やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

サイバーセキュリティは触ってみないと分からない

»

齋藤先輩も話題にしておられますが、サイバーセキュリティ担当大臣が、PCすら触っていないという話が、米国の新聞、英字新聞にまで取り上げられています。

なぜ、我が国のご年配の指導者層はかくもIT音痴なのか(ITソリューション塾)

Minister in Charge of Japan's Cybersecurity Says He Has Never Used a Computer(New York Times)

'I don't use computers,' Japan's minister in charge of cybersecurity tells Diet(The Japan Times)

こういう話を書くと、「総務大臣が携帯網に詳しいわけじゃない」とか「防衛大臣が武器に詳しいわけじゃない」という議論を混ぜてくる人がいますが、僕はそれとこれとは全く別のお話だと思っています。少なくとも、USBメモリーも分からないで、サイバーセキュリティの議論の場に臨んでも、皆が何を話しているのか分からない。すなわち、判断できない。「よきにはからえ」では困ってしまいます。

この大臣はさておき、民間企業でも年配の経営者が「ITは分からん」と言い張って、PCはおろか、スマートフォンさえ使わない人がいますが、僕は現代の企業人としていかがなものかと思っています。一方で、弊社の取引先でも、70代後半でバリバリPCを使いこなし、またスマートフォンを使いこなしている方もいらっしゃる。

総務大臣の携帯網や防衛大臣の武器とは違い、一般的なものなのですから、自分で触ってみて、そのためにどの程度のセキュリティが必要なのか。部下の言いなりではなく、自分で判断できる経営者でなければいけないと思う今日この頃です。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する