IT/PCを中心に様々な話題を振り返ることで未来を考える

日本のケータイに優れたアプリが生まれ難い理由とは

»

 tiwitterでnobiさんにコメントしたら、是非、ブログにって話なので、少しだけ膨らまして簡単に書きます。元ネタはこちら「以前からあった機能を「特別」にするiPhoneマジック」。

 ここでnobiさん、もとい林氏曰く

こうした革命が、閉塞感の漂う日本の携帯電話で果たして起きるだろうか。
NTTドコモは、新しい端末で進んだJavaScript対応などを実現してくれたが、
これも所詮、日本独自規格だ。
今、世界の次の世代のモバイルインターネットはiPhoneにしても、Androidにしても、PalmもPreにしても
HTML5とWebKitという世界標準に移行しつつある。

と書き、これに対してwirehead氏は
日本のケータイと世界的な流れになっているスマートフォンの違いはソフトウェアの品質にあるのでは?

と返信している。

 もちろん、両方の意見は、どちらも間違ってはいない。

 ドコモは現在ほどインターネットも発展しておらず、パケットあたりのコストも高い時代にi-modeを始めたため、自社ネットワークで閉じた世界を構築しながら、インターネットとのゲートウェイも用意するという手法を採用した。これは当時の判断としては間違いではないと思うが、発展性に乏しい事は自身でも理解いていたはず。
 しかし、携帯電話という枠の中で使いやすいサービスを提供するには、サービスとハードウェアを一対にしたアプリケーションの開発を行わざるを得なかったのだと思う。何かのきっかけでパラダイムを帰る必要があったが、典型的な後継機症候群に陥ったのではないか。成功しているうちは、先行きがアヤシイと思いつつも、なかなかベクトルは変えられないものだ。

 一方、ソフトの品質が低い。それも確かにその通りだが、こちらは結果論だろう。原因のひとつはwirehead氏の言うように、メーカーのモチベーションにもあると思う。が、本質的にはソフトウェア開発環境の構築アプローチの違いではないか?と考えている。
 たとえて言うならば、"優れた経営者"と"秀でた個人事業主"の違い……と、少し判りにくいかもしれないが、そういう違いが両者にはある。

 優れた経営者は自分が実務をこなすのではなく、それぞれに得意分野を持つ社員に対して、上手に権限を委譲しながら、自発的に会社が発展する環境を整えるのが上手だ。アップルがiPhoneで成功を収めたのは、まさにこの部分ではないだろうか。
 パソコンのソフトウェア開発に慣れている人が、簡単にアプリケーション開発を行う環境を整え、それを流通させるための仕組みを構築し、分け隔てなく誰もがビジネスに参加できる環境を生み出した。これは言うほどに簡単なことじゃない。

 対してドコモを初めとする携帯電話事業者は、部分的に世界標準となる技術トレンドは持ち込んではいたものの、デベロッパーに対するサポートという面では、独自路線を走りすぎた。これは前記のようなハードウェアとサービスインフラをセットにした囲い込み路線から外れ辛い環境にあったことも遠因としてある。独自路線でもビジネスのインフラとして魅力的なら、もちろん発展はしていく。
 しかし市場が成熟して多方面に開発が進み、隙間が狭くなってくると"大きな魚"はいなくなり、何か新しいアプリケーション分野を提供する際には、どうしても携帯電話会社側からのお仕着せを仕立て上げるしかなくなってしまう。
 ビジネス開始時の着想の良さやシェアに頼っていると、あっと言う間に新しい流れについていけなくなる。これは、自身の能力に頼り過ぎて新しいトレンドを見逃し、仕事を失っていきがちな、能力や才能のある個人事業主のイメージに近い(これは人ごとではないのだけど)。

 もっとも、日本の会社は自発的発展を促す環境を整え、そこでビジネスを行うという手法が、本質的に苦手なのかもしれない。そうした環境を整えるには、目先の仕事ではなく、一歩引いて業界全体を俯瞰する視野の広さが必要だ。ところが、日本人はどうしても目先のモノやサービスに行きがちだ。経営者や一部のエンジニアが広い視野を持っていたとしても、会社という組織全体が開発プラットフォーム、コミュニティの育成といった方向に行きづらいのかもしれない。

Comment(4)

コメント

拝読しました。私のブログの方にもコメントを書きましたが、こちらにも...

本田さん、
ブログの方、拝見しました。
僕もこれまでのiモードのビジネスには問題はないと思いますし、早い時期に成功してしまったため、レガシーも大きい、という部分は納得します。

 iモードを世界スタンダードにできなかった時点で、もう少し、グローバルスタンダードやコンテクストの変化に敏感にアンテナを張っておく必要はあったと思うけれど、しょうがない部分もあると思います。

 今、iPhone的なパラダイムに携帯が移るであろうことを、どこかで実感しながらも、もうけられるうちはiモード型でもうけるのも企業として健全なことでしょう。

 ただし、残念なのは、せっかく新たにブラウザの仕様変更をするという決断をしたのに、その仕様が、またしても国内独自規格な表面的ごまかしなことです。
 もっとも、キャリアの人間にはHTML5を含めた世界のIT業界の大きなトレンドは読めていなかったのかもしれませんが...
もはや携帯電話は、通話だけの機会ではありません。もっと広くIT業界などにもアンテナを広く持っている人たちに事前にヒアリングをしておく必要はあったんじゃないでしょうか。

 ソフトの質の低さでは、相変わらずソフトエンジニアの給料が、他の国と比べて低いことも気になります。
 優秀なソフトウェアエンジニアは、次々と大手メーカーから外へ流出しています。
 でも、これから家電製品でも最も重要になってくるのはソフト。
 スティーブ・ジョブズも、ウォークマンで世界を席巻していた日本が、携帯型音楽プレーヤー戦争でiPodが買ったのは、日本メーカーがソフトをバカにしていたからだと豪語しています。アップルは、結局はソフトメーカーなのだとも語っています。

if you look at the reason that the iPod exists and the Apple’s in that marketplace, it’s because these really great Japanese consumer electronics companies who kind of own the portable music market, invented it and owned it, couldn’t do the appropriate software, couldn’t conceive of and implement the appropriate software. Because an iPod’s really just software.
http://d5.allthingsd.com/20070531/d5-gates-jobs-transcript/

 なのに、日本では一時的に素晴らしいソフトエンジニア達を雇っていても、結局、まったく彼らの思うようにやらせてあげることができず、十分な給料も与えることこせず、流出させてしまっている。
 工業デザインとソフト開発って、iPod以降の家電づくりで、もっとも重視される分野で、製品企画の最初の段階から関わっていなければならないはずなのに、最後の最後に装飾的に関わらせているメーカーも多そうな印象があります。
 おまけに、必要以上に分業を進めてしまっているので、もはや、ソフト間の連携などさせることも不可能。

 私は日本の家電メーカーは、もっとソフトを重視したモノヅクリができるように、組織そのものを変えていく必要があると思っています。

所用があったので、40分ぐらいで書いちゃったから、少し雑なエントリーですいません。

"ソフト"という時に、何を指すのかという事を明確にしておかないといけないですよね。ジョブズは組み込みソフトウェアも含めた意味で発言しているようですが、そうした切り口で言えば日本のメーカーだってソフトには、かなり力を入れています。
iPodとウォークマンの違いは、音楽専用コンピュータなのか、それともデジタル音楽プレーヤなのかという違いです。ソニーに限らず、たとえばパナソニックなんかは、たぶんソニーより遙かに多くのソフトウェアエンジニアがいると思いますが、ハードウェアを作るためのソフト屋さんなので、ソフトウェアを含めたトータルのソリューションって提供し辛いというのはあると思います。

開発のベクトルが異なるというのもありますが、一番大きいのはパソコンが生活のインフラとして、もうずっと以前から税申告用コンピュータにみんな使い始めたのを起点に定着している米国に対して、生活インフラのひとつというには少々弱い日本市場の事情というのもあると思います。僕らは当然、パソコンをインフラとして捉えているけど、では日本全体の市場を見た時に、そこまで割り切っていいのか?というのは、あの当時はまだ迷いがあったハズですし。

給料に関しては、生活環境も違えば会社そのものの収益構造も異なるので、単純には比較できないんじゃないかな?

はじめまして、本田さん。林さんのブログに付けたコメントに反応して頂いて恐縮しています。


正直言って企業戦略やそれより広い視点を意識したことがありませんでした。テクノロジーをキーにして、どれだけ費用対効果を高め、シェアを広げる施策を打てるか、というのが今の企業のトップたる資質なんでしょう。日本国内での合従連衡、オープンソースとの接近、技術者の確保、独自規格の採用もしくは国際規格の取り込み…。そっちの世界も楽しそうですが今の私には語る言葉はないようです。後々、広い視点でケータイを捉えて再度まとめ直してみたいですね。


話題にしている "ソフトウェア" の定義をあやふやにしたままテキストを打ったので、認識に違いがあったかもしれません。私はアプリケーションを構成するパーツ(フレームワーク/ライブラリ)を念頭においていました。iPhoneのことばかり語っても食傷気味でしょうけど、あと一つだけ主張?したいと思います。開発ネタばかりで恐縮ですが…。


このプラットホーム上で開発していて思うのは楽しいってことなんです。例え話では本質が見えにくくなるかもしれませんが、ホームセンターに出かけたときの感覚に似ていますね。地方都市に一つや二つはある、ペットショップを併設して家具まで置いてあるようなデカい店です。何ともなしにブラブラしていたら、およそ縁の無さそうなプロ用工具やら何の用途があるのか見当もつかない素材を見つけて、素人なりに面白そうな応用を思いついたりすることがよくあります。実際に手を出して失敗したな、と後悔することもあるんですが、割合なんとかなったことも多々あります。プロが作るものには全く及ばないですけども、とりあえず外見は出来合いのパーツで取り繕ってやれば(本人としては)満足なモノが完成します。


ここまでで話の筋が読めたと思いますが、工具と素材、あとはアクセスの良さがテーマです。簡単に手に入る開発環境、10万回連続して呼んでも落ちないクラス、個人でも世界を相手に出来る仕組み。今までのプラットホームでは放っておかれた部分に手を入れたことが "楽しさ" に繋がったような気がします。DoJaは個人でも開発できますがパッケージの容量制限がキツかったり、パフォーマンスに難がありました。BREWは元から個人なぞ相手にしていません。どちらとも開発者が使っていて楽しいと思えるフレームワークは無いようです。基本的な釘や材木のようなパーツは揃っているけれども、面白い商品は扱わない地味な金物屋さんかな。センス良く作れば品質のいい製品が出来るんでしょうけど。ホームセンター派の客はマニュアル本で仕入れた知識で同じような半完成品を元に作るから、結果よく言えば統一感のある、悪く言えば似たり寄ったりのソフトが出てきます。半完成品と言ったのは、2~3行書けばデータを手に入れられる加速度計などですね。指でスクロールする表なんかも、データを保持するオブジェクトを "いま何個データ持っている?"・"何番目のデータを渡せ" という2つの命令に答えられるようにするだけで、あとは表そのものが意志を持ったように振る舞ってくれます。おそらく他のプラットホームではスクロールできる表から作らないといけないでしょう。iPhone開発者は下駄を履かせてもらっているわけです。


そんな面白い商品を扱うホームセンターが増えると、きっとものづくりを楽しむ人も、使ってくれる人もあふれる街になるんじゃないかと期待しています。経営者にも一度 "ものづくり" を体験してもらうといいかもしれませんね。

いかん、いかん。このところ、夜はMJのお葬式や自転車レース、テニスなどがあって、返事が遅くなりがち。

wireheadさん、僕は開発屋ではないので、ものすごく引いた目で見ているため、現場の事はwireheadさんの方がよほど正しい認識をされているのだと思います。
開発していて楽というのは、やはり重要ですよね。ただ、一朝一夕にそれができるわけではなく、iPhoneの場合はNEXT時代から培ってきたAppKitと開発ツールが優秀ですから。安心してちゃんと振る舞うクラスがあると、そりゃ楽しいでしょう。昔、僕もIBで初めて簡単なアプリを作ったときは狂喜乱舞したことがあります。

まぁ、アップルの開発環境は別にしても、大きく分ければパソコン系の開発に慣れている人たちという枠組みで、ザックリと開発のアプローチ全然違うやん!みたいな意識で書いたので、本質的には同じようなことを表現しようとしているのかも知れません。

コメントを投稿する