ロスジェネ彼女無しダメ人間がネットとケータイについてブログを書いたりします。

[雑記]貧困と人手不足と若者に仕事が無い問題を思う

»

「頭が良くて理解力があって我慢強くてスキルがある若者」が異常に増えた一方で「頭が悪くてワガママで我慢できなくてノースキルな若者」も異常に増えたように思います。

この大量にいる「頭が悪くてワガママで我慢できなくてノースキルな若者」が仕事が無くて、貧困に陥っている場合、どう支援すればいいのでしょうか?

教育が悪いのか、企業研修がショボいのが悪いのか、若者の親が悪いのか、少子化がわるいのか、ゆとり教育が悪いのか、原因はわかりません。

彼らの望む「自分らしさ」「高収入」「やりがい」「将来性」「時間的ゆとり」をすべて満たせて、彼らの能力で遂行できる業務が地球上に存在するのかと思います。

それとも、今後、「頭が悪くてワガママで我慢できなくてノースキルな若者」が「自分らしさ」「高収入」「やりがい」「将来性」「時間的ゆとり」をすべて満たす仕事が誕生するのでしょうか?

そんな「しあわせの青い鳥」なんて、なかなか見つからないように思います。

残念ながら、長い長い不況と人手不足で一人当たりの勤務時間が増え、労働環境が悪くなりました。さらに、人口が減り、少子高齢化なのに、「頭が良くて理解力があって我慢強くてスキルがある若者」と「頭が悪くてワガママで我慢できなくてノースキルな若者」に二極化してきました。

さらに、テクノロジーの進化で、業務内容が、超高度なスキルか単純作業の二極化していったように思います。

要するに、5%のすごい頭のいい人の高度な上流業務と、95%の下流業務の世界になってきたのです。マクドナルドの西新宿の本社で働いている僅かな人と、大量のアルバイトの人みたいなものです。または、東京の目黒のインテリジェントビルのAmazonで戦略を考える頭のいい人は僅かですが、千葉や堺市にあるAmazonの物流倉庫では時給1050円で何千人もの人が働いているようなものでもあります。

「頭が悪くてワガママで我慢できなくてノースキルな若者」がマクドナルドの本社や、Amazonの本社で働くのは難しいです。しかし、彼らは、マクドナルドのアルバイトや、Amazonの倉庫で働きたくないです。当たり前といえば当たり前なのですが、これが人手不足の原因ではないかと思います。

ますます、「頭が悪くてワガママで我慢できなくてノースキルな若者」が「自分らしさ」「高収入」「やりがい」「時間的ゆとり」を感じる環境が少なくなってきたと思います。

一方で、「頭が良くて理解力があって我慢強くてスキルがある若者」は、明らかに自分が若いときよりも、256倍以上優秀です。彼らが、仕事に困ることはないでしょう。

もう日本人は全員、勤勉で真面目だというのは過去の話だと思います。

コンビニやすき屋などで人手不足だという話をよく聞きます。応募がこなかったり応募に来ても我慢できなさそうな人が多いという話をお聞きします。外国人留学生のほうがはるかに真面目で仕事を覚えるのが早かったりすることも多いです。そもそも、コンビニの面接ができる程度の日本語が出来る時点で、2ヶ国語が使えるほどの地頭があるので、そのへんの日本人より基礎能力が高いことも多いです。

たとえば、プログラミングを覚えるのは、最初は意外と我慢の連続です。だれでもパチパチとコーディングできるわけでもありません。最初は設定や環境構築や基本操作やプログラミング言語の文法を覚えたり、フレームワークやAPIの使い方を覚えたり、エラーとバグに悩まされることばかりです。我慢できなくて、途中ですぐやめてしまう人がものすごく多かったりします。

たとえば、聞いた話なんですけど、Webメディアの編集で人を募集しても、そもそも日本語がまともに使えない方がたくさん応募してきたりするわけです。それをゆっくり育てていくのがいいのか、彼を見切って自分でやってしまうのかはバクチです。Webメディアの世界ですから、彼らがいつやめるかもわかりませんし、育てている自分もいつやめるかわかりません。

どこのIT企業でもエンジニアが足りない足りないといいますが、世のエンジニアはぼくのようなヘッポコばっかりで、使える人がいないわけです。残念ながら。昨今はフルスタックナントカで、さらに高度な人材を求められています。

そんなわけで、人手不足を解消する方法や人を教育する手段がないのかなーと思っています。

(追記)単に、昔と違って、企業研修をきっちりやる会社が比較的へってきたからなのかもしれないからかも。

頭が悪くてワガママで我慢できなくてノースキルなオッサンはそう思います。

 

Comment(12)

コメント

山家祥文

>彼らの望む「自分らしさ」「高収入」「やりがい」「将来性」「時間的ゆとり」をすべて満たせて、彼らの能力で遂行できる業務が地球上に存在するのかと思います。

そもそも、そういった性向の若者達は自身や周囲の環境について、言語で説明する能力に欠けると思われる。よって「我慢」をこの場に持ってくるのはいかがなものか、とも思う。

一方、雇用側も自分達が必要とする能力なりパーソナリティーを言語で説明して伝える能力に欠けている事も事実だろう。真面目に訊いても「自給500円の救世主」を延々と語ってくれるだけであろう。

Kikuchi

>>(追記)単に、昔と違って、企業研修をきっちりやる会社が比較的へってきたからなのかもしれないからかも。
それが答えだと思います。企業だけではなく、国・家庭の範囲内でも起こっているかもしれませんね。

日本は、自分たちが考えている以上に疲弊しているかもしれませんね。
若者よ、本を読め。

職業に貴賎なし

記事「思います。」8個。ソースもないし小学校の読書感想文かこれ?記事の根拠はなに。マクドナルドがすごい頭のいい人とか原田やカサノバの業績把握することぐらいしろよ。先月連結最終損益が170億円の赤字出してどこが頭のいい人なんだ?加盟店から本部バッシングされてる理由分かります?というかバッシングされてること知ってすらいないでしょ。いったい普段どんな本読んでいるんだか。

あと一番記事で違和感受けたのが、

「マクドナルドのアルバイトや、Amazonの倉庫で働きたくないです。当たり前といえば当たり前なのですが」

明らかに職業差別発言ですよねこれ。

名無し

引きこもりが、社会が悪いと寝言を言っているのと、変わらないな。w

マチェケ

アホ丸出しだな。資本主義の本質からいけば一部の経営者と大多数の労働者。
さらに労働者側の報酬を下げていこうとするのは当然のこと。経営者が賢いとか労働者が賢くないってのは関係ない。マクドナルドの経営が頭が良い?
別にその辺のアルバイトがやったほうがマシかもよ。

誰も底辺では働きたくないのは当たり前。だからといって全員が全員 働かせる側にたてるわけがない。働かせる立場の人間はたとえコネでも世襲でも能力の違いって言っていないと成り立たないってだけそうしないとその立場やその高収入を維持できないから。

みずき

ゆとり教育って実はそういうことを目的としてるんですよ。
頭の良いエリート層とそれ以外の層と明確に差を作るためにやったんです。
国の誤算はこれだけ情報が氾濫する社会になったことでしょうね。
悪い仕事の情報はたくさん手に入りますから、リテラシー能力がない人がそういう情報に踊らされて身の丈が分からなくなる事もあるんでしょうね。
大体筆者さんに同意ですが、外国人「留学生」なんて日本に来る時点で相当の高等教育受けて財力を持ってます。その辺の日本人より頭が良いのは当たり前ですよ。でも筆者さんがいうマクドナルドのバイトとか販売にいる外国人「労働者」って日本語は覚えるけど、接客マナーと算数覚えないんですよ。なんかその辺勘違いしてません?

通りすがり

ほんと読書感想文みたいで人罵倒する事しか覚えてないように記事から感じました。結局何が伝えたいのかさっぱりなんだけど。問題を上げるからには改善法や提案ぐらいあるのが普通じゃないの?

ひいらぎ

>コンビニの面接ができる程度の日本語が出来る時点で、2ヶ国語が使えるほどの地頭があるので、そのへんの日本人より基礎能力が高いことも多いです。

答えはこれですかね。そもそも2か国語操れる日本の社会人なんてあまり見かけない。要は外国人留学生より地頭が悪いわけだ。そんな地頭が悪い人が頭のいい人に負けて転落していくのは当たり前だろ。

無し

わざわざ追記で予防線貼るような自覚があるなら
こんないい加減な主張するのやめよっ

うーん

言い換えればその95%の金鉱脈に文句を言うだけで、上手に奮い立たせて利用できない無能経営者だらけってことでいいですか?

名無しさん

>外国人留学生のほうがはるかに真面目で仕事を覚えるのが早かったりすることも多いです。そもそも、コンビニの面接ができる程度の日本語が出来る時点で、2ヶ国語が使えるほどの地頭があるので、そのへんの日本人より基礎能力が高いことも多いです。

自分も留学して多言語話せるけどその辺の日本人となんら変わらない。
何か人より優れている物を持っていると言う話であれば、普通の日本人だって例えばピアノ弾けたり、算盤が出来たり色んな優れている人だっている。

コメントを投稿する