高校の娘が学校裏サイトとやらで攻撃された。

 攻撃の内容は、私のような第三者(親だが)から見れば、極めて些細なものだ。無視すればいいのではないかと思っていた。また、この件があるまで、「裏サイト」とか「2チャンネル」というものを知らず、もちろん、見たことも無かった。うちの若者から「吉田さん2チャンで話題になってましたよ」と聞いたことはあったし、学校裏サイトも先月に娘と見た金八先生で見たイメージぐらいしか、持っていなかった。

 書込みの内容は以下のようなものだ。(学校などが想定できる発言を削除してある。言葉尻もなおした)

<誹謗中傷の内容>

「、、○○(私の娘の実名)って、いろんなところで、みんなの悪口を言ってるらいしいよ」

「○○(くん)に色目つかってない?うざいよね。 ○○(くん)も無理に付き合わずに○○(私の娘の実名)を無視すればいいのに。」

「○○(娘)の顔ってヒドクない? 臭そう。 誰か教えてあげなよ」

「話すとブスがうつりそうだから、いやだ。 目が変だよね。鼻も」

   :

 この他にも、もっとひどいことが書かれていたが、このブログを読んでいる皆様の中で、私の娘が実際にそうなんじゃないかと先入観を持たせてしまう可能性もあるので、ここには書かないことにする。

 とにかく憶測に基づいた誹謗中傷や攻撃的なメッセージが断続的に書かれてきたらしい。

 私は娘に

「これだけ書かれるってことは、実際、そう思われるようなことやってるんじゃないの? 3人が同じこと言ってるジャン。 だいたい目立ちすぎるんだよ。いろんな委員長とかリーダーシップとってるから叩かれやすいんだよ」

と心ないことをいってしまったが、

「3人が同じこと書いてるんじゃなくて、一人の子が一人二役してるんだよ。 こうやって悪口が好きな人を集めて、人数を増やしていくのが作戦なんだから。そして次は、”みんな言っている”と自分たちを正当化して攻撃してくるのよ。」

「実際にやっているなんてありえない。委員長だって、やることが悪いとは思わないし、お父さんの血だから、目立つのは、しようがない」

と言い返された。 確かにその通りだ。

 また、学校裏サイトなんか見なければいいんだ、と言ったのだが、

「裏サイトなんか見ないよ。だけど、クラスや部活で”おまえ、昨日ひどいこと書かれてたぜ”とか、”みんなの悪口を言ってると書いてあったけど、本当なの?”と聞かれて裏サイトに自分のことが書かれていることが噂として伝わってくる。 それも、裏サイトに書かれていることに、さらに尾ひれがついてひどい噂になるのが耐えられない」

とのことだ、なるほど。

<誹謗中傷を書いた者にメールを送ってみた>

 自分の子供が不幸な境遇にあるのがわかりながらも無力であることほど辛いものはない。裏サイトで攻撃されている娘の父として何が出来るだろう。

 このサイトはハンドル名にはメールアドレスが組み込まれており(任意)、ハンドル名を選ぶとメールが送れるようになっている。 

 しかし、ほとんどの書込みが「名無し」などのハンドル名なのだが、3人のうちの一人は、なぜか、ちゃんと固有のハンドル名がいれてあった。 しかし、私の娘を攻撃するコメントのところにメールアドレスは登録されていないようだ。 

 そのハンドル名の過去のコメントを追ってみると、宿題情報交換のコメントのところでメールアドレスが登録されていた。(ハンドル名を選ぶとメールアドレスが取得できる)

 少し不自然な感じもしたが、メールでラブレターを送ってみた。 どうせ、ダミーだろうが。

「あなたが、○○学校の掲示板で攻撃の対象にしている○○さんは、私の娘です。 私が愛する娘に対する、このような書き込みを見ていると、とても辛いのです。 恐らく、それほど悪意はなく、軽い気持ちで書いているものと思いますが、やめていただけないでしょうか。 私の気持ちを理解ただき、ご協力ください。 よろしくお願いします。」

送信してしばらくしても、エラーは返ってこなかった。メールアドレスは、存在しているようだ。

<何と返信が来た>

 驚いたことに翌日にメールの返信が来た。内容は、”そのような書き込みをした覚えがない”というものだった。 しらばっくれている、と思いながらも丁寧にやりとりを続けた結果、このメールの相手は20代の会社員であり、あのコメントを書いた本人ではないことがわかった。

 しかし、完全なダミーではない事から考えると、裏サイトで私の娘を誹謗中傷している者は、この会社員とメールでやりとりしているか、この会社員がどこかのサイトに書き込みしたのを見て、そのメールアドレスを使ってコメントしている可能性がある。

 そこで、その会社員のアドレス帳の中の高校生に対して「私のアドレスを使って、掲示板へ書き込んでいる人がいることがわかった。あなたのまわりに、そのようなことをしているかたがいたら、連絡してほしい」とメールを送ってもらうことと、この会社員が、なんらかの書き込みをしたサイトでメールアドレスがわかるところに、同様のメッセージを書いてもらう約束を取りつける。 少しは効果があるだろう。

さて、次に、私の娘を攻撃している裏サイトに私自身が実名でメッセージを書き込んでみることにした。

次回に続く → 娘を攻撃する学校裏サイトに親としてメッセージを書いた結末

○ 「子どもをネットから守り、ネットで育てる」がアマゾンで予約開始。11/15追加)

○ 青少年のネット問題に関する記事一覧青少年のネット問題

○ お父さんの子育てに関する記事一覧 → 子育てとIT

(*本記事は、半年以上前にこのブログに投稿するために書いたものですが、身内の恥と思い、公開をやめていました。 最近の「学校裏サイト」の多くの投稿を見て、思い切って公開することにしました。 記述が進行形になっていますが、ご理解ください。

けんじろう

Special

- PR -
コメント
ooki 2008/05/14 14:48

僕は、褒められて伸びる方なので、こういった誹謗中傷には堪えられませんねぇ。
イジメは昔からありますが、学校内でクローズしていました。このように不特定多数(しかも全世界)に向けて発信されると、校内で陰口を叩かれるよりもキツイのではないか、と思います。

> お父さんの血だから
すみません、不謹慎かも知れませんが「ニヤッ」となってしまいました。

吉田 賢治郎 2008/05/14 19:48

大木さん
 娘はしっかりしているので、まだ、いいのですが、八方美人の私には耐えられないと思っています。
 「お父さんの血」は良く言われます。言われると、なんだか嬉しい気もします。(^^)
 コメントありがとうございました。

ファーストレディー 2008/05/14 21:10

こんばんは。
こういうやりとりが実際にある場合には、よっぽどじゃない限り、そっとしておくのが一番良い終結方法だと思っています。
そうしないと、別の所へ移動して、さらにエスカレートした内容ではじめるのが、多いからです。
娘さんは、お父さんの事を信頼しておられるんですね。(=∩_∩=)
それだけでとっても良い親子関係が見え隠れして、いたずらよりもそっちが目をひく日記でした。
いずれにせよ、、、相手は吉田さんの家庭が羨ましいんじゃないかなあ。
根拠はないけれど、直感でそう思いました。

通りすがり 2008/05/14 21:14

匿名で申し訳ありません。

> しかし、ほとんどの書込みが「名無し」などのハンドル名なのだが、3人のうちの一人は、なぜか、ちゃんと固有のハンドル名がいれてあった。 しかし、私の娘を攻撃するコメントのところにメールアドレスは登録されていないようだ。

ということは、たまたまハンドル名がかぶってしまっただけなのではないでしょうか?

吉田 賢治郎 2008/05/21 00:24

ファーストレディさん
コメントありがとうございます。
次の投稿で書きましたが、どうしてもアクションを起こしてしまう性格でして、、、この時はたまたま収束しましたが気をつけなくてはいけないと、思っています。
 家族は確かに仲がいいのですが、他の人が一緒の時は、家族どうしで会話をしないようにしています。B型家族(5人全員)なのでまとまりないですし(^^;) 

吉田 賢治郎 2008/05/21 09:23

通りすがりさん

>匿名で申し訳ありません。
 ウエルカムです。

>たまたまハンドル名がかぶってしまっただけなのではないでしょうか?
 おそらく、コメントを書き込むときに、他人のメールアドレスを入力したのだと思います。

 コメントありがとうございました。

ピーター 2008/05/23 01:58

先日、私の先輩に悪口を言われているかもしれないと、つい相談のついでに、口走った際に、すごい良いアドバイスをもらいました。
ちょっと参考になるかわかりませんが、、その人が言うには、、
「それはOOさんが、怖いからだよ!」 
「怖いって色々あるけど、例えば組織の上司が怖かったり、自分ができないことを簡単にやっちゃう人が受け入れがたかったり、価値観の違う人の言うことは考えたくもなかったり・・」
「いろいろあるけど、それってその人を理解しようと言う気持ちを離れて、安全な場所にいたいと思う普通の心理なんだと思う・・」
「どうすればいいか?って簡単で、その人を怖がらせないように、色々な人に心から話しかけ、その人を受け入れる方向に向かう・・・」
「言うと簡単なんだけど、実は難しいよね(笑
「でもどうすればいいか分かれば、なんとかなるよね!がんばってね」

・・・と言われ・・なるほど!と思いました。
すごい参考になったので、ちょっと匿名で書いておきます。

ピーター2 2008/05/23 03:00

わかずらい文章になっていました。
スイマセン、、00 は、自分(ピーターの事です)

pokki- 2008/06/04 18:07

ひどいですね。匿名性だと何でもするというのが日本人というようなところがありますね。
裏を返せば、真正面では何も言えない日本人でもありますね。みんな恥ずかしがり屋で、内気です。

気にしないと言うのが一番だと思いますが、学校と言う狭い社会の中大変でしょうが、それに打ち勝てたら、大海に出たらいくらでも大きく生きることが出来るようになると思います。
鍛錬とも言えるかも知れません。

吉田 賢治郎 2008/06/07 21:41

ピーターさん
 コメントありがとうございます。
 私の能力不足で内容が理解できませんが、心の持ち方が大切だということですね。

吉田 賢治郎 2008/06/07 21:45

pokki-さん
 いい意味でも、悪い意味でも日本人は内気で謙虚で恥ずかしがりの人が多いようですが、それをいい方に向けられるように親も先生も努力していくべきなのでしょう。 
コメントありがとうございます。 

ゆうや 2008/11/11 15:18

僕もいじめられていたのでその気持ちはよく分かります・・・ウェーン・・・娘さんによろしく伝えてください

吉田 賢治郎 2008/11/11 17:22

ゆうやさん
 娘に伝えておきます。 このようなコメントはとてもうれしいです。 ありがとうございました。

こぶん 2009/01/28 10:43

私も小、中学でいじめにあっていました。
こんなお父さんだったらよかったけど、悪い両親じゃないけど楽観的で真剣にとりあってくれなかったので自殺未遂しちゃいました。
みんなのお父さんがこんなスーパーダディだといいですねぇ。
まだ一歳だけど、現在は娘がいるので学校に入ってからの参考になりました。
闇サイトなんていらないのになぁ。
みんな直接あって話せばいいじゃないか。
昔っからみんなそうしてたのに。

竹中さくら 2009/04/25 21:02

はじめまして。
竹中さくらと申します。

全国の仲間と協力して、NPO「いじめから子供を守ろう! ネットワーク」のメルマガを執筆、発行しています。

いじめに苦しむ子供や親御さんに参考になりますので、
けんじろう と コラボろう!のブログを
紹介してもよろしいでしょうか。

また、できましたら、経験者として吉田さまのほうで、いじめ解決のために何かいい助言を一言いただけると助かります。

よろしくお願いいたします

竹中 2009/04/26 18:24

はじめまして。
竹中さくらです。

わたしは全国の仲間と協力して、NPO「いじめから子供を守ろう! ネットワーク」のメルマガを執筆、発行しております。

大変、参考になります。

吉田さんのご経験を紹介させていただいてもよろしいでしょうか。

吉田 賢治郎 2009/04/26 20:42

竹中さん

 コメントありがとうございます。
>けんじろう と コラボろう!のブログを
>紹介してもよろしいでしょうか。
 もちろんです。 よろこんで。 ぜひご活用ください。
 要約したものが、日本の論点2009にも掲載されていますので、必要ならご覧ください。

>吉田さまのほうで、いじめ解決のために何か
>いい助言を一言いただけると助かります。

 今は、仕事と本の執筆が忙しく、ブログの投稿が出来ない状況なのですが、
 まぐまぐのメルマガを購読申込しましたので、本ブログの記事として書きたいと思います。 よろしくお願いします。

竹中 2009/04/27 10:02

吉田さま


>要約したものが、日本の論点2009にも掲載されていますので、必要ならご覧ください

拝読しました。

非常に分かりやすく、内容的にも説得力がありますね。

5/13日号で紹介させていただきます。

ありがとうございます。


>まぐまぐのメルマガを購読申込しましたので、本ブログの記事として書きたいと思います。 よろしくお願いします。

「いじめから子供を守ろう! ネットワーク」の記事を書いていただけるということなのでしょうか?

吉田さまのような経験者の方にそうしていただけると、助かります。

以前にも、いじめ経験者の手記を連載したことがあるのですが、

単発でも、連載でも、いじめを解決された方の記事は、非常に勇気づけられます。

書かれるようでしたら、事務局のほうにも
ご一報くださると助かります。
よろしくお願いいたします。

fあf 2009/07/07 18:27
ブタウサギ 2011/09/24 16:29

それ!やめときな!

秘密 2012/04/20 17:14

>いかないほうがいい
嘘つきがいっぱいいますよ
さべつがおおい

2012/12/09 16:50

私は、mかもしれません。
学校へ行っても「いじめてください。」って感じですし・・・
まぁ、そう言う人もいますしね・・・。

小僧 2013/06/02 18:09

はじめまして。
誹謗中傷の相手がある程度想定されているなら
逆に捨て垢とって、そいつらを叩きに回れば
どうでしょうか?
守るより攻める方が強いし効果もすぐあがります。

集団が想定させるならそのうちのひとりを決めて
徹底的に叩く。
二度と関わりたいと思わなくなるくらいまで
潰す。仏心は禁物です。

吉田 賢治郎 2013/06/04 17:59

小僧さん

 コメントありがとうございます。

 相手がわからないところが、難しいところなのです。 勝手な想像で関係ない人を叩くことになっては、友達との関係も悪くなりますし。


コメントを投稿する
メールアドレス(必須):
URL:
コメント:
トラックバック

http://app.blogs.itmedia.co.jp/t/trackback/77444/12580398

トラックバック・ポリシー


» このブログのTOP

» オルタナティブ・ブログTOP



プロフィール

<!-- include:/kenjiro/profile_name.html -->吉田 賢治郎<!-- /include:/kenjiro/profile_name.html -->

吉田 賢治郎

日本IBM Web&SW.com事業部 部長
コラボレーションとビジネスのスキル、お父さんのIT利用、マネジメントについてお伝えします。

詳しいプロフィール

Special

- PR -
カレンダー
2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
Special オルタナトーク

2014年に向けて

エンタープライズ・ピックアップ

news094.gif 顧客に“ワォ!”という体験を提供――ザッポスに学ぶ企業文化の確立
単に商品を届けるだけでなく、サービスを通じて“ワォ!”という驚きの体験を届けることを目指している。ザッポスのWebサイトには、顧客からの感謝と賞賛があふれており、きわめて高い顧客満足を実現している。(12/17)

news094.gif ちょっとした対話が成長を助ける――上司と部下が話すとき互いに学び合う
上司や先輩の背中を見て、仕事を学べ――。このように言う人がいるが、実際どのようにして学べばいいのだろうか。よく分からない人に、3つの事例を紹介しよう。(12/11)

news094.gif 悩んだときの、自己啓発書の触れ方
「自己啓発書は説教臭いから嫌い」という人もいるだろう。でも読めば元気になる本もあるので、一方的に否定するのはもったいない。今回は、悩んだときの自己啓発書の読み方を紹介しよう。(12/5)

news094.gif 考えるべきは得意なものは何かではなく、お客さまが高く評価するものは何か
自社製品と競合製品を比べた場合、自社製品が選ばれるのは価格や機能が主ではない。いかに顧客の価値を向上させることができるかが重要なポイントになる。(11/21)

news094.gif なんて素敵にフェイスブック
夏から秋にかけて行った「誠 ビジネスショートショート大賞」。吉岡編集長賞を受賞した作品が、山口陽平(応募時ペンネーム:修治)さんの「なんて素敵にフェイスブック」です。平安時代、塀に文章を書くことで交流していた貴族。「塀(へい)に嘯(うそぶ)く」ところから、それを「フェイスブック」と呼んだとか。(11/16)

news094.gif 部下を叱る2つのポイント
叱るのは難しい。上司だって人間だ、言いづらいことを言うのには勇気がいるもの。役割だと割り切り、叱ってはみたものの、部下がむっとしたら自分も嫌な気分になる。そんな時に気をつけたいポイントが2つある。(11/14)

news094.gif 第6回 幸せの創造こそ、ビジネスの使命
会社は何のために存在するのでしょうか。私の考えはシンプルです。人間のすべての営みは、幸せになるためのものです――。2012年11月発売予定の斉藤徹氏の新著「BE ソーシャル!」から、「はじめに」および、第1章「そして世界は透明になった」を6回に分けてお送りする。(11/8)

オルタナティブ・ブログは、専門スタッフにより、企画・構成されています。入力頂いた内容は、アイティメディアの他、オルタナティブ・ブログ、及び本記事執筆会社に提供されます。


サイトマップ | 利用規約 | プライバシーポリシー | 広告案内 | お問い合わせ