中堅IT会社の事業企画、経営企画、マーケ、営業、コンサル・・・雑多な経験とマルチタスクに翻弄される日々の徒然と気概をお届けします。

本当の意味でネット選挙を活用できたのは山本太郎氏だけだったんじゃないかと思う件

»

誰もが例えば、何の恨みもない人を「殴れ」と言われて殴ったりしたくはないものであって、自らの能動的な意志がなければ、やる気も何も起きないものだ。

今回「ネット選挙解禁!」とマスコミで散々騒がれて「これが投票率UPのトリガーになる」なんて趣旨のことをしたり顔で語っていたにもかかわらず、前回の参議院選挙も、僕の予想通り結局投票率は伸びなかった。ふふん。

結局、「ネット選挙」の恩恵を受けたのは、玉石混合のマーケター達によるSNSやWEB、メールマガジンなどの活用指南をしたベンダー達だけだったのではないか。

今回のネット選挙が低迷した理由は、「ネット」と一括りにされる様々なWEBツールの活用が、それらが持つ本質的な利点が、今の「選挙」という制度の本質とかい離していたからに他ならない。
というのも、「選挙」は平等な制度だからだ。さらに言えば一方向からのすなわち立候補者達からの情報発信の手段が増えただけなのだ。
それに比して「ネット」は本来、投票者の自由意思であらゆることを能動的に発信できるツールだ。すなわち、政治家の悪口も応援もあるいは立候補者から発信された情報も、受け取った後にどのように扱うか自由であるべきものだ。

けれど実際には、公職選挙法によって「ネット」の本来の動作を封じられた。ここに挙げる間でもなく、様々な自由を制限された。

その中で「ネット選挙」だ、イエー!なんて云われても、従来の選挙と何ら変わりない。自由がないから。平等だから。

本当に「ネット選挙」を盛り上げたいのであれば、重要なのは選挙期間ではなく、普段の議員活動や想いを「ネット」によって双方向で情報を発信して、受け取って意見交流あるいは評価をされるべきなのだ。

今回、本当の意味でネット選挙を活用できた当選者は、山本太郎氏だけだろう。彼は、選挙前からtwitterなどを通じて、様々な活動を行ってきて多くの人と生々しく対峙し、評価された

彼こそ、これらのツールが無ければ当選することは出来なかったのではないか。

誰かに言われて、ネット選挙に参加なんてしたくないし、SNSを使ったりはしないのである。
似非マーケターのしたり顔の解説は、不毛極まりない。先日、ワールドビジネスサテライトで放送されてたけれど。

<了>

-正林 俊介-


Comment(5)

コメント

武田聖宣

記事の趣旨に異論があるわけではないのですが、落選運動という意味で、ネットが活用された模様です。
宮城選挙区で当初のマスコミ予想では自・民候補が優勢でしたが、民主候補の過去の悪行がネットで拡散され、みんな候補が当選しました。
またビッグデータの活用例がTVで報道されていましたが、これらのように見えない所でネットは人々のコミュニケーションのあり方を変えていくと思われます。
今後実施される都道府県以下の地方選挙では、ご指摘の通り日常の政治活動をどれだけ地道にアピールできるかで、選挙におけるネット使用の巧拙が表面化すると思われます。

武田さん、コメントありがとうございます。ご指摘された民主党候補者のそれが悪行だったのかはともかく、SNS等を中心とした「ネット選挙」の理想形は本来、そのような自由な意見や評価を行い、シェアしていくことで「共感」されたものが民意として形成されるものであるのだと思います。
それと同時に、細則は別にして、公職選挙法の「平等な選挙」という理念が間違っているともいえないと考えています。自由であることは無秩序な劣悪な状況や権力・財力による恣意的な情報の創製にも繋がりかねないと考えるからです。
大切なことはどちらに軸足を置いて、代議制民主主義を運営していくのか?ということです。
「ネット選挙解禁」というあいまいなスローガンの元で、本来の「ネット」の優位性をガバナンスされてしまわないようにと思い、本稿を書いた次第です。

あとり

個人的には「(元)タレント候補は、逆風を受ける政党の看板を背負ってなければこの環境でも強いんだな」という感想を持っていましたが。
諸々の言動が支持された結果とはちょっと思いたくないような…。

武田聖宣

正林さん
「自由な意見や評価を行い、シェアしていくことで『共感』されたものが民意として形成される」、「無秩序な劣悪な状況」全面的に賛成です。正しく「わが意を得たり」です。
「『ネット』の優位性」・健全性を担保するものは、一にも二にも発信者の責任感だと考えています。感情に流され、根拠のない、無責任な言論ほど有害なものはありません。
一部のネット発言は憂慮に堪えないものがありますが、日本人の民度は根拠を示した健全な言論には共感が集まると期待しています。

あとりさん>コメントありがとうございます。彼が民主党政権時代から霞が関でずっとやってきたことを見て、僕にはとてもそんな風には思えないのです。かつてガッツ石松氏は落選しましたし、ドクター中松氏も当選したことはないですし...
武田さん>今後の「ネット」の行く末が楽しみですね。

コメントを投稿する