IT技術についてのトレンドや、ベンダーの戦略についての考察などを書いていきます。

大越 章司

大越 章司

外資系ソフトウェア/ハードウェアベンダーでマーケティングを経験。現在はIT企業向けのマーケティングコンサルタント。

プロフィール

科学技術計算用ミニコンピュータの輸入代理店を皮切りに、外資系ソフトウェアベンダー、国内ソフトウェアベンダー、ハードウェアベンダーなどのマーケティング/ビジネスプランニングを数多く経験。現在では独立し、外資系ベンダーの国内ビジネスの立ち上げ支援や国内SIerのマーケティングに関するコンサルティングを手掛けています。

略 歴

1984年 中央大学商学部卒業
1984-87年 株式会社理経でDEC製ミニコンピュータ(VAX-11/PDP-11)の販売に従事。
1987-94年 株式会社クボタコンピュータでグラフィックススーパーコンピュータ「TITAN」の計算化学分野向けの販売に従事。後にマーケティング部に異動、製品企画・広報・広告・展示会運営など、マーケティングアクティビティ全般を担当。
1994-99年 株式会社クボタでWindows用ソフトウェアの輸入販売事業に従事。
1999-2002年 株式会社シマンテックでビジネス企画・OEM・法務窓口を担当。
2003-06年 株式会社ACCESSで携帯電話用ブラウザ「NetFront」のプロダクトマーケティング及びアライアンスを担当。
2006-07年 レッドハット株式会社でマーケティング部長。
2007年 株式会社アプライド・マーケティングを設立。代表取締役に就任。