IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

RPA市場データ解説 ~伸び率が年々の増える状況に~

»

私のコラム「ERP千里眼」第14回が日商エレクトロニクスで公開されました。

「RPA市場データ解説」

ある一定以上の規模の企業の多くはERPないし業務システムを導入しています。

例えば、従業員100名以上の企業で業務系のシステムを導入していない企業はおそらくないでしょう。

しかし、100%自動化ができている企業もありません。RPAに処理を任せられる領域はまだまだ広いです。先日、ゴールドマンサックスで数年前まで600人いたトレーダーがロボットにより自動化され、今は2人しかいないというレベルまで自動化が進んでいます。世ほぼ複雑な判断をすること以外は全てロボットで実現できるという印象です。

あえて説明するまでもないですが、ロボットは退職することもなければ、有休もとらず、自ら招くミスもないという新しい業務の仕組みなので、投資対効果が高い分野なのです。

ゴールドマンサックスではトレーダーを解雇しソフトウェアエンジニアを大量に雇用したようです。市場規模の拡大はまだまだ続きそうです。

ここで、市場データを見てみましょう。以下は全世界のRPA市場規模の推移です。

年を追うごとに伸び率が増加しているのがわかると思います。

(この続きは以下をご覧ください)
https://erp-jirei.jp/archives/1523

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する