IT/PCを中心に様々な話題を振り返ることで未来を考える

iTMSで、シゲり流行れば、Amazon儲かる

»

 8月5日のエントリーのコメントからリンクを追って、2chで松崎しげるの愛のメモリーを買って1位にしよう、という運動が起きていた事に気付いた人もいるだろう。なんでも「シゲる」という新しい動詞まで定義して、懐かしい曲をiTMSで購入する事を「今日、思わずシゲっちゃったよ」と言うらしい。

 
 もっとも、シゲってる大半の人たちは77年(だったかな?)愛のメモリーがチョコレートのコマーシャルソングに使われていた事を知らない人たち。どちらかといえば、及川ミッチーがカバーした方の愛のメモリー(富豪刑事の主題歌だったらしいけど見たことがない)の方を知っている人の方が多いんじゃないだろうか。

 
 それどころか、伝説的(?)ヒット刑事ドラマ「トミーとマツ」(ファーストシーズンの22話が2つのDVDボックスに分かれて発売されている。これこれ)の存在も知らないかもしれない。従って、もうひとつのヒット曲「ワンダフル・モーメント」なんかも知らない人がほとんどなんだろうなぁ
 

 とはいえ、おもしろ半分で愛のメモリーを買った人たちの中には、突然、古い名曲の良さに目覚めて、由紀さおり&安田祥子や尾崎紀世彦の曲を買っていたりする場合もあるようだ。1曲単位で手軽に買えるEMDサービスならではの現象か。そういえば米国のiTMSでも、70’sや80’sを集めたiMixの人気は高い。

 
 しかし、iTMS-Jの場合、日本楽曲の充実度がまだまだ低いこともあって「あぁ、これがない。これもない」という事も多い。

 
 僕自身も大橋純子の「たそがれマイ・ラブ(たぶん森鴎外の人生を追った日本初の3時間ドラマ「獅子のごとく」の主題歌だった記憶が)」やチューリップの曲を探してみたけど、入っていない(おまけに検索周りやメタ情報はバグがまだかなり多い)。かみさんに頼まれて久保田早紀を探すも、これも断念。iTMSのトップページで大野雄二のルパン三世アレンジものが紹介されていたので、それのドライブ向きアップテンポバージョンを入手しようとして、これも存在せず。
 結局、勢いでアマゾンにアクセスして「ゴールデン☆ベスト 大橋純子 シングルス」と「drive groovin’lupin」と「CD&DVD THE BEST 久保田早紀シングルズ」カートに入れた……までは進んだのだが、金額を見てやや冷静に(笑)さすがにアルバム単位でiTMSと同じ事をやっていると、ちょっと割高感はぬぐえない。しかし、人間、欲しいと思いはじめるとついつい購入ボタンを押しそうで怖い。

 
 同じパターンでUSのiTMSを使っていると、CDやSACDが欲しくなってアマゾンに行く事が多い。カーペンターズのシングルを集めたSACD/CDハイブリッドの「Singles 1969-1981[SACD]」(1500円と安い。CD層はイマイチだけど、SACD層はマスタリングの品質もとても良いのでオススメ)や、エリッククラプトンの古いアルバムがSACD/CDハイブリッド化されていたのを見て「Layla and Other Assorted Love Songs [Hybrid]」と「Slowhand (Hybrid) (Hybr) (Ms)」を買ってみたり(こちらも1500円)と、結局、落としているお金はiTMSよりもアマゾンの方が多かったりする。

 
 ”iTMS流行れば、Amazon儲かる”、いや2ch風に言えば”iTMSで、シゲり流行れば、Amazon儲かる”といったところか。

Comment(1)

コメント

kuroki

はじめまして。
私もiTMSで楽曲を購入してみました。
安いのでひょいひょいとつまみ食いするように購入できるのが良いですね。
良いと思った楽曲は、もっと高音質な音源で効きたいと思うのですが、その際、CDやSACDなどに安価でアップグレードするサービスがあればいいと感じました。
iTMSとAmazaonが連携したら‥‥きっと面白いことになるんじゃないかな、と思いましたよ。

コメントを投稿する