IT/PCを中心に様々な話題を振り返ることで未来を考える

AACSのアナログHD出力は許可の方向に

»

HDMI入力を持たないHDTVを持っているひとも、とりあえず安心して良さそうです。

詳しくは正式決定後にレポートしますが、漏れ伝わってくる情報によると、HDコンテンツの出力を最大PALプログレッシブ(575P)にまで制限するフラグは一応、規格内には含まれるものの、日本ではその運用を行わなくても良い”シカケ”といいますか、逃げ道が用意されるそうです。

とある映画会社の強硬な主張で議論が前へと進んでいなかったAACSの運用規定策定ですが、これでAACSの正式版発行も前へと進み、なんとか年内にはAACSの認定プログラムがスタート。暗号化キー発行も開始さる見込みのようです。

年内の製品に対するキー発行は間に合わないようで、東芝さんが少し気の毒なのですが……。ただし、ハードウェアの作り込みに関連する部分は、以前から決まっていましたから、AACS非対応で発売後、アップデートでAACSに対応というウルトラC(古い!)も可能かもしれません。東芝は現時点では年内発売の姿勢は崩していませんから、年内にもポスプロが丹念に圧縮した高画質の映像をいよいよ民生機で拝めるかもしれません。規格争いはともかくとして、どこまでの作り込みをしてくるのか、実に楽しみです。

何よりアナログでのHD出力が”必ず”可能になる事がハッキリしてきたわけで、この件を気にしていた人たちも数週間以内にはスッキリとしたキモチになれるでしょう。詳報をお待ちください。この件に関しては、日本の家電ベンダーが相当に頑張って、某映画会社の技術担当と交渉を繰り返したようです。

ひとまずは見知らぬ担当者殿、ご苦労様でした。

Comment(4)

コメント

本田さん、こんにちは。

本田さんの記事、いつも楽しく拝見
しいます。

さて、アナログHD出力がOKになった
ようで、まずは一安心というところ
でしょうか。

ところで、「日本国内では」と明記
されていますが、海外盤ではやはり
NGという事でしょうか??

確か、次世代メディアはDVDのような
リージョン制は無かったように思う
ので、ちょっと気になりました。

もし、海外盤のメディアはHD出力不可
って事になると、マニア層にとっては
手放しでは喜べそうにないですね。

続報を期待しています^^

kuma

次世代DVD自体をコケさせる事間違いなしの本末転倒な事態が避けられて良かったと思います。
現在でもHDMIのないTVが多数を占めるというのに、誰が自分のTVでDVD画質でしか再生できない次世代DVDを高いお金を払って買うのかと思います。
さて、ちょっと離れた話題になってしまいますが、これはそもそもD3の場合、コピープロテクトがかけられないことからHDMIのみ出力OKにしろという話でしたよね?
現在、市販DVDからアップコンバートできるレコーダーでも、アナログではD2まででそれ以上はHDMIのみというのがほとんど(自主規制?)だと思うのですが、これも改善される可能性はあるのでしょうか?
次世代DVDではアナログ出力可能ならこの制限はまったく意味がないですよね?

本田雅一

もともとアナログ出力制限なんて、誰も望んでいないんですよ。これは映画会社をはじめとするコンテンツ屋も同じです。
しかし、もし万が一のために出力制限フラグがほしいというのが、映画会社側の主張でした(すべての映画会社ではありません)。フラグ(ICT)は実はデジタル放送フォーマットには含まれていますが、日本ではARIBの規定でこれをオンにして放送しない決まりになってます。

詳細は正式決定した段階でお伝えしたいと思います。なおリージョンコードに関しては、今回は使わない方向と聞いています(こちらも詳しいことは正式に決まった後に)。

DVDからのアップコンバートに関しては、SDまでしかマクロビジョンが使えないのがアナログで出せない理由となっています。DVDのアナログ映像出力にはマクロビジョンがかかる決まりになっていますが、HD信号に変換するとそのプロテクトが解けてしまいます。
DVDの場合、もとはSDですから、これをHDにアップしてアナログで出して、それをダウンコンバートすると元通りとは言わないまでも、ほぼ同じ映像が取り出せてしまいますから、制限がかかるのは無理からぬところかと思います。

RK1102

本田さんの書かれている「アナログHD出力は許可の方向に」という記事の全く正反対の記事がtech-onに掲載されています。それによると2011年まではHD出力許可、2011年から2014年まではSD出力のみ許可、2014年以降はアナログ端子に映像そのものを出力不許可となっています。どっちが正しいんでしょうか?AACSのHPなどにも行ってみたのですが、有益な情報はさっぱり得られませんでした・・・。

コメントを投稿する