身の周りのおもしろおかしい事を探す日々。ITを中心に。

それでもAmazonのダンボールを大きいと言えるか?

»

昨日のエントリには多くの反響をいただきましてありがとうございました。

Amazon のダンボールはなぜ大きいのか?

Amazon のダンボールを小さくできるか 

あのエントリはAmazonの内情を知って書いたわけではなく、物流の観点からするとこういう事情なのかな?という切り口で考えてみたものです。他の方のブログを拝見したところ、「ピッキング」という倉庫から荷物を取り出す作業上の工夫からそうなっているのでは?というご意見もあり、大変参考になりました。

『[NS] amazonの嫌がらせ的な分割発送に関する考察』
http://n-styles.com/main/archives/2010/04/06-053000.php

上のブログで紹介されたような梱包・発想の仕方はとても非効率に見えます。Amazonにとって実際に非効率なのか、それとも何らかの理由が隠れていて実はこのやり方がすごく効率的なのか。それはAmazonに聞いてみないとわからないことですが、聞いてもきっと教えてもらえないでしょう。

今日は昨日のエントリを引き継ぎ、Amazonの段ボールが大きいのが非効率に見えるのと同じように、一見非効率に見えることが効率的であるという物流の形を考えてみたいと思います。

国土交通大臣が前原氏になり、横浜港をハブ港湾へすることが検討されているようです。検討?横浜は既にハブ港湾ではないのか。そう思った方もおられるのではないでしょうか。横浜港といえば日本を代表する港であり、国土交通省の港湾取扱貨物量ランキング(PDF)によれば国内3位の取扱量となっています。1位は”世界の首都”名古屋、2位が千葉となっています。

これをコンテナの数で見てみると順位が変わります。世界の港湾別コンテナ取扱個数ランキング(PDF)によれば日本の1位は東京、僅差の2位が横浜、3位が名古屋となります。(以下、神戸、大阪、博多、北九州。)それでいて海外に目を向けますとこのように上位にアジア勢がひしめいています。

100415container3

コンテナの取扱個数を比較してみると、東京、横浜、名古屋を足しても釜山に及びません。これはなぜなのでしょうか。まず、釜山には韓国の海外向けコンテナ貨物が集中(約8割)し、日本はいくつかの主要港に分散していると考えられます。しかしそれは当初はその通りでしたが、その後事情は変わりました。コンテナ輸送は集中すればするほど効率化が進んでコストが安くなるという性質があります。そのためコンテナを集中させた釜山のコンテナ取り扱いコストは比較的規模の小さい日本の港よりも低く抑えられています。平成16年と若干古い資料なのですが、東京港第7次改訂港湾計画の基本方針データブックによると「東京港の港湾諸料金は40フィートコンテナ1個あたり、釜山港の約1.6倍」と報告されています。

コンテナ輸送はなぜ集中すると安くなるのでしょうか。巨大なコンテナ船は一度に多量のコンテナを運びます。そのため加速も悪いですし、巨大なコンテナ船の停泊は操船も陸側スタッフの確保も埠頭のスケジュール調整も大変な作業です。ですので泊まって進む、泊まって進む、泊まって進む、泊まって進む、と繰り返すよりも、目的地で1回びたっと止まったら一気に荷物を下ろし、積み、最終目的に直行し、またすべてを下ろすのが効率的です。

そのような巨大なコンテナ船が集まるには巨大な港湾施設が必要ですし、1回の航行で1万個以上のコンテナを運ぶ船が来航するということは1万個のコンテナの置き場所を確保しなくてはなりません。必然的に土地も大量に必要になります。高速に、かつ自動で荷揚げを行うクレーンも必要ですし、コンテナの中身をタグなどで識別しながらどのあたりに下ろしてトラックに運び出させるかというソフトウェア面も必要です。こういった条件を備えた港がハブ港と呼ばれます。

では日本のハブ港はどこでしょうか。東京、横浜、名古屋を押さえて「釜山」がハブ港であるという意見があります。これは上で述べたようなコンテナ船の特性から、積替輸送が主流になっているからです。

 

100415container2

大きなコンテナ船が日本中の港を回ってコンテナを集めることは現実的ではありません。そのため、日本の各港はそれぞれに取り回しのしやすい小規模なコンテナ船で釜山に向かいます。それぞれの港から送り出すコンテナは少なくても、釜山に集まったときには大量になっています。また韓国だけでなくアジアの各地から同様にコンテナが集まりますので、大きなコンテナ船は1回釜山を訪れるだけでたくさんのコンテナを積むことができ、上の図でいう最終船卸港に直行することができます。これは非常に効率的です。我々が自転車やバスで最寄り駅に行き、最寄り駅から鉄道で目的地に向かっているのと同じことです。(電車を各家庭に引き回すことの非効率をご想像ください。)ですので日本を発着するコンテナ貨物のうち、アジアで積替輸送される比率は高まっています。

 

100415container

上に貼り付けた資料3点は国土交通省の平成20年全国輸出入コンテナ貨物流動調査結果より引用。

日本の港の設備はとても良いらしいのですが、設備が良くても「停泊する時間がもったいない」という事情から一極集中が生じやすいのです。これにより、日本で作ったものをわざわざ釜山まで持っていって、そこからアメリカに送るという非直送の物流が行われています。何百キロも損をしているように思いますが、価格では安くなります。

では各地から日本の横浜までトラックで運ぶというのはどうでしょうか。残念ながら日本の高速道路は高いですし、ドライバーの賃金も高いですのでコスト高になってしまいます。では各地から日本の横浜まで船で運ぶというのはどうでしょうか。どうやら船の世界では横浜まで運ぶのも釜山まで運ぶのもさほど大きな違いにはならず、釜山の価格優位を埋めるほどではないようです。(香港やシンガポールくらい遠くなるとあまり積替に使われないようです。)

コンテナはその堅牢性から積替の破損を防ぎます。また規格化により自動化を助けます。それにより大型コンテナ船は非常に安いコストで長距離にわたり荷物を運ぶことができますし、自動化された機械で安価かつ高速に積替を行い、近隣のまでフィーダー輸送を行うことができます。

おそらくAmazonの荷物も、すべてが配送センターから家庭まで直送されるということはないでしょう。配送センターから地方の物流拠点までを大型トラックで運び、そこからライトバンや小型トラックなどに積み替えられていくものと思います。その過程の取り回しなどを考えると大きさが何種類かに限定されているほうが積みやすさや運びやすさが高まりますし、小さすぎる荷物は破損や紛失のリスクが高まるでしょう。何種類かの規格化されたダンボールを用いることで、大きなトラックから小さな車両に小分けする際にもそれぞれの車両でどれほどの容積になるかということをシステムで正確に見積もることができると思われます。

反対に考えれば、縦・横・高さの合計値から「60サイズ」や「80サイズ」という識別が行われるだけの一般向けの宅配便業では、実際の箱の形は把握されていないものと思われます。ゴルフクラブのように長いものからダンボールのように直方体に近いものまである中で、体積から計算する理論上のフル積載状態からどれほど安全のためのマージンをとっておけば効率的な運用ができるのか、まったく想像がつきません。あらかじめ自分たちで大きさと形を決めた何種類かのダンボールを使うのであれば、ソフトウェアでギリギリまでの積載効率を追求することも難しくないでしょう。しかしそれもダンボールの種類を増やしてしまえば計算も複雑になりますし、指示通りに運転手が詰め込んだり取り出したりすることが困難になると思われます。

Wikipediaの「兵站」の項目にはこのような記載があります。湾岸戦争の物流を取り仕切ったW・G・パゴニス米陸軍中将は回顧録の中で「混乱を収集するため、たとえコンテナがガラガラになったとしても、1つのコンテナに2種類以上の物品を入れることを禁止した」と書いていたような気がします。Amazonのダンボールは湾岸戦争のコンテナと違って中に何が入っているかラベルで明確に識別できることと思いますが、物流の効率化にかける情熱が時代を巡って同じような現象を引き起こしたという点で非常におもしろいと思います。

1991年からの湾岸戦争では米軍は総計40,000個のコンテナを湾岸地域へ送り、港では中身の判らない半数ほどのコンテナを開封して中身を確認してから陸上の補給線へと送り出していた。このため終戦時に約8,000個のコンテナが中身の判らない未開封の状態で港に留め置かれていた。前線部隊は求めた兵器等がいつ届くのか判らなかったために2度、3度と同じ注文を出して補給能力を圧迫し続け、結局12億ドルの余分な経費と100日分の余分な日数、100万トン分の余分な物資輸送が発生した。12年後のイラク戦争ではコンテナごとにRFタグが付けられていたため、求めた装備等の位置が前線部隊からも明らかとなって重複注文は無くなり、また、輸送部隊が攻撃を受けてもその位置が電子的に追跡されていたので援軍が容易に送られ、失われた荷物はまだ保有分に余裕のある他部隊向けのものが振り向けられるなどの処理が行なわれた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/兵站

過去、物流というのは非線形に複雑になる性質を持っていました。我々もお祭りなど混雑したところへいくと迷子になったり喧嘩になったりと混乱してしまいますが、荷物も集まれば集まるほど混乱をきたします。そこにコンテナという要素が持ち込まれることで、物流の複雑さは線形なものになったと言うことができます。Amazonのダンボールは確かにスカスカかもしれませんが、荷物をぎっしりと詰め込むとそこに「混沌」を一緒に梱包してしまうかもしれません。昨日も書きましたが、多少ダンボールがスカスカだとしても混乱の中で何度もトラックが往復することと比較すればエコなやり方であるように思います。

『Amazon.co.jp: 山・動く―湾岸戦争に学ぶ経営戦略: W.G. パゴニス, William G. Pagonis: 本』
http://www.amazon.co.jp/dp/4810380033

『Amazon.co.jp: コンテナ物語―世界を変えたのは「箱」の発明だった: マルク・レビンソン, 村井 章子: 本』
http://www.amazon.co.jp/dp/4822245640/

Comment(9)

コメント

山口陽平さん

常々、Amazonなどのネット購買品の梱包が気になる方波見です。

昨年7月にも、ちらっとブログ(http://blogs.itmedia.co.jp/katabami/2009/07/kbc-7dda.html)に書いたのですが、ほんとに梱包が、いつも気になります。

連日のブログを拝見して、輸送効率などの理由から、梱包ダンボールサイズを絞っておくことは必要なのだろうと思います。


ただ、ちょっと気になる事例なのですが、先日にXperiaの保護シートをAmazonで購入しました。

届いたのは、書籍などが送られてくるときと同じサイズの梱包です。(A4ぐらい?厚さ5cmぐらい?)

勿論、送られてきた保護シートは、ケータイのサイズ+αです。
http://www.elecom.co.jp/news/201003/mps-x10sc/

折れなどに弱い商品なので、しっかりとガードする必要があるかと思うので、エアキャップ付きの封筒タイプは避けたいかもしれません。(Amazonでは封筒は使わないですかね?)

それでも、面積は1/2以下、ダンボールの箱の厚さは1/4でも十分でしょう。

ピッキングのライン効率とか、ロボットの性能とか、制限とかあるかもしれませんが、ダンボール容積が減り、より多くのトラック積載もできるかと思います。
(満載しているトラックばかりではないと思いますが。)

狭い部屋・ゴミ出し制限により、空間をダンボールが占領なんて事になるほどのことではありませんが、あまり嬉しくないことで。。。


勝手に最適な資材を考えると

 ・ダンボールの封筒
 ・内側にエアキャップが付いている
 ・それらを積載する仕切り付きBOXのような運送設備(?)

というもので、薄物梱包資材として、曲げ・折れに強くとても良い気がします。
ロボットでピッキングして、梱包まで自動化しているとなると、難しいかもしれませんが、天下のAmazonが実現すると、かなりの資源抑制になるかなぁと。

現状を『是』とせず、あるいは、『仕方ない』とせず、『改善』を継続して欲しいですね。

n-yoshi

Amazon のピッキングは手動がメインですね。
品物が置かれた巨大な倉庫内を、あたかもスーパーでお買い物する時のようにスタッフのヒトが巡りながらピックアップし、梱包できるサイズのハコなら大きさ不問でドンドン発送準備に回し、その時々の最安な輸送業者を使う、と。

但し、「お急ぎ便」とか「即日発送」オプションを利用している場合、より高度で柔軟で、但し利用料金が高くなるクロネコを利用して、ハンドリングし辛く詰め込み効率も悪い、メール便を利用することになる、と。

また、本やCDなど、薄型で発売日が事前に決まっていて予約購入されることが多いモノについては、今度は逆に倉庫に収められる前に入荷したモノをそのまま右から左でメール便に入れて宛名を貼ってすぐ送り出す、と思われます。

ちなみに、「資源抑制」という面からすると、リサイクルに回して(資源として回収して)もらい易い段ボール箱と、基本そのまま燃えるゴミとして出されることになるメール便とでは、前者の方が優秀という見方も出来ますよ。
>方波見サン

段ボールのリサイクル性については、今さら問うつもりもなく、歴史的に優秀な素材だと思います。

内側に余計なモノを張り付けると分別の手間とコストも掛るかもしれません。

トラック配送の輸送コストにのみ着目するならば、満載前提だと、少しでも小さな定型梱包で数量を増やすことができ、便数を減らす効果があるかもしれません。

Xperiaの保護シートは、発売前から予約を受け付けて、発売前に入荷未定になるほど、人気のあった商品なので、恐らく、売り切れた商品などは、右から左のメール便だったかもしれません。(当方が購入したものは、まだ残っていたものということで、段ボールだったのかもしれません。)

Amazon関連に限らずですが、正直なところ、何が本当に環境に優しく、どうすれば企業(特に厳しいとされる運送業界各社)の収益と永続性を保持できるのかわかりません。

更に、配送を受ける側が納得・関心するような伝え方を企業側がしているのか、していないかも分かりません。(知っている限り、あまり、梱包・輸送などについては聞いたり見た事がなく。)

私も含め、企業側の努力を正しく認識できておらず、勝手に「もったいない」とか思う人も多いのではと思います。


そういったところが伝わると、良いなぁと思いました。

例として、妥当では無いかもしれませんが、Googleの1検索あたり電力消費量的な突っ込まれどころと、エコ発電に努力をしてきた側面みたいなものとか。

n-yoshiさん、方波見さん、コメントありがとうございます。
このように前向きな議論をしていただくところを見ることができて、本エントリを書いて本当に良かったと思いました。方波見さんの仰るとおり、何が環境に優しく、かつ収益と永続性を保持するためにどうすればいいのか、という点は非常に難しい問題であると思います。
ただ、Amazonが書籍から家電やおもちゃなどを扱うようになり、取扱商品はますます複雑化しています。今後さらに取扱商品を増やしていく場合、それと並行してダンボールの容積の効率を向上させるというのは非常に難しいことになると思います。多少はムダがあったとしても、需要が変動した際にどれほど設備面でインパクトが発生するかという点を予測しやすいビジネスモデルであるということも重要ではないかと思いました。

yoheiさん

他人のブログで議論になってしまい、すみません。

と言いつつ、継続しますと。

「多少のムダ」の多少がどの程度なのか、各社異なるところかと思いますが、例えば空間率90%以上の梱包が多いなら60%まで下げようというような取り組みがなされれば。。。想像だけでは良くないですね。

Amazonの梱包についてのページ
http://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=642968

を見るとメール便につての規定があり、

『メール便:厚さが2cm以内で、3辺(縦、横、高さ)の合計が70cm以内の商品は、通常、メール便用のパッケージに梱包してお届けします。メール便は配達時に受領印を必要としない配送方法のため、お客様の署名または捺印をいただかず、ポスト等に投函されます。 』

ということで、液晶保護フィルムは、メール便サイズながら、ダンボールで届けられたということになります。

想像ですが、ヒトの判断なので、傷つかないようにという配慮が含まれていたのかもしれませんし、送料無料キャンペーンで、小口の出荷量が大量になり、一律的な措置がされていたのかもしれません。

何れにしても、

「需要が変動した際にどれほど設備面でインパクトが発生するか」

に各社さんが苦労されるのだろうと思いました。

H2

3つのエントリー読ませていただきました。
自分も疑問に思っていたので、なるほどなー、とは思ったのですが、リサイクルの前にまずリユース(再利用)に配慮があるべきかと思っています。

自分は箱もメール便の段ボール封筒(内側が粘着性でないやつ)もほとんどをとっておいて、オークションやマーケットプレイスなどで発送する際に使っています。ネット書店bk1が主にメール便で用いる黄色い厚紙封筒なんかも重宝しています。

自分が把握している現行の一番小さいAmazonの箱はJA5ですが(以前はそれより少し深いJA1が最小?)、3辺合計が60cmを超えるので(65cm)、使い勝手が悪いんですよね。60cm以内に収まる、もう一回り小さい箱があるといいなと以前から思ってるのですが。

H2さん、コメントありがとうございます。
自分はコンビニでバイト経験があるためヤマトの60cm認定の厳しさを身をもって覚えました。私の知っている回収の人は本当に1センチくらい大きいだけで「次回からは気をつけてください」と言っていかれました。65cmにされるとヤマト等で最小サイズにならないんですよね。
とはいえかなり多くの荷物を効率的に運ぶために65というサイズができたとするならば、実は日常生活で使いやすいのは65で、宅配便業者のセッティングのほうが使いづらいということもありえなくはありません。いや、ひょっとするとちょっと料金を多くとるためにそういう価格体系にしているのでしょうか(笑)

H2

>yoheiさん
コンビニだと厳しいんですよね。店員さんも。自宅集荷(の大きなもの)の場合はザックリなことも結構ありますけど。ただ、大口の契約に関しては、料金はもちろんですがサイズに関しても、一般向けとは違うように思います。

さて、JA5やJA1などの底面サイズは同一で、A4判サイズの書籍や雑誌をパッキングして入れられるかたちになっていますから、ごく一部の大型本を除くほとんどの本や小物に対応できるのだろうと思います。この底面サイズのまま60cmサイズにしようとすると厚さがほぼなくなって融通の利かない箱になるので、別途底面サイズの小さい箱を用意しない限りは無理なんですよね。

ただ、最近サービスが開始された「はこBOON」という宅配サービス(コンビニに出して、配達はクロネコヤマトが行なう/以前あったYahoo!ゆうパックの後継サービス)では重量クラス分けなので、やっとamazonの箱が少し消化しやすくなるかなというところです。

H2さん、コメントありがとうございます。
WikipediaによるとA4のサイズは210×297mm、これは
『A列の縦横の比を1:√2、面積が1m2になる用紙を「A0」とした。』
に由来するようです。一方60cmサイズというのは何に由来するかわかりませんが、A4判をすんなりと収められるサイズを底にしつつダンボールの厚みを考慮した場合、箱の厚さは10センチを下回りそうですね。それぞれに経緯を持つこれらの規格に関して双方の融通はほとんど考えられていないような気がします。
「はこBOON」は運送業界とは異なる流通の雄、総合商社とコンビニのタッグですのでAmazonとも宅配便ともまた異なる論理で展開されるのではないかと思います。
ゆうパックという言葉でふと思いついたのですが、郵便局の官製はがきサイズを「少ない」とか「多い」とか言う人はあまりいませんね。60サイズや80サイズというのも「あと少し大きければ」という声のあがらないまま今に至り、皆が慣れているというだけでAmazonサイズのほうが日常生活になじむサイズであるという可能性もあるかもしれません。

コメントを投稿する