IT/PCを中心に様々な話題を振り返ることで未来を考える

ハイビジョンテレビでHDパッケージ映像が見れない件、ちょっと補足

»

 トラックバックを追ってみたところ、前回のエントリーについて、ちょっと誤解をしている人もいるようなので、ちょっと補足しておきます(たぶん、ほとんどの人は誤解していないと思うのですが)。

 "HDMIが付いていないHDTVで、BDもしくはHD DVDのパッケージコンテンツが見れない可能性がある"というのは、あくまでも市販の映像パッケージソフトに限っての話です。つまりハイビジョン放送や、ハイビジョン放送を録画したものは、もちろん通常のD端子やコンポーネント映像端子で見ることができます。もちろん、PS3やXBOX 360のゲーム画面も、D端子やコンポーネント映像端子から見ることが可能です。

 なので、HDMIが付いていないテレビでは、すべてのHDコンテンツが楽しめない、というわけではありません。AACSという著作権運用の枠組みは、あくまでも次世代光ディスクを用いた映像パッケージソフトに適用されるルールです。

 "ハイビジョン"という言葉はいろいろな捉えられ方がしていますが、元々は高解像の放送を行うときに作られた愛称のようなものですから、その意味ではすべてのハイビジョンテレビはハイビジョンをこれからもずっと見ることが可能です。で、問題は市販のソフトですよね。

 

 で、ここで"ハイビジョン放送されているのを見たり、それを録画したものはHDMIじゃなくてもいいのに、なんでパッケージだとダメなの?"という疑問が沸きませんか?

 でもデジタルハイビジョン放送。初めて見る人はキレイだと思うかもしれませんが、よく見るとボロボロなところがたくさんあるんですよ。たぶん、見慣れてくると誰でもわかるようになると思います。人間は高品質だと思っていても、だんだんと慣れてきますからね。特に地上デジタル放送は、圧縮歪みやノイズが普通に見てるだけでもかなり目立ちます。

 しかしBDやHD DVDに収められる1080Pの映像は、それよりもずっとキレイです。一番最初に出てくるソフトがどこまでキレイかはちょっとわかりませんが、きちんとした圧縮ツールで、ちゃんとした技術者が圧縮した映像だと、元映像との比較でもほとんど区別が付きません。
 何度かクリスティの業務用デジタル映写機で、今最もキレイと言われている某圧縮ツールで圧縮した映像とD5ベースバンドの映像をスプリット映像で比べたことがありますが、ほぼ同じに見えます。このツールはXeon/2.6GHzの1個あたり映像実時間の500倍の時間が圧縮にかかる(つまりリアルタイム化するには500プロセッサのクラスタが必要。もちろんアクセラレータを作れば別ですが)超複雑系のコーデックプログラムなので、今のところはあまり実用的じゃありません。
 しかし、将来的にはそれも実用になっていくわけで、映画スタジオとしては、ほぼHDマスターと同一と言っていいほどの高画質コンテンツを売る事になります。さらに放送では、ショボショボ音質のサウンドトラックも、次世代光ディスクではCDよりも高音質になっちゃいます。

 たいていの映画館は、リリースマスターフィルムの孫コピーだったりするわけで、さらにサウンドトラックだって次世代光ディスクの音声フォーマットにはかなわない事がほとんどでしょう。

 1080iのハイビジョン放送(これはリアルタイムMPEG2圧縮なので画質はそこそこ)ではアナログ出力に文句を言っていない映画スタジオが、次世代光ディスクでは慎重な理由はそのあたりにあるようです。というよりも、メールであるスタジオの技術担当者がそう話していました。
 言い換えれば家電ベンダー側は、自らの資産が盗まれるかも知れないと考えている彼らを説得する何らかの材料を提示しなければなりません。ですが、アナログ出力してもコピーされない方法というのが実はありません。つまり、コピーされないようにするためにはアナログを使わない、という以外に選択肢しかない、というわけで、話し合いも紛糾しているわけです。
 もっとも、アナログのコンポーネント映像をキャプチャして複製する方法というのは、あるにはありますが、民生用機器では(今のところ)W-VHSという非常に特殊な機材でしか存在しませんから、映画スタジオ側もここまで意固地になる必要はないと思うのですが……。

Comment(5)

コメント

最近このBlogの存在を知ったのですが、PS3やHDTVなど興味ある内容なこともあり楽しく読ませていただきました。
この手のものには珍しく、読者からの質問に本人がちゃんと答えていただけるのは非常に好感が持てました。これからもBlogを楽しみにしております。

このHDパッケージの件、とても気になります。
私のTVはBSデジタルのみのHDTVですが、iLink端子やデジタル音声出力(アナログ5.1ch出力はありますが)もないような機種です。せめてD端子でHDパッケージを観れるようになってくれないと寿命が一気に縮みますね。

Keiさん
音声に関してはテレビの場合、2chが主流でしょうから、アナログ接続で良いのではないかと思います。HDMIの方が接続は楽ですが、HDMIのデジタル音声は、必ずしも高音質ではありません(モノによりますが)。

ただ、映像に関しては本当に困ったものです。僕の知る限りの範囲では、日本の家電ベンダーは抵抗を示しているようですが、代替案として良いものがないので、なんともやりきれない。

メカニ力

メディアが変わるたびに(素直に)買い換える一般消費者と、メディアを不正にコピーして儲けようと考える人をそれぞれ分けて考える必要があるのではないかと考えています。
一般消費者の利用にまで制限を設ける仕組みではなく、不正が行われた場合にそれを制限できるような技術的な仕組みが重要だと思います。
例えばコピーを行った機器ID(のようなもの)の履歴が記録側のメディアにセキュアに記録され、不正を行われた機器が特定できるようにして、新しくプレスされるものにはその機器での利用制限がかかるようにするなどが考えられます。

こんにちはメカニカさん
全くその通りなのですが、ハリウッドはカジュアルコピーよりも、組織的な複製による販売の方をより問題視しているようです。
また、実際のところ、デジタルコピーに関して、彼らはあまり破られることを想定していないようですよ。アナログ出力からのコピーもウォーターマークを入れて対処という方法も考えられますが、実際にはなかなか難しいと思います。
他にはインターネットへの接続をコンテンツ保護に利用するというアイディアは、ずいぶん前から検討しているようです。しかし、インターネットを通じて+αの付加価値を提供するというのはできても、インターネットへの接続ができなければコンテンツを見れない、とはなかなかできないようですね。

TH

HDMI端子についてですが、先日読んだ雑誌のアスキーに載っていたのですが、PS3発売延期の理由として現行HDMI端子がフルカラーや1080p出力に対応していないとの記事がありました。この内容は、現行HDMI端子の付いている薄型テレビ等を購入してもフルススペックの次世代ハイビジョン画質のメディアを楽しめないと言う事なのでしょうか?

コメントを投稿する