントありがとうございました。

一瀬さん
 ご来社いただきありがとうございました。
 dotcomと、そこで働く人たちの価値向上にフォーカスして活動しています。
 しかし、Contact Centerに関しては素人です。ブロガーMeetingなどで継続的に情報交換できれば幸いです。 よろしくお願いします。

nokoさん
 本の情報ありがとうございました。
 「朝読書」は息子は今でもやっています。ついでに私も7時40分ぐらいには会社に行って、8時頃まで読んでいます。猛烈に集中できますね。

コメントを投稿する