ニッポンの景気対策の本命、『日本企業のアジア進出・アジア資本化』を支援しています

エンジェル投資家としてのインタビューをうけました。その所感など。

»



インタビューにお答えしても、だいたい同じ話しになってしまう(笑) ので、最近は控えていたのですが、

エンジェル投資にフォーカスした内容になりそうだったのと、僕の大学生の頃からのつきあいの、最近はスタートアップ投資している仲間たち(杉山全功さん、川田尚吾さん、松本浩介さん)が相次いで、けっこう中味のあることを長尺で言っていたので、さーすが長南さん、と感心していたところのお声がけだったので、二つ返事で応じたインタビューが公開されました。


中味としては

・ 家業を継ぐか否か、を一年かけて懊悩したこと。

・ ワクワクするほうを選び、その結果を後悔していないが、人生最大の選択だったと考えていること。

・ リスク管理が経営者の最大・最重要の仕事だと考えていること。

・ 経営者と正面から向き合い、生き死にを決めるようなやり取りをすることが、己の甲斐になっていること。

・ 雇用あるいは仕事の創造は、経営者にしかできない、価値と徳が最も高い作業と考えていること。

をお話ししたつもりです。



僕の社会人生活は、大学生の時分に、烈しい刺激と出逢ったことによって、自分の運命に従うべきか否かめっちゃ懊悩し、結果として、ワクワクするほうを選ぶ人生を選んで、そして、全てを失ったところから始まっています。

その体験が、いまの自分そのものの根底にあるなぁと、再確認できたインタビューでした。

長いんですけど、ごらんいただければ幸いです。


■ 投資家インタビュー Vol.10 加藤順彦氏 株式会社長越
http://nagakoshi.co.jp/contents/reports/interview010_1.html

ちなみに、僕の現在の参画状況をCREWWさんのプロフィールページにも公開しました。こちらもあわせてどうぞ。 https://creww.me/ja/account/yorihiko-katou

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する