IT/PCを中心に様々な話題を振り返ることで未来を考える

ちょっと気になるiTMSのこの数字

»

 昨日は取材と打ち合わせの後、東洋経済のブログ特集の打ち上げを銀座の韓国料理屋で。メンバーの一人がサムスン本を書き上げた!ということで、印税収入(予定)でごちそうしてくれました(普通、逆かも。ごちそうさま!)。
 その後、ちょっと飲んでから帰宅すると既に夜中の1時。あぁ、原稿書かなきゃ。と思いつつ、iTMS-Jに接続してみる。「な、な、なんで、松崎しげるの愛のメモリーが3位なんだ!(今はもうちょっと下がってる。iMIXで紹介されたかららしい)」とか、やたらと30代後半から40代に受けそうな曲が受けているよう。
 ちょうどCDをあまり買ってくれない年齢層だから、オンライン販売で開拓できるものならば、もっと30代以上に受ける名曲に力を入れて欲しいなぁ。個人的には(洋楽はCDとiTMS-USで間に合ってるので)80年代の歌謡曲を切望しております。はい。

 まだまだ始まったばかりで、メタデータが間違っていたり、納得できなかったり、あるいはブラウズモードで「すべて」を選んでいるのに、出てこない曲があったりと、まだまだ落ち着くまでには時間がかかりそう。日本楽曲の品揃えも、SMEの参加が無かったことを考慮しても、もうちょっと。もっとも、これは時間が解決してくれるだろう。

 
 で、話を巻き戻して東洋経済の記者と話していた時の事。衝撃的(?)な数字が出てきた。

 なんでもオンライン販売とCD販売で、ミュージシャンが受け取る取り分の”割合”は全く同じなんだとか。つまりiTMS-Jで1曲だけヒット曲が売れても、単価が1000円のシングルCDと比べると……。ちなみに某ミュージックエンターテイメントの場合、新人の取り分はたったの1%(売り出し経費などいろいろかかる費用が多いのでしょうがない)。ベテランや人気ミュージシャンほど取り分は大きくなるそうだけど。

 
 ちなみにEMDサービス会社への音楽出版社からの卸価格は、おおよそ65%前後とのこと。つまりEMDサービスを行うシステムコストは35%前後ということになる。これはモーラでの数字だそうだが、おそらくiTMSでもほぼ同じだろうと話していた。
 ただ、米国の例では、CDのアルバム1枚とiTMSのアルバム1組では、受け取る取り分はほとんど同じって聞いているんだよね。米国の場合、音楽CDは新譜の場合、18ドルというのもあるけれど、安いものは12ドル程度。少し古くなると10ドル以下で安売りすることも少なくない。なので、必ずしもiTMSの方がアルバム価格で安いというわけでもないのだけれど、そういうのもひっくるめて”取り分の割合”はiTMSの方が多くなるそうだ。

 
 つまり(あくまでも米国の事例では)ネット配信による流通の変化によってモノとしてのCDパッケージを流通させる必要がなくなり、その分、中間マージンの割合が減っているということだろう。米国の場合、iTMSのシステム側の取り分は4割ぐらいだというから、システム側とアーティスト側が得る利益の比率が大きくなる、という実に当たり前の状況となり、音楽出版社の取り分の割合は減っている。

 
 ということで、前回のエントリーでは、日本の音楽出版社も時代の変化にようやく追随する腹を括って、従来のコスト構造との違いを受け入れる気になったのかな(と値段を見て思った)と書いたのは大間違いなのかもしれない。

 
 音楽の販売において、流通に変化が起きたのなら、それまで中間マージンで儲けていた企業は、構造的な変化を求められる、というのは実に当たり前の話だと思うんだけどなぁ。本当にCD販売の時と同じ印税率しかないというのが事実なら(事実と断言していたけど)、結局、価格低下で割を喰っているのはミュージシャンなんじゃないかと思ったりして。

 個人的には1曲100円とするなら、アーティストの印税が10〜15円、配信システム側のコストが38〜40円というあたりが妥当だと思うんだけどな。それでも、音楽出版社様はEMDによって認知の広がったアーティストのCDが売れることでプラスに持って行けるんじゃないだろうか。iTMSで知ったアーティストのCDをアマゾンで発注なんて事は日常的にあることなんだし。

 
 そうそう。もうSMEはiTMS対応準備を進めているようですね。そのうち発表になりそうだとか。
 

 

(話の本筋と関係のない追記)
 音マニアでもあるヤマハ広報さんが紹介してくれた音楽DVD「ボズ・スキャッグス・グレイテスト・ヒッツ・ライヴ」が届いた。!?!内容もいいんだけど、何より音質がいい。値段がやや高めなので、今度USに行ったときに買おうと思っていたんだけど、国内で買って正解だったかな。以前、コンサート・フォー・ジョージのUS版を買ったら、位相がズレまくりでDTSトラックが悲惨だった事がある(国内版はOK)んで、今回は実績のある国内版で良かった。
 ビクターのソフトはCDもDVDも音質の良いものが多いような気がするなぁ。

Comment(6)

コメント

774

iTMS-J 開始
   ↓
なぜか愛のメモリー9位
(バグによるものとの説あり) via : cstmtdc iTMS http://cstmtdc.blog3.fc2.com/blog-entry-193.html
   ↓
   8位
   ↓
スレッドが立ち始める
ブロガーも反応
iTMS = iTune Matsuzaki Shigeru 説
   ↓
   6位
   ↓
   4位
関連ネタ画像祭
   ↓
関連寝た画像祭落ち着きだす
   3位 ←昨夜の時点で
-----------------------------------------
新・mac
【iTMS】松崎しげる「愛のメモリー」1位にするスレ
http://pc7.2ch.net/test/read.cgi/mac/1123128108/
【iTMS】松崎しげる「愛のメモリー」1位にスレ2
http://pc7.2ch.net/test/read.cgi/mac/1123152614/
【iTMS】しげる松崎「愛のメモリー」を一位にスレ3   ←現行スレ
http://pc7.2ch.net/test/read.cgi/mac/1123170321/

ニュース速報
【iTMS】愛のメモリーを一位にするスレ【黒んぼ】
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/news/1123132966/

ニュー速VIP
【ITMS JAPAN】ちょ、お前らマジで松崎しげる1位にすんぞw
http://ex11.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1123135505/

既婚女性
【iTMS】奥様、松崎しげるですわ【音楽】
http://human5.2ch.net/test/read.cgi/ms/1123143539/l50

まとめサイト
http://itmsj.s158.xrea.com/

本田雅一

あぁ、なるほど。2chで工作活動が行われていたんですね。
ぜんぜん、知りませんでした。あはは。
でも25位以下を見ると、親父パワーの片鱗は見えるかな。

774

お祭りも終わったかに思えましたが、続きがきました
   3位;関連ネタ画像祭落ち着きだす;1位のdef techが創○説
   ↓
   5位;いつのまにかdef techのもう一曲が2位に
moraパクり祭 ←今ここクマー
画像URL→cnt01.labelgate.com/mora/images/feature/20050803/fea_03_20050805.jpg

凹太

うわぁ、SMEが参入準備してるなんて信じられない!!絶対に向こう一年は有りえないと思ってたし、参入するとしてもMORAがITMSにボコボコにやられ、それでも意固地に参入しないSMEにアーティスト側から不満の声が漏れ始めた頃になるんじゃないかと予想してただけにビックリです。
どうせ参入するなら全楽曲200円なんてセコい事せず、AVEXみたく新曲以外は150円物をメインにしてもらいたいものです。
しかしソニーの本丸であるAVハード部門から怒りが噴出するのが目に見えてますね・・・ATRACどうするんだろ^^;

本田雅一

えぇと、本文に書いているように、あくまで業界記者からの伝聞なので、その点はご注意を。僕が確認したわけではありません。ただ、SMEとしても参入せざるを得ない面はあると思います。EMDサービスにはCDの拡販効果が認められるとの調査も多く、iTMSの認知が広がっても参入しないというのは、いくらなんでもね。

本田雅一

Moraパクリ祭りって何かと思ったら、Moraのトップページに愛のメモリーのバナーがはられたんですね。今もはられていますが、ちょっとびっくり。
見たときには「某所で話題沸騰」と出ていたんですが、今は違うものになっているようで。

コメントを投稿する