「入れ歯専門の歯医者」が実際の症例と治療、治療に対する考え方を紹介する記事を中心に書いていきます。

使えない入れ歯の咬み合わせを調整して使えるようにした症例

»

「部分入れ歯がグラグラして口の中に入れておけない」とおっしゃる60代女性Nさん。

 診察してみると入れ歯の適合は良好です。入れ歯を支えるバネも上手にできています。私が多少指で押したくらいではビクともしません。

 ところが「噛んでください」と言った瞬間、入れ歯全体がグラグラ動く。わかりました。噛み合わせが高すぎるのです。残っている自分の歯が全く使われず、噛んでいるのは入れ歯だけ。これでは過剰な力がかかってグラグラ動いてしまいます。

 入れ歯の噛み合わせが高い。しかしこの治療法が間違っているとは言えません。患者さん自身の歯が小さい、または低い場合に当院でも行なうことがあります。

 ただ上手くいく人と、今回のように上手くいかない人がいます。Nさんの場合、ご自身の歯の噛み合わせを考慮したほうがうまくいきます。そこで入れ歯の高さを大胆に1センチほど削りました。

 自分の歯と入れ歯がバランスよく力を分散して、うまく噛めるようになりました。「あ、これなら違和感なく噛めます」とNさんが笑顔に。後日お聞きすると食事が楽しめるようになったと喜んでくださいました。

今回行なったNさんの入れ歯の咬み合わせを調整する治療は保険適用で約4,000円でした(治療費は症状により個人差があります)。
_________________________________

壊れた入れ歯の修理は いとう歯科医院
http://www.ireba-ito.com/

東京都杉並区松庵3ー6ー3
℡03-3333-5389

JR中央線西荻窪駅 徒歩7分
駐車場:1台あり

午前 8:30~11:00受付
午後 14:00~17:00受付
予約制ではありません。来院した順に診させていただいています。

休診日 土の午後/木曜日、日曜日、祝祭日

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する