IT/PCを中心に様々な話題を振り返ることで未来を考える

このひとたちは……何も変わってないのね

»

 音楽著作権関係やCCCDの取材では、ずいぶんとイヤな思いをしたことがあるから、何か書くなら落ち着いてと思っていたけれど、しかし、この記事(速やかに「iPod課金」を——音楽関係7団体が強く要望)はちょっと無視できない。
 

 iPodに代表されるオーディオ機器は、自分が持っているオーディオデータの”スナップショット”を切り出して、音楽を楽しむフィールドを拡張してくれるありがたいアイテムのハズだ。決して違法コピー生成ツールではない。

 
 ところが、これに対して私的録音保証金精度を適用しようというのだから、開いた口がふさがらない。そもそも、既存の保証金分配の仕組みも、十分に納得ができるものとは思っていないのだが、今回はiPod課税ですか。そういえばデータ用CD-Rに保証金徴収を求めていた事もありましたね。
 

 せっかく音楽を楽しむ人(ほとんどの人は金額の多少こそあれ、お金をはらってくれる)が増えているというのに、音楽業界は自分たちで市場を小さくしようとしているようにしか思えない。
 レンタルはともかく、音楽配信やCD購入で得たデータをポータブル機器に適した形にして楽しんで何が悪いのか。そもそもDRMで保護された有料コンテンツは、DRMに対応したセキュアな機器でしか再生できず、インターネットによる拡散も防ぐことができる。それすら問題視するような発言には呆れてしまう。

 
 CDのリッピングにしたって、CDというメディアの特性を理解した上で販売したんじゃないの?と言いたくなってくる。これまで音楽を自由に聴きたいと思ってCDに投資してきたのに、それを移動時に便利な形で聴こうと思うなら、もう一度、著作権使用料を支払いなさいという。ほんと、全く理解できないよ。レンタルCDのコピーばかりを問題にして、CDを実際に購入している人の利便性や権利を全く考えていない。元をただせば、レンタルCDビジネスを合法として、そこからお金を吸い上げる仕組みにしたのは、自分たち自身じゃないか(相変わらず分配方法は納得できないけど)。

 
 音楽を楽しむフィールドが増える事は、決して音楽業界全体にとってマイナスではないハズだ。変化する市場に追従し、うまく市場全体を活性化できれば、絶対にプラスになる。なのに市場を縮小させるような事ばかりを言うんだから。それとも、多少締め付けても市場が縮小しないとでも思っているのだろうか?

Comment(11)

コメント

録画のほうが、コピーワンスを緩和する方針に動き始めて、よかったなぁと思っていたところだったので、この話は本当にひどいと感じてました。これが発展すると携帯電話はもちろん、PCなりなんらか音楽ファイルを格納できる機器にはすべて課金するつもりでしょうか。われわれは、心地いい作品を提供してくれたアーチストにきちんと著作権料を支払いたいのであって、音楽著作権関係者に脈絡なく渡したいわけではないですね。

maplefield

ほんと、そうですよね。
私は欲しいCDはすべて購入して所有しています。
それに対してiPodにうつすからそこに課金?
はぁ?てな感じですよね。
CD買ってんだよ?ちゃんと金出して。

記事の写真見る限り、明らかに”老害”だし(笑)
とっとご退場いただくしかないでしょう。
利権団体はどこもバカばっかりですね、まったく。

そもそも媒体を中心に議論しているのがおかしいと思っています。著作権協会には我々がアーティストに対してどのように対価を支払うべきかという議論をして欲しいものです。音楽を"聴く権利"に対してお金を払いたいですね。
配布側の都合でアナログ盤の時代は終わった、これからはCDだと言われCDに投資しても、いずれCDの時代は終わるんです。メディア変わったら新しい媒体で再配布してくれればBESTなんですが・・・つまり、媒体で議論していてはダメなんだと思います。音楽業界のバブルもとっくに終わっていることに気が付いていない業界の方々って・・・。

niya

これらの団体はアーティストの肩を持つふりをしているだけです。実際にアーティストへのお金の分配は全くの不透明です。
さらに、既存の録画用DVDを私的なビデオの録画に使用した場合には、課金分は返金可能なのですがほとんどの方はご存じありません。万が一 iPodなどに課金された際に、中身に音楽CDのリッピングをしていない場合、返金してくれるとはとても思えません。
このような団体は、まず一度全て解散すべきです。

mohno

> 利権団体はどこもバカばっかり
本質的にDRMは保証金制度を無用にするもののはずですが、一方でファイル交換ソフトが使われ続けているという実態がありますね。利用者の比率は大きくないと思いますが、理由付けのひとつにはされているでしょう。
むしろ、当のアーティストたちが、どう考えているのか興味深いですね。権利団体にしてみれば、アーティストが創作に集中できるよう作業を代行しているというかもしれませんが、ユーザーであるアーティストも多いでしょうしね。CCCD のときも、これを拒否続けて、移籍に発展したアーティストもいたように記憶しています。
> レンタルCDビジネスを合法として
これ自体が問題だったと思いますね(外国で合法なところってあるのかな?)。当時はリッピングということは、ほとんど考えられていなかったと思いますが。

mucha

権利団体にすれば 著作権者とヒモでつながってなくて、己の裁量で配分を決められる保証金制度っておいしいなぁ、もっと増やせないかなぁって所なんでしょうかね。そのために到底納得出来ないような稚拙な論理をふりかざして、取れるそうなところから搾取しようと必死になってる。消費者を馬鹿にするのもいい加減にしろと言いたいです。

本田雅一

みなさん、いろいろ意見がありそうです。
ただ個人的には、現時点で利権を持っているところが、自らの検疫を守ろうとするのは、まぁ、当然なんだろうと思います。すでに私的録音補償金制度は法的に認められている制度なのですから。
この制度の問題はいかにも公共の利益と著作権者の権利を守るような言い方をしながら、実は自分たちが扱えるバジェットを増やす事に熱心で、さほど公平分配に関心を持っていないことかな?
とはいえ、それもまぁ音楽業界の中で議論することなのでしょう。
もっと大きな俯瞰的視点で見ると、音楽の市場を広げるにはどうすればいいのか、見えてくると思うんですけどね。iPodに代表されるデバイスは、確実にエンドユーザーが音楽を楽しむ時間を増やしてくれているわけでしょう。それは音楽市場全体の拡大にもつながるはずです。締め付けるのではなく、音楽を日常的に楽しむ人の数、楽しむ時間を最大化する。そういう方向でのビジネスの進め方ってできないものですかね。

そもそも、音楽CDを購入した場合、それは何を「買って」いるのでしょうね。

音楽CDのデータを「聴く権利」だとすると、自分で聴くだけなら、別の機器や媒体に移動してから聴こうと問題ないはずですし、たとえばCDが破損したら実費のみで交換、とかもあっていいはずです。(現状はどちらもありませんが。)

かといって、音楽CDという「モノ」を買っているのだとすると、それをどう利用しようが個人の勝手だろう、という話になってくるわけで‥‥。


そもそもこの辺の「何だかわからない」部分をどう解決していくか、が今後の課題でしょうね。

mohno

> 何を「買って」いるのでしょうね
「聴く権利」でしょう。だからこそ、「私的な範囲での複製」は認められているし、それを超える複製は不正とみなされるわけです。
もし、世の中のデジタルプレーヤーに記録されるものが、(中古でなく)自分で買ったCDであるか、正規にダウンロード購入されるもの「だけ」ならば、そもそも補償金の話など出てこないでしょう。ところが、実際にはファイル交換が行われたり、中古CDという市場があったり、レンタルCDがあったり(まだあるの?)、放送されたものがコピーされたり、友達どうしのCD貸し借りでリッピングしているケースなど、色々考えられるわけです。デジタルテレビ放送の「1回だけ記録」とDVDメディアの補償金なども、これでバランスを取っていると考えられているわけで、「補償金がないなら記録もさせない」とかそういう状況になっていないだけマシではあります。
こういうことを考えずに、CDの利用という一面だけから文句をつけても、「何も考えていませんね」と一蹴されそうな気がします。
普段、「正義」を歌ったり語ったりしているアーティストがどう考えているか興味はありますけどね :-p

cre

>レンタルCDのコピーばかりを問題にして、CDを実際に購入している人の利便性や権利を全く考えていない。

レコード会社には、レンタルCD用に強力なコピーガードを付けたものを作れ、そしてもっとCDを安く売れ、と言いたいです。
今のレンタルの制度は、コピーによる損害をレンタル業者が補填してるようなものですよね。
コピーされるのがいやなら自分たちも努力してほしいと思います。

mohno

レンタルCDだけが問題ではないと思うけれど、レンタルされるCDだけにコピーがかかるなら、実質的にレンタル業は立ち行かなくなるのでは? それに中古販売とか友人間の複製も問題になるでしょうから、CCCDに話がいってしまうのでは?
「補償金」の効果は私も疑問ですが、問題なのは正規の利用ではなく不正な行為ですから、ここに対案を示さないと不毛な議論が続くだけでしょう。
こんな話もあるようです。
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000047715,20085952,00.htm?tag=nl

コメントを投稿する