クライアントの言葉に傷つくことのあるSIの方や、SIの言葉に何か騙されているような気がしているクライアントの方へ

みんな簡単に自動車製造に参入できるように言ってくれるが、それは、自作でPCが組み立てられたらサーバーメーカーになれる、っていうのと同じでは?

»

本当は、こんなのこそ、twitterで書くべきなのかもしれないけど。

※山口さん、あのアカウントは自分じゃありません(笑)

一部のオルタナブロガーに噛みつくように見えてしまうかもしれないけど。

自分が中の人だから自分のところの業界を擁護しているように見えてしまうかもしれないけど。

だんだん、「イラっ」と来てしまったので書いてみることにします。

以前に大木さんも紹介されていた、日経ビジネスオンラインに連載中の経済小説「熱血!会計物語 ~社長、団達也が行く」での記述。

きちんと文章で引用しておきましょう。

電気自動車を作るのに必要な部品は、ガソリンエンジンの1割で済むんです。しかも構造は簡単ですから、新規参入が比較的簡単です。だから世界中で開発が多発的に進んでいる。特に脅威なのは、中国とインドです。何十社、何百社という電気自動車会社が立ち上がっているんです。

この小説に限らず、様々なメディア等で「電気自動車」に色んな企業が参入してくるぞ、今までのレガシーな自動車会社はもうダメになるぞ、的な記事を多々目にすることが増えてきました。事実、中国の電池メーカーだった、BYDが自動車業界には参入してきた例は知っています。

確かにエンジンの構造に比べて、モーターになれば部品点数は少なくなるので「動力」に関しては参入が容易になるかもしれません。

でも、自動車製造って、動力部分だけが勝負なんですかね?

・衝突安全基準を満たすボディーは?

・地面との接地面から含め、運転者がきちんと操舵できる機能は?

・ボディーのプレスや動力部分以外の組み付け、塗装等を行う生産設備に対する投資やそれを効率に行うための生産技術は?

・モーターも内製するの?生産効率は?

・(日本だけかもしれませんが)型式認定・指定類別番号を取るための認証は?

・アフターサービスは?

・・・。

こういったことを無視すれば、参入どころか、誰だって車なんて作れます。だって、パーツなどは種々様々販売されている訳だし、その気になれば、部品だって中古であれば一山いくら、で販売されている所に行けばもの凄く安価に手配できます。

手配さえできればいいもんなんですかね?それは、自作でPCが組み立てられたらサーバーメーカーになれる、っていうのと同じでは?と思ってしまうのです。

※業務用で販売されているサーバーよりも高性能かつ安定し、保守もし易いものを自分達で開発しちゃう人がいらっしゃったりするのは存知上げてますが。販売量を確保して、安定的に供給して、事業として成り立たせる、というものとは違う、と思うのです。

自動車製造に参入を行う、というのは、何に比べてなのかわかりませんが、簡単と言い切れるものでは無い、と思うのです。何より、内燃機関の開発=自動車製造の肝、だと言い切ってしまわれているようで、ともすれば、それは、エンジン開発以外に従事している他の自動車技術者達に非常に失礼に思えたりするのです。自分は技術者ではありませんが。

そういった類の記事をいっぱい目にしていると、なんだか、刺激的なキーワードさえ書いていればみんなをその気にさせてしまう、流行りのゴシップ記事と何も変わらないような気がしてくるのです。

もちろん、化石燃料に頼る内燃機関からのシフト、販売台数の変化に伴う、業界自身のパラダイムシフトはあるでしょう。

自動車メーカー自身、比較的、他の業界に比べて、圧倒的に合従連衡が緩やかだったことも事実でしょう。

その理由として、特に日本の自動車業界は国からの許認可事業、という御旗があったがために、他の業界に比べて甘えられる環境があったのでは?と言われたら、自動車業界自身、自分達に危機感が薄いのでは無いか?と指摘されたとしたら、個人的にもそう感じる部分は多々ありますが。

そういう意味では、今泉さんが書いてらっしゃった

クリステンセンの言った下位市場から上がってくる破壊的なイノベーションにも目を向け、場合によってはシスコのようにMerger & Developmentを行うなどして、自らの領域を侵食されないように注意することが必要だと思います。

が私達としては一番的を得ているように思います。

さぁ、勝負です!

※当たり前だけど、本エントリーは自分の属する業界および自社を代表する意見でも全くなく、あくまで、妹尾一個人の意見です。

Comment(24)

コメント

BH

比較的参入しやすくなった事により競争がより激しくなることは予想されますが、新規参入者が成功するかどうかは分かりませんよね。
イノベーターが成功するんじゃなくて、イノベーションにも目を配りながら事業を組み立てていった企業が成功するんでしょうし。

phantom

イギリスには、キットカーという文化があり、ユーザーが組み立て、走行させる事が可能と聞いています。
そう言った事を考えると、可能か不可能かだけの話であれば、自動車業界への新規参入はより可能になっている事は間違いありません。

しかし、販売現場に携わる人間として言わせて頂くと、何故クルマが売れるかと言えば、営業スタッフが売っているからです。
営業スタッフや販売員がいなければモノは売れない訳です。
そして、点検整備が出来るスタッフも必要です。
トヨタが何故シェアを取っているかって、もちろん素晴らしい製品を造っているからなんでしょうが、販売網が充実している事も大きな要因だと考えます。

例えば、ロータスやアストンマーティンが欲しいと思った時、東京にいれば、ショールームはあそこにあるな、と思いつく訳ですが(思いつくだけで足を踏み入れたことは無いですが(笑))、地方の方はまず、ディーラー探しからスタートしなければならないでしょう。そして、購入後も、トラブルの度に足を運ぶ、または取りに来てもらう、という行為が必要になります。
まぁ、そういうクルマを所有できる方は、複数台持ってらっしゃるでしょうから、足には困らないかもしれませんが、よっぽどの情熱が無い限り、維持し続けるのは、国産より困難でしょう。

つまり、メーカーを立ち上げる事は可能でしょうが、販売網を作る事を考えることを見落としているのではないかと思う訳です。

ディーラーなんか儲かる仕事じゃありませんので(笑)、今から新規参入するようなお人好しがいると思えませんが(苦笑)

引用いただき恐縮です(^^;
日本企業一般に自前主義がありますが、その発想を転換して、適材適所でマーケットに臨むとき、日本の自動車メーカーはまた違った強さを持つようになるのでしょうね。small one hundredを自らのエコシステムに取り込んでいく戦略は悪くないと思います。また、彼らにとってもよいエグジットとなります。

妹尾さん、みなさん、こんにちは。
コメントが長くなりそうだったので、トラックバックした記事で書かせていただきました。

電気自動車への変化でパラダイムが変わり、自動車のあり方や売り方、買い方、使い方など変わる面があるのじゃないかと思った次第です。

ご無沙汰しております。森崎です。

たいへん興味深く拝読しました。

仕事柄か「そんな簡単に考えられては困るなぁ。」と思うことが多いので、共感する部分が多いです。

Mizu

非常に同意。私も大量の参入が云々の記事を見る度に「いやいや、そんな簡単ではないだろう」と思っています。
確かにエンジン開発は大変ですが、メーカーは他にもエンジンを除いた車台、空力シミュレーション、安全設計などにも莫大なコストをかけて作っていると聞きます。
現状、衝突実験の映像などで中国メーカーの車が見事にぺしゃんこになる様子などを見ると、仮に安くてもなかなか買う気にはなれませんねぇ。
最近台頭してきた韓国の自動車メーカーにしても、日本の自動車メーカーの技術指導受けて成長してきたわけですから、そう言った物も無く、簡単に参入して安全な車を作れるとは到底思えません。

静かに同意。
ただし以下のような事柄も考えられると思います。

・サスペンション/ドアパネル/内装などは、大きな単位のモジュールで開発・供給する部品メーカーが多数存在するので、
 経験の無い電気自動車メーカーが新規参入しても、部品メーカーからノウハウごと調達することはできる。
・そもそも現存する自動車メーカーを買収してしまうという手段に出ることができる。
 今やソニーが一眼レフカメラメーカーとしてニコンやキャノンとしのぎを削っているように。

今のコンピュータのメーカーを見れば、DELLにしてもHPにしても、
ガレージのような場所から始めたベンチャーが短期間に成長を遂げ現在の姿になっています。
電機自動車もパソコンと同じように、最初は贅沢品、その後は急速にコモディティ化の道を歩むのではないでしょうか。
今のガソリン自動車にしたところで、ほとんど白物家電に近い存在ですし...

(たとえばパッソぷちぷちぷちトヨタ~♪という広告がありましたが。僕は妙に好印象を抱いていたりします。)

こんにちは。
僕もこの小説の「このフレーズ」は気になっていました。
PanasonicやSonyが、カメラに進出したケースとは様々な点が違うと思うからです。
昨日、僕の車をメンテナンスしていただいているお店の方と話していたのですが、車というものは「動けば良い」「目的地まで行ければ良い」だったら、そもそも購入する必要さえないかも知れないわけで。(事実、タイムシェアも出てきていますし)
ではなくて、安全性、空間維持(静か、会話しやすいレイアウトとか)、満足感(けっこう大事)、デザイン、その次に燃費などというものが登場してくるんじゃないかな、と。
もちろんOEMといった方法もあるのでしょうが、10万円程度で購入できるカメラとは、購買上のインパクトが違いますよね。
そういう意味では、佐藤可士和さんが制作された「家族と一緒にどこ行こう?」というCMがあったように、その車の使い方が重要になってくるように感じます。使い方ということの背景は、先に書いたような安全性以下のお話、ですね。

また定例などでお話ししたいですね!

>BHさま
コメントありがとうございました。
おっしゃるとおり、参入できる・できないは技術的裏付けだけでは無い、と思います。
参入できるけど、事業として見込めるかどうかを検討の上で、参入しない、というのももちろんあるでしょうし。

>phantomさま
コメントありがとうございました。
あまりに流行り記事として、電気自動車で色んな他企業が参入してくるぞー的なものが多いので逆張りで書かせて頂きましたが・・・。
ただ、私達はお互いに型式認定制度や登録制度、車検制度等、国が決めたルールに沿った上での事業の組み立てとなっている中、最悪のシナリオとして、ご破算にされた場合、どうするか?というのも想定していかなくてはいけない、と思っています。

>今泉さま
コメントありがとうございました。
よくご存知のように、今でも自動車メーカーは多くのサプライヤーさんの協力を仰ぎながら自動車を製造している訳ですが、それと同時に品質の基準がありますよね?
こういった所と組む、といった時に、その品質基準を満たしてなお、コスト競争力の持てる商品が作り上げられるのか、それとも自らの基準の旗を降ろしたり変えたりしても許される、と判断せざるを得なくなるのか、というところにあるか、と思っています。

>坂本英樹さま
コメントありがとうございました。
他の方へのコメント返しでも書きましたが、あまりに流行り記事として、電気自動車で色んな他企業が参入してくるぞー的なものが多いので逆張りで書かせて頂いたので、相当偏ったエントリーだと自分で思っています。
坂本さんのエントリーはちゃんとニュートラルな視点で書かれてらっしゃると思います。自分もまたコメントが長くなりそうなので、またエントリーしたい、と思っています。

>森崎さま
コメントありがとうございました。
こちらこそご無沙汰しております。
そうなんです、「そんな簡単に考えられては困るなぁ。」と思っているんです。
作れると事業としてやる、というのは違うと思っているんです。

>Mizuさま
コメントありがとうございました。
既存の枠組み無くしてものを考えた方がしがらみも無ければ自由な発想でものづくりができる、という考え方もあるか、とは思っているのですが、なんだかノウハウ、経験値等のことが語られないまま風潮が先行することに個人的な違和感を感じています。

>JRXさま
コメントありがとうございました。
>そもそも現存する自動車メーカーを買収してしまうという手段
それはそのとおり、で、それができる所=ある程度の体力がある所となり、新規参入がどんどん進む、という程あるのか?という疑問を持っています。

>ookiさま
コメントありがとうございました。
すみません、勝手に名前を登場させまして。
昨今の超安値ジーンズの登場、のように、固定概念をぶっ壊すようなものが出てくる可能性は否定するつもりは無いのですが、自分達の事業の前提条件が数々ある中で、今の姿になっているのはその前提条件を満たさざるを得ないから、という所もあり、その枠組みが全く語られないままキーワード先行で風潮されるのはどうも納得いかないなぁ、とちょっと偏ったエントリーをしてしまいました。
是非、色々お話しさせて下さい。

tamopi

こんにちは。
私は基本的には妹尾さんのご意見と同じです。
ただ妹尾さんの書かれた新興EVメーカーへの懸念は、近距離移動(いわゆる街乗りレベル)の場合はあてはまらないかもしれないと思います。たとえば一度に移動する距離がせいぜい40km、最高時速も60kmも出れば十分というのであれば、「自作PC」レベルの自動車でもOKなのかなと。
これが、高速道路を数時間連続とか、一日に500km移動とかだと途中で空中分解することもありそうですが。
これについては、EVの場合、充電をどうするかという大きな課題もありますね。

>tamopiさま
コメントありがとうございました。
JRXさんのブログにも書いたのですが、日本の市場で考えるか世界の市場で考えるか、というところがあって、日本の市場だけで捉えると、現状の道交法上で言えば、たとえ目的が近距離移動であろうと、通常の自動車と同様の扱いを強制される、というところがあるんですよね。この点を、例えば、特区とかを設けて、そこ以外の地域に出られないような某かの規制をするとしたらこの限りではありませんが。どのみち日本の市場で言えば、国次第、という所があるよなぁ、というのが個人的な考えの基本にあります。
そういう意味で、既存の自動車メーカーとしては、そうやって「ルールが変更されること」を前提とした備えは必要だと思っています。

たろう

こんにちは。

この記事を見た後で、NHKの自動車革命という番組を見ましたが、やっぱり中国メーカーの車がいきなり日本市場に入ってくるってことはなさそうですね。製品のレベルが全然違うと感じます。車がほとんど車の走っていないような農村部だから、ああいう車でもOKなのでしょう。

逆に考えると、日本のトヨタや日産が中国の農村部向けに低価格の車を作ることもないでしょうから、うまく市場を住み分けることにもなっていくのかもしれません。中国のメーカーにとってみれば、そうした規制のゆるい市場がゆりかごのような役目を果たしていて、よりベンチャーが育ちやすい環境を生み出しているのでしょう。

>たろうさま
コメントありがとうございました。
現時点で言えば人件費の差等によりそれなりの手間が掛かる工業製品であっても、中国の方が安く作れる、ということは疑い無いのですが、自動車のサイズぐらいになると、なかなか物流費も掛かりますからね、それだけ利益を圧縮してしまう、と思っています。それで無くても自国で巨大な市場があるのに、わざわざこんな島国に持ち込まなくても・・・というか。
>中国のメーカーにとってみれば、そうした規制のゆるい市場がゆりかごのような役目を果たしていて、よりベンチャーが育ちやすい環境を生み出しているのでしょう。
なるほど、と思いました。それ相応の時が経てば、世界を席巻しているかもしれません。その時は電気だけではなく、ガソリン車でもそうかもしれません。

たろう

きっと電気自動車だから何かが起こった、というよりは、もともと自動車をつくってみたい人たちがたくさんいて、その人たちがたまたまガソリン車よりは電気自動車を選んだ、ということなのかもしれません。

やはり、自動車をゼロからつくるとなれば、ガソリン車よりは電気自動車の方が簡単ですし、部品点数も少ないので、作り易いのでしょう。

それに、一番難しいエンジンの部分で既に経験値をたくさん積んでいる大手メーカーに後発で挑戦するよりは、大手メーカーもあまり経験値を積んでいない電気自動車で挑戦した方が勝ち目が多いと考えたのかもしれません。

結果から見ると、「電気自動車が出てきたから何かが起こった」という風にに見えてしまうのですが、実はそういうことではないのかもしれませんね。

>たろうさま
再度コメントありがとうございました。
例えば、自分が一番最初に作った、と言える車は、やっぱりマブチモーター装備の田宮のプラモデルだったりする訳で、そういう意味で、いきなりガソリンやLPガスのエンジンを組める、という人は居ないですよね?
モーターって結構身近な存在であったりします。それこそ扇風機もそうだろうし。そういった意味で、たろうさんが言われるように、経験値が浅くても手を出し易い所ではあります。
あとは、それが自動車として成り立つための、ボディと操安性なのでしょうね。

たろう

> あとは、それが自動車として成り立つための、ボディと操安性なのでしょうね。

確かに、ボディとかステアリングみたいな部分は車にとっては一番難しい部分なのかもしれませんね。

いまでも、日本車よりヨーロッパ車の方がハンドリングは優れていると感じるドライバーはいるようですし、ロータス・エリーゼなんかはボディはロータス製でエンジンはトヨタ製ですから…。

トヨタ車を買えば、全ての車にトヨタのエンジンが載っているはずなのに、それでもあんなに高い車を買う人がいるということは、車にとってのステアリングはそれくらい大切なものなのでしょうね。

EV関連の話では、日本でもGirasoleという車を売っている会社がありますが、そこの社長さんの話によれば、やはり日本の安全基準を満たすのには大変なお金がかかるようです(3:30のあたり)。

http://www.youtube.com/watch?v=D3FZeIN3GYQ

いずれにしても、動力がエンジンからモーターに変わっただけで、そんな大騒ぎする必要があるのかな?という気は確かにしますね。むしろ、車にとっては動力以外の部分の方がはるかに重要だと感じます。

ついつい調子のっていろいろコメントしてしまいましたが、丁寧にレスをつけて頂き、ありがとうございました。

>たろうさま
こちらこそ、お付き合いいただきまして誠にありがとうございました。

良い動画のご紹介ありがとうございました。ジラソーレは、以前、高城剛さん(最近は別の方で有名になってしまいましたが)が絶賛していたのを見たことがあります。動画中にもあるように、衝突安全性の確保はどんどん要求水準が高まっていますからね。販売店にタカラ(現タカラトミー)の50cc扱い電気自動車の「Q CAR」(確か中のユニットは旧アラコ(現トヨタ車体)の「コムス」だったはず)が置いてあるのにも懐かしく感じました。

ただ動画中、日本最初の電気自動車を市場に送り出したってのは・・・。ダイハツも、
(これは1999年のリリースですが、1970年から販売してます(http://www.daihatsu.co.jp/wn/990423-1f.htm)、スバルも、そして、ゼロスポーツ(http://www.zero-ev.com/rs/index.html)も、あるのだから・・・と思いましたが。

こういった先駆者達が、この「電気自動車」参入云々の記事を、どう見ているのか、という所を取り上げていることになかなか出会えない(自分の探し方が悪いのかもしれませんが)が非常に残念に思っています。そんなに簡単じゃ無いよ!と思ってるんじゃないかな?と。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

コメントを投稿する