ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

ソフトバンク流「超」速断の仕事術

»

金曜日に大木さんとお会いする機会があり、「ソフトバンク流「超」速断の仕事術」を献本いただき、サインをいただきました。速断ということですので、早速帰りの新幹線で半分を読み、次の日の午前中に読了しました。

雲の上の存在だったソフトバンクの「孫正義」氏から、Yahoo BB!のADSL事業の立ち上げプロジェクトを任命された大木さん。「孫正義」氏の驚くこと短い期限を指示されながらも、目標を達成させるため、プロジェクトの手法、人とのコミュニケーション、仕事への判断力、業務効率化等様々なことを試みながら、目標を達成してきた凄みは、読者をひきつけるような説得力がありました。

私も情報通信の業界に勤めていることから、モデムを無料で配布してユーザを獲得する等、当時のYahoo BB!のスピード感のあるビジネスの展開には本当に強烈なインパクトとして記憶に残っています。その背景には「孫正義」氏だけでなく、大木さんはじめ、多くの人のソフトバンク流の速断の仕事術に支えられていたのだといまさらながら実感しています。

「孫正義」氏の圧倒的な速断力と非常に要求の高い指示の中にも、家族への気遣い等時折見せる気配りに、大木さんは感動して涙を流したというところは私も少々ポロリときました。

大木さんが本の中で書かれている仕事を楽しむこと。そして家族を大切にする等のワークライフバランスを大切にすること。この辺は私もさらに意識して実践していきたいと考えています。

最後に、ソフトバンクが大企業という段階まで見届けた時点で、次のステップとして後輩たちに様々なことを伝えていくという道を選んだ大木さん。まだまだ私自身は勉強しなければいけない段階ですので、後ろ姿を見ながら多くのことを学んでいくことができたらと考えてます。

 

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する