最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

アウトプットに悩み、インプットのモチベーションも沸かないと嘆いているのなら、まずはアウトプットしてみることだ

»

「どうしたら、そんなに沢山のアウトプットが作れるんですか?」

「インプットを増やすこと。それに尽きると思うよ。」

「じゃあ、どうしたらインプットを増やせるんですか?」

「それは、徹底的にアウトプットすることだね。」

禅問答のような話だが、両者はそんな関係にあることは間違えない。

Input-Output-Event-Logo.jpg

たぶん多くの人が経験していることだと思うが、本を読めば、あるいはセミナーやイベントで話を聞けば、新しいことを知り、新たな気付きも得られるだろう。しかし、それは果たして自分の知識と言えるだろうか。整理する前のノートやメモを机に積み上げておくようなもので、いつか忘れてしまうだけだ。

また、本を読む、人の話を聞くにしても前提となる知識、あるいは、何らかの知識の枠組みがなければ、記憶にも残らない。つまり何が幹で、何が枝葉なのかを判断できないままに、メモさえも残せないこともあるだろう。

私は、そんなときに次のようなことを考える。

「この内容を他人に分かるように伝えるには、どう表現すればいいのだろうか。」

そんなことを考えながら、資料を読み、人の話を聞き、頭の中で自分なりの説明方法を考える。「他人に分かるように」が特に大切だ。自分だけが分かる表現やイメージではダメだ。他人にもわかりやすくなくてはならない。そんなことを考えながら話を聞いていると、幹と枝葉が少しずつ見えてくる。物事の本質が見えてくる。これは、単に受身としての読書や聴講ではなく、自分からとりにゆくインプットであり、これまでの自分の知識との連携作業とも言えるだろう。

そして、近くにあるノートや裏紙に、思いついたセリフやチャートを走り書きをする。そんなことを繰り返すうちに、これまでの自分の知識や以前聞いた話がつながりはじめ、そして再びセリフやチャートを書き直す。気がつけば、「なるほど!そういうことだったのか。」ということになる。

アウトプットを意識しながらインプットをとりにゆくことを私は「アウトプット思考」と呼んでいるが、インプットとアウトプットを一体化させる私なりのやり方だ。

そうやって描いたメモやチャートを講演資料やブログ用に書き起こす。もっとわかりやすく、もっと美しくと、アウトプットの完成度を上げようと試みると、改めて曖昧であったことや論理的な矛盾に気付かされることがある。「わかりやすく、美しく」を追求してゆくというのは、自分の知識の欠落を探す取り組みでもある。改めて資料やメモを読み返し、新たな情報を探して、その欠落を埋めなくてはならない。そういう行為が結果として知識の定着につながってゆく。

以前にもプログに書いたが、「美しい」資料は、相手のためでもあるが、何よりも自分の理解のレベルを客観的に評価する尺度だ。つまり、「美しい」は「理解している」と同義語なのだ。「美しい」という感覚はとても主観的なものであって、自分がそう思っても他人がそう思わないこともある。それは仕方の無いことだが、少なくともいまの自分にとって「美しい」を「理解している」を客観的に評価する最低限の基準として持ち続けることは必要だろう。言い換えれば、自分でも「汚い」と思う資料は、自分でも理解できていないし、相手にも伝えられない。世の中には、「中身が肝心」といって説明資料を適当に仕上げてしまう人もいるが、それは自分の曖昧さや矛盾をごまかす行為に過ぎない。

万人が受け入れてくれるであろう「美しい」を追求し、自分もそれを「美しい」と感じられるように試行錯誤を繰り返しながら感性を磨いてゆ苦ことも大切だろう。それは、内に秘めていてもできることではなく、自らアウトプットの場を作ることで実現する。例えば、打ち合わせでの発言やお客様への提案、勉強会やブログなどといった機会を自分で作り、他人の目に晒すことだ。それがアウトプットというものだ。そうすれば、いろいろなコメントや批判に晒される。それをまずは素直に聞き入れ、斟酌し、自分の美しさを磨く砥石にすればいい。

だだ、黙々と読書にふけることや話を聞くことがダメだというわけではない。そうやって、自分の中に潜在的な知識の広がり、あるいは概念の形成とでも言うか、混沌で曖昧な世界を拡げることは、大切なことだろう。それは、疑問や好奇心といったインプットのエネルギーを生みだす燃料になる。また、アウトプットをしようとするときインプットされた知識の断片をつなぎ合わせる接着剤の役割も果たす。

ただ、ビジネスの現場ではアウトプットすることが優先されるべきではないかと思っている。アウトプットしなければ、ビジネスにおいては自分の存在を証明できない。そして、アウトプットすればするほど、以降使える知識は枯渇する。一度使ったネタはそう何度も使えないと言うことだ。さらに曖昧や矛盾を思い知らされるから、インプットへのモチベーションが高まる。

アウトプットに悩み、インプットのモチベーションも沸かないと嘆いているのなら、まずはアウトプットしてみることだ。「カタチからはじめる」のだ。一生懸命勉強してからアウトプットするのではなく、アウトプットというカタチを作って、恥を掻き、己の未熟を人前に晒すこと。そうすれば、インプットへのモチベーションは高まり、インプットは増やさなくてはと思うようになるだろう。そうやって、知識というものは、自分の身体の一部になってゆく

【緊急案内】最新のITトレンドとビジネス戦略 1日コース 東京/大阪

ITソリューション塾のエッセンスを1日でお伝えする研修です。

テクノロジーのキーワードを辞書のように説明してもそれがビジネスにどのように役立つなんて分かりません。本研修では、ITの歴史をも踏まえながら、ITの現状と未来、そしてビジネスにどのような価値をもたらすかを、そこにどう対応すべきかをわかりやすく解説します。

研修教材は、いつものようにパワーポイントのソフトコピーをロイヤリティフリーでご提供させて頂きます。

東京・茅場町での講義となりますが、大阪のサテライト会場でも受講頂けます。

2016年2月19日(金)1日間

  • 参加費 37,800円(消費税を含む)
  • 会場
    • 東京・茅場町 (茅場町駅4番b出口より徒歩5分)
    • 大阪サテライト (大阪ビジネスパーク駅からは、4番出口より徒歩1分)

お申し込みはこちらよりお願い致します。

【最新版】最新のITトレンドとビジネス戦略【2016年2月版】

*** 全て無償にて閲覧頂けます ***

LIBRA_logo

【新規登録】新入社員研修のための2つの教材を登録しました。

新入社員研修のための教材を公開しました。基礎的なことですが、これだけは知って欲しいという内容をできるだけ平易な文章と図解で紹介しています。プレゼンテーションだけではなく、教科書としてMS Wordの解説資料も合わせて掲載しています。

まもなく始まる新入社員研修や基礎的なことが不安という方の復習用にもご活用下さい。

【ITの基礎】

  • プレゼンテーション(pptx形式:31ページ)
  • 教科書(docx形式:23ページ)

【情報システムの基礎】

  • プレゼンテーション(pptx形式:10ページ)
  • 教科書(docx形式:15ページ)

【更新】最新のITトレンドとビジネス戦略

人工知能に関連した記述を増やしたこと、および、ITや情報システムの基礎的な知識については、「新入社員のための研修教材」として切り出し、そちらでより詳しく解説しています。

【サービス&アプリケーション編】(204ページ)

*スマートマシンと人工知能について、資料を刷新致しました。

  • 2045年までのスマートマシンのロードマップを追加しました。P.119
  • スマートマシンが労働にもたらす影響について追加しました。p.126-128
  • 自動運転車の動向について追加しました。p.129-130
  • 人工知能についてのページ順序を変更しました。
  • 従来の機械学習とディープラーニングの違いを図表に組み込みました。p.149-150

【ビジネス戦略編】(86ページ)

  • 営業人材の育成について、「営業の能力モデル」についての解説を追加しました。( p.72-75)

【インフラ編】(246ページ)

  • 変更はありません。

LIBRA_logo

「ポストSIビジネスのシナリオをどう描けば良いのか」

Amazonでの予約が始まりました。出荷は、1月26日を予定しています*

これまでと同じやり方では、収益を維持・拡大することは難しくなるでしょう。しかし、工夫次第では、SIを魅力的なビジネスに再生させることができます。

その戦略とシナリオを一冊の本にまとめました。

「システムインテグレーション再生の戦略」

si_saisei_w400

  • 歴史的事実や数字的裏付けに基づき現状を整理し、その具体的な対策を示すこと。
  • 身の丈に合った事例を紹介し、具体的なビジネスのイメージを描きやすくすること。
  • 新規事業を立ち上げるための課題や成功させるための実践的なノウハウを解説すること。

また、本書に掲載している全60枚の図表は、ロイヤリティ・フリーのパワーポイントでダウンロードできます。経営会議や企画書の資料として、ご使用下さい。

こんな方に読んでいただきたい内容です。

SIビジネスに関わる方々で、

  • 経営者や管理者、事業責任者
  • 新規事業開発の責任者や担当者
  • お客様に新たな提案を仕掛けようとしている営業
  • 人材育成の責任者や担当者
  • 新しいビジネスのマーケティングやプロモーション関係者
  • プロジェクトのリーダーやマネージャー
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する