IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

商社ERP事例「株式会社エヌジーシー」~全社的な生産性の向上を目指し基幹システム「GRANDIT」をパブリッククラウドに移行。将来のワークスタイル変革の可能性を切り開く~

»

私が編集支援している双日システムズSojitzSys商社ERP事例「株式会社エヌジーシー」が公開されています。

この事例の見どころは「全社的な生産性の向上を目指し基幹システム「GRANDIT」をパブリッククラウドに移行。将来のワークスタイル変革の可能性を切り開く」というところです。興味がある方は以下をご覧の上、事例集をダウンロードください。

<株式会社エヌジーシー>
1985 年7 月に日商エレクトロニクス中核グループ会社として設立された株式会社エヌジーシー様は、映像編集機器の販売や構築に加え、デジタルコンテンツ制作、放送・通信市場等、長年の経験と最先端技術を積極的に導入し、ソリューションの開発、販売、運用サービスの提供に携わっています。

<事例概要>
◆統合効果を最大化するためにERPで業務システムを再構築

JSRトレーディング株式会社様は、GRANDIT Ver1.3.2を2005年12月に導入して頂いていましたが、海外販売部門は別システムによって管理されていたため、基幹システムとの連携にタイムラグが発生していました。
また、JSRグループ様全体がSAPによる会計システムを採用することとなり、その会計システムとの連携も必要となりました。

この課題解決に向けて、JSRトレーディング様は7社の製品を比較検討のうえ、総合的なご判断で「GRANDIT Ver2.1」をご採用。

課題を解決するとともに将来的な海外展開への対応、さらなるGRANDITのバージョンアップにもご期待頂いています。

課題や導入効果などが記載された、事例詳細資料はこちらからダウンロードしていただけます。

■資料名:JSRトレーディング株式会社 ERP構築事例
■ページ数:A4 全5ページ
■公開日:2017年2月13日
https://www.sojitz-sys.com/casestudy/grandit/id_000521.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する