IT×教育のイノベーションをメインテーマに情報をお送りします!時おりWebマーケティングネタもUP!

成功者の共通点を探る

»

勝ち組・負け組みという言葉がありますが、成功したというのは人によって定義が異なります。

例えば、起業をして新しい価値を生み出すことが成功と捕らえる方、安定した生活が何よりの成功なので、知名度は世間的になくても絶対に消滅しない業界でスペシャリストになること、など様々です。

「社長」という肩書きだけであれば、お金を数十万用意すれば誰でもなれるので、これは今回の成功という定義から外れています。

一概にこれと言えない「成功」ということですが、「自分の中での成功」ということを実現できた時点で成功者と言えるかもしれません。私の方では仕事柄、いわゆる「成功者」という方にお会いする機会もありますが、共通していることは下記です。

・自分独自の考えを持っている
→過去の偉人の書籍を読んだり、先輩に話を聞いたことを鵜呑みにせず、自分なりに揉みこんで考えを確立している。

・未来図が描かれている
→「何年後にこうする」ということが描かれているケースが多いです。正直、市場はすぐに変わるので「何を」というよりも、「価値感」として、未来図があったります。

・他人のためにという視点を持っている
→経済の法則として、企業は利潤を出すために存在しています。利潤を出すことで、株主の満足・社員への分配・世の中への貢献ができます。これは会社でも個人でも同じです。家族や周りのためになるかということを追求することで、逆算でいくら儲けなければいけないのか、ということを理解されています。

・勉強熱心
→これは学歴云々ではなく、その道に対する飽くなき興味が凄まじいです。その道の勉強はもちろん、特にベストセラーから古典まで書籍は大半を読まれています。書籍を読むことで気付きは多いですし、「歴史は繰り返す」という言葉通り、古典を読めば解決できることもあります。

・謙虚である
→成功している人というのは、かなり謙虚です。人に怒鳴りちらしたり、感情によって行動が左右されたりせず、心のコントロールができます。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する