IT技術についてのトレンドや、ベンダーの戦略についての考察などを書いていきます。

Apple Watchのベルトについて

»

Apple Watshの予約を入れたときのブログでも書きましたが、今回購入したのは「ステンレススチールケース+ブラックスポーツバンド」の組み合わせです。

ケースはやはり高級感を重視してステンレススチールにしたのですが、バンドは悩みました。リンクブレスレットが非常に出来が良いという話だったので興味はあった(ケース、ベルトともブラックがよさげ)のですが、えらい高い。次候補がブログにも書いたようにミラネーゼループ。しかし、結局スポーツバンドにしたのは、価格が安いのもありますが、Watchを着けたままMacBookProを使うときに、ベルトがパームレストと干渉してアルミに傷が付くのでは無いかと思ったからです。実際、林さんのレビューにもそんなことが書いてあります。他のベルトも金属部分があり、そこが干渉しそうです。唯一金属部分の無いレザーループは、何故か38mmケースには設定がありません。結局、金属部分の露出が最も小さそうなスポーツバンドに落ち着いたというわけです。これなら手首の角度を工夫すれば当たらないかな、と思ったからです。

さて、実際に実物が来てみると、なかなか出来が良いです。出来が良いので、直径数mmの金属部分が、ほぼ手首の裏側、真ん中に来ます ^^;(私の手首のサイズがちょうど良かったのでしょうが)うーん。これだと、キーボード打つときにパームレストに当たるかも。手首がもう少し細ければ、金属部分はもっとずれて、干渉しない位置に来そうですが。(スポーツバンドには長短2つのベルトが付いてきますが、金属部分の位置については変わりません)

150428watch.pngところが実際に打ってみると、ぎりぎりで当たりません。キーボードを打つときは肘が開くので、微妙に手首が内側に傾き、金属部分が当たらないのです。ただ、ぎりぎりなので、何かの拍子に手首が返ると当たったりします。これは難しい。。けど、まあ、当たらないから良いか。やはり、他のバンドだと絶対アルミに傷を付けそうですね。この先、サードパーティからいろいろなベルトが出てくるかも知れませんから、それを待ちましょう。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する