オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

いま一度、自転車のマナーを見直したい

»

 松尾さんの「ぼくが自転車通勤で気をつけていること」が気になっていたところ、前村さんも「松尾公也さんの自転車通勤ネタに刺激され」というブログを書かれていたので、僕も便乗で。

 
 前職の頃からときどき自転車通勤していたのですが、これはオフィシャルにはNG。通勤経路は提出したものでないと労災がおりませんし、さらに自転車、バイク、自動車通勤は禁じられていたので。
 で、現在はとても近くて、墨田区から人形町ですから6km程度。歩いても1時間くらいなのですが、週に1回くらい、まっすぐ帰る日は自転車で通勤したりします。どんな自転車を買おうかと悩んでいるうちに時間が過ぎてしまい、結局自宅にあるママチャリ通勤。前のカゴが大きくて便利なんですね。
 
 週一とはいえ、もともと自転車通勤していたので、最近の自転車の多さにはびっくりします。松尾さんも前村さんも書かれているように、乗り慣れない人が多い。
 まず感じるのが、歩道を自転車優先だと勘違いしている人。

・やむなく歩道を走るときは、車道に近いほうを走る

・前に歩行者がいた場合に絶対にベルを鳴らして避けさせてはならない

・その場合には自分がゆっくり走るか、邪魔にならないようにすれちがえる場所になるまで待つ

 歩道をガンガン走っている人で、これらを守っている人はほとんどいませんね。歩いて通勤するときも、後ろからチンチン鳴らされることしばしば。自分も気を付けたいものです。

・バス、大型トラックは幅寄せに注意

・セルシオ、ベンツ、BMWといった幅をとる高級自動車も幅寄せしてくるので注意

 なんだか大きな車、いい車に乗っている人なのにせせこましいなあ、と思います。僕はいい車に幅寄せされた経験はないですが(ママチャリだから相手にもされないのかな)、ハンドルを持つと性格が変わる人なのかも知れませんね。

・もちろん帰宅難民にならずにすむ

 ですね。これが目的で始めた人も少なからずいらっしゃると思います。であれば、それなりにマナーもついて回るところ。喫煙自転車、携帯(操作中)自転車も多く見かけますが、気を付けたいものですね。まあ、通勤ばかりでなく、前後に子供を乗せて、タバコを吸いながら携帯を操作している勇ましいというか、何とも言い様のないお母さんもいますよね。

 僕も気を付けて、自転車通勤を楽しみたいと思います。あ、禁止されている会社は、確認してからにしてくださいね。労災に影響しますから。

Comment(6)

コメント

//

>・前に歩行者がいた場合に絶対にベルを鳴らして避けさせてはならない
自転車のベルは、自動車のクラクションと同様の扱いですよね。
危険回避以外の用途で使うことは、罰則にあたります。
マナー以前の問題ですね。
「無知」で済まされていることがありえないです。

外国人(特に欧米人っぽい人)はヘルメットを着用してますよね。
中学生の通学以外であまり見かけませんが、「自分(や家族)を守る」ためには必要なんじゃないかなと思います。

私は、癲癇で、自動車はもちろん、自転車も運転できません。

通り過ぎ

細かい部分への指摘で恐縮ですが、ちょっと書き込みさせていただきます。
私は、自転車ではなくスクーターで通勤していますが、その経験から少々。

>バス・トラック・高級車は幅寄せしてくる
というくだりについてです。
ほとんどの場合、「意識して」幅寄せしてくるおバカさんはそうはいないと思います。
(さすがに自転車やバイクが転倒すれば怪我することくらいはわかります)
左車線を走っている場合、クルマの運転者は「自分よりさらに左側に何かが走りこんでくる」ことについてとても意識が希薄です。
きっとご自身でも左車線を安定的に運転しているときに左のミラーをみる頻度は相当低いと思います。
「まったく気付かれていない危険性が高い」ということを前提に自分の身を守る運転をされる事をお勧めします。
ご指摘の通り、幅の広いクルマは時々左へ寄ってきます。
いろいろ原因は考えられますが、自分より右車線に、やはり車幅の広い車が併走したりすると、無意識に多少左に寄る事があるようです。
また、クルマって意外と真っ直ぐ走っていません。多少は蛇行します。
なので、幅寄せされたと考えるよりも、その隙間は本当に安全か?と考えながら行動する方がより安全です。
「この野郎幅寄せしやがった!」と怒るよりも、安全範囲を予測して回避した方が、精神衛生上も良好な気がします。

>//さん
コメントありがとうございます。
罰則なのですね。それは知らない人が多いでしょうね。
情報ありがとうございます。

>通り過ぎさん
コメントありがとうございます。

> ほとんどの場合、「意識して」幅寄せしてくるおバカさんはそうはいないと思います

そうであってほしいですね。
僕自身、自分の車の車幅は1,770mmですが、左をすり抜けるバイクが多い、と認識していますので、常に左右のミラーを見ています。バイクがどこから出てくるか分かりませんから。
よって、僕より速い自転車があれば気付きます。一般道では30km/h程度で走らざるを得ないこともありますし。

> 安全範囲を予測して回避した方が、精神衛生上も良好な気がします。

それはそれとして、ここに非常に同意です。気持ちよく走れることに集中すべきですね。
ありがとうございます。

cimantech

幅寄せのくだりについてですが、
自転車でも視線の方向へ無意識に進むように、車の運転でも同じことが起きているのではないでしょうか。

左から来る2輪をサイドミラー越しや目視で確認すると若干ですが左に進んでしまい、
それが幅寄せに感じられているのではないかと思います。

私は2輪も4輪も運転しますので、こんな結論にいたりました。

専門家では無いので断定は出来ませんが。。。

>cimantechさん
コメントありがとうございます。
なるほど、どうなんでしょうね。
自転車をふさぐほど移動するのは、偶然だとしても危ないですが、少しだけならあり得るのでしょうか。
僕も専門家ではないですが、30年間運転している感覚では、そう感じたことはないのですが。

コメントを投稿する