IT技術についてのトレンドや、ベンダーの戦略についての考察などを書いていきます。

EMC買収時のマイケル・デルのコメントに思う

»

最近のIT業界でのビッグな話題と言えば、こちらでしょうか。

DellのEMC買収は成功するのか? 世界最大の非公開エンタープライズ向けベンダーの誕生

まあ、ビッグと言っても、買収金額が過去最大ということで、買収が意味するものがビッグかどうかはまた別ですが。。

というのも、私の回りの人たちと話していても、いろいろな記事を読んでも、どうもDellの狙いというか、勝算というか、が見えないのです。実際、上の記事のように、疑問符が付く記事が目に付くように思います。

もちろん、Dellなりの説明はあって、上記記事でも「エンタープライズベンダーになるべく計画を進めてきたDellは、EMC買収によってストレージや大規模顧客にアクセスできることになる。」と書いています。でも、問題はその記事の後ろにあるように、「何よりクラウドという業界の流れにどう対応するのだろう」ということでは無いでしょうか。私もこの意見には賛成です。

私はこの記事の以下の部分を見て、「ほお」と思ってしまいました。

Dellの創業者でCEOのMichael Dell氏は「エンタープライズソリューションのパワーハウス(発電所)を作ることができる。あらゆる技術環境で業界をリードするイノベーションを両社の顧客に提供できる」とコメントしている。

パブリック・クラウドはよく電気や水道などの公共サービスに例えられます。ネットコマースさんと開催しているITソリューション塾でもクラウドの解説をしますが、「従来企業が個々に持っていた発電機を、発電所にまとめて無駄を無くし、管理コストを下げる」といったような解説をします。

マイケル・デルともあろう人が、そのことを知らないはずはありません。とすると、わかった上でパブリッククラウドをあえて否定した、ということなのかも知れません。世の中がパブリッククラウドへ移行する中で、Dellだけはオンプレミス(あるいはプライベートクラウド)に注力して生き残る、ということであれば、EMC買収の狙いはわかります。

しかし、勝算はあるのか?パブリッククラウドへの移行が加速する中、時代の流れに逆行していると思えますが、それをわかったうえでの「逆張り」なのだとしたら、何かものすごい「秘策」があるのかも知れません。

--------------------------------------

新刊「【図解】コレ一枚でわかる最新 IT トレンド」

150119book.pngネットコマースさんと共同開催している「IT ソリューション塾」でお話ししている内容を再構成し、IT の最新のトレンドをわかりやすく解説した本を出版しました。是非、お手にとって内容をご確認下さい。

ネッ トや雑誌には、最新の IT キーワードが溢れています。しかし、多くの場合、これらのキーワードは単独で解説されており、他のキーワードとの関連や、そのキーワードの持つ歴史までは 解説されていません。しかし、新しい技術やサービスには、必ずそれが出現するに至った歴史、必要とされた背景、他の技術との関連があります。それらを理解 せずに、単にネットの説明を丸暗記しても、他の分野への応用や他の技術と組み合わせた際の可能性について考えを広げることはできないのではないでしょう か。

本書は、約100枚のわかりやすい図表と平易な解説で、最新 IT の歴史・トレンドをわかりやすく解説します。さらに、本書に掲載されている全ての図表は、ロイヤリティ・フリーのパワーポイントでダウンロードできます。 ご自身の勉強のため、提案書や勉強会の素材として、ご活用下さい。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する